« 恒例の林ライブレポート | トップページ | BECK19巻ダイブリTシャツつき »

2004年6月16日 (水)

びっくりノイズアーティスト

プレガスのサードCDをだらだらだらだら作ってるわけですが---と言ってもちゃんと取り組み出したのはまゆこはんが助っ人に来てくれてからだからごく最近ね(言いわけその1)---楽器や歌はとっくに録音しちゃったやつをああでもないこうでもない、と私がいじりまわしているわけです、ミーじおじおすまん。

言いわけは置いといて、最近は楽器屋に行ってもギターとかベースは全然さわらないで(元からだが)もっぱらサンプリング音源コーナーで試聴するような奴になってしまいました。
とはいえプレガスはゴリゴリの”ど”ロックバンドなわけですからブレイクビーツとかは入れません。さがすのはやはりノイズ系のCDが多い。
ノイズ系とは言っても、ミーが以前blogに書いてた吉野大作みたいな完全な前衛音楽ではなく、わたくしのオールドロックな頭で考えつくのはせいぜいクリムゾンとか中期ビートルズみたいな音。要はへヴィなロックに「ぎぎぎ~っ」とかってノイズが入ってくるようなやつです。

diary040616.jpg先日もお茶の水で「BlackBlue/NoiseVox」というCDを見つけました(写真)。古いラジオのチューニングをいじったようなノイズやチープなオモチャの音が満載で、オールドロックな私の耳になかなかフィットしたんで購入してみました。
で、家に帰ってこの音源のシリーズでも調べてみるかと思ってネットを検索してみると・・・

BLACKBLUE / NoiseVox
ノイズアーチスト白石ひとみの素材CD第2弾。今回は素材色豊かなCD。彼女の近辺にさまよう音を収集。ラジオノイズ、アメリカTOYS(SPEAK&SPELL)、オープンテープコラージュ、本人の声等、まさに秀逸な素材集。引用元

・・・ん?この白石ひとみってあの白石ひとみか?まさかね。
と思ってちょっと調べてみたら、やっぱりあの白石ひとみでした。
先日じおじおにこの話をしたらなかなかの興奮ぶりで、熱く熱く白石ひとみのことを語ってくれました。サードデモには「協力:白石ひとみ」と入れようかと思っている今日このごろ。

« 恒例の林ライブレポート | トップページ | BECK19巻ダイブリTシャツつき »