« ギターの練習 | トップページ | 1209ライブ・セットリスト »

2001年12月 7日 (金)

ロイ渡辺のプレガスリハ観戦記

roy_title.gif

 毎度、ロイでございます。プレガスの記念すべき初ライブを明日に控え、緊急企画として「プレガス観戦記~練習編」をお届けします。「メンバーの人となりが分からない」「あのHPって内輪受けじゃん」「ギドさんって、辛口? 嫌味?」「モバガスって……」などなど、CDだけでは分からない、でも知ってればライブが3倍(当社比)楽しくなるという胡散臭いテキストとなっております。まずはしばしのお付き合いの程を……。

「えーと、申込者の名前は分からないんですけど、おっさんばっかりのバンドの部屋はどこですか?」

 ところは四谷の練習スタジオ。受付で尋ねると一発で判明したその部屋にいたのは、“今世紀最後のグレート・ロケンロール・バンド”であるプレジデント・ガスの面々。途中から参加したので、邪魔にならないよう軽~く挨拶をしてから、練習を見学することに。

 見学ポジションは、jojoこと“歩くリアル太鼓腹”のすぐ隣り、ドパシャン・ンドココとうるさいことこの上なし。あまり知られてはいませんが、この男、ドラムを叩いてるときは「笑ったような困ったような」顔をしております。ときおり浮かべる本物の苦笑いは、完璧に間違えたたときだけ。リズムが突っ込みすぎたり手数が足りなくなっちゃたりしたときは、何もなかったようにプレイを続けます。騙されちゃいけません。あのサングラスは細い目と失敗を隠すためのものなんですね。

 その向かい側、入り口に近いところに大きな体を丸めてベースを抱えてるのがおいちゃん。結成時からずーっとプレイしている曲すらも「まだ46%しか覚えてないんだよ」と言い切る、剛気なベース・マンだ。剛気なんだけど「そこ違うって言ったじゃん!」と叱られるとすぐに引っ込む、弱気な部分も兼ね備えております。でも爆音。「もうちょっと、音、歪ませてもいいよね」と問いかけて、メンバー全員から「ダメ!」って叫ばれてたシーンを目撃してしまいました。

 jojoと逆サイドにいたのは、我がソウル・メイト、ギドり。ギドさん、ギドら、ギドりと、無用かつ妙な活用型を持つ軍人ギタリスト。その立ち姿は優美さを湛え、シャープな横顔は「この声で蛙食うかやほととぎす」。曲の構成から入るタイミングまで、全てを把握している陰のバンマス。ただ、おいちゃんに伝法な物言いで指摘をした後、必ず「だよな、バンマス?」とjojoに振るという責任転嫁の悪い癖のため、バンマスを勤める日は永久に来ないでしょう。それと、コーラスを付けるため立ち上がるたびにストラップがヒップ・ポケットのでっぱりに引っかかって、いちいち直している姿が気になりました。ギドり、多分誰も盗まないから財布は出して練習しようね。

 そして、そんなおちゃめなギドりの左隣でマイクを握っていたのが、ボーカル担当の謎の男・ミー。仕事場から双眼鏡で防衛庁を覗いていたら、私服警官が「覗かないでください」とわざわざ言いに来た、というくらい謎。Uターン土田に本当にそっくりなこの男、無類の替え歌好きで、練習中にまともな歌詞で歌ったことがないという噂もあります。この日も歌詞の中にjojoの失敗やら、ここでは怖くて言えないような時事ネタを盛り込んだりして、数少ないオーディエンスの笑いを取っておりました。妙に内股で座る、一見かーいらしいその姿の内面には、辛辣マインドが隠されていたのです。この日は練習後にステージがあるとかで、控えめな発声だったのだそうだ。早くステージでその内股、じゃなくて歌声を聞きたいものだ。

 練習風景を描写したところで、なかなか伝わるものではないんだけれど、休憩時間に隣の部屋で練習をしていた「会社員が集まって忘年会の余興用に練習してます」なバンドをこき下ろしたり、なんとなーくものすごーく適当に曲の構成が決まっていったりするような、プレガスの底力が少しだけ分かっていただけたかと思います。日曜日は、そんなプレガスたちのライブに、さあjoinしよう!(←インチキDJ風)

渡辺“ロイ”真一

« ギターの練習 | トップページ | 1209ライブ・セットリスト »