« 曲解説「PIG」 | トップページ | 女体盛りプロジェクト »

2001年8月31日 (金)

曲解説「PRESS」

file_mi-.jpgこれはghidちゃんこと浅谷氏の曲です。

最初聴いたヴァージョンは、確か女性ボーカルのヤツだったと思うが、その曲のタイトルは「東京ラストドライブ」じゃなかったっけかな?

で、イロんなヴァージョンがあるらしいんですが、その後聴いたのが原曲である「横幅たそがれ」だったと思います。

「Wake me Shake me」と歌詞に出てくることから、以後歌詞が決まるまでの間(正確には決まってからも暫くは)通称「Wake me Shake me」としてメンバー間においては親しまれていました。

ちなみに最初にスタジオ入ったとき、ボーカルのキー合わせをやるのに取り敢えず通しでこの曲やってます。そのときのボーカルヴァージョンがあまりにもバカバカしすぎ、かえってインパクトが強く、今でも「歌え」と命令されれば「いえっさー」と喜んでカンペなしで歌えるハズ。

それはさておき。

演奏はもしかしたらデモCDの中では一番こなれたモノになってるかもしれない(ハープ以外)。みなさん余裕かましながらプレイしてます(やっぱりハープ以外)。

歌詞は重大事故とか事件とかになってんのに、ミスったヤツラとか責任あるヤツラがごまかそうとか、取り繕うとかしよーとすることについて被害者や第三者的な立場からの視点で書いてます。

演奏も歌詞の内容を反映した形で重めに展開するよーになり、結果、最初はやや軽いバラードって感じだった曲がエライ思い曲に仕上がったような気がします。特にリズム隊はヘヴィーにウネっててヨイ。

当の作曲者はデモ録りする寸前くらいには「もうこれ飽きた」とか言ってました。しかし、ベースのおいちゃんが「素で出来るくらいやんなきゃダメダー」と彼特有の発音で間髪入れずにハッパかけたりしてて、ヒジョーに微笑ましい限りの光景でした。

« 曲解説「PIG」 | トップページ | 女体盛りプロジェクト »