« おたよりコーナー3 | トップページ | マンガ「BECK」 »

2001年10月25日 (木)

CD録音編つづき

ということでCDのオーバーダビング&ミックス編です。
実はドラムさえ録音できてしまえば、後は自宅録音と同じ要領なんで軽くネ。

スタジオで使ったトラックが5つ(1・2=ドラム、3=ベース、4=ギター、5=ボーカル)。ギターがセンターで鳴ってるのがうるさいんで左右に配置してさらに1トラック。で、残りは2トラックであります。
ここにギターソロとコーラスを入れます。これは自宅で2時間ぐらいで終わり。早いもんです。時間かけてもうまく弾けるわけじゃなし。

で仮ミックスを作ってMP3でメンバーに配信。便利な世の中じゃのう。
ここでバンマスから「ブルースハープを入れろ」との指示が。

トラックも残ってないし、ミー事務所まで録音しに行くのかぁと思いつつ、休日に機材を持って都内某所へ。これもちょいちょいと終わらせて時間が死ぬほど余ったんで、せっかくだから2人で1曲作りました。
何て前向きな。

さて素材が全部揃ったんでいよいよミックスです。
とは言っても仮ミックスでドラムやベースの音は決めてあったんで、それほど大変ではなかろう・・・と思い、あらためてじっくり聴いてみました。

・・・バスドラが完全に左に寄ってる。
ううむやはりマイク2本でドラムを録音したのは無謀だったのか?
やっぱりバスドラはセンターにないと気持ちが悪い。
気になりだすとどうしても許せません。
いろいろツマミを調整して、なんとか不自然じゃないようにしてみましたが、なんだかモノラルっぽくなっちゃたな、というのが今回の反省。
実はここが今までで一番時間がかかったという(泣)。

気を取り直してまとめ作業です。
VS880には100種類のエフェクトがあるんですが、ここで面白がって変なものを使うとダサダサになるんで、基本的にはコンプレッサーとリバーブしか使ってません。
ロックなんだし。

ただ全曲音の構成がほとんど同じなんで、通して聴くと「なんだかワンパターン?」って感じるヒトはいるかも知れません。
でもそれがバンドのカラーってことで。

・・・あれ?終わっちゃった。
では次回は「どうして市販のCDみたいにでっかい音にならないの?!」編です。
変わる予定アリ。

« おたよりコーナー3 | トップページ | マンガ「BECK」 »