« 本当の名前 | トップページ | ナフしがたい »

2004年7月 5日 (月)

ライブ観戦「ピンチブロック」「トビウオジャック」

昨日は珍しく他人のライブなんて行ってしまいましたMANDALA2。
お目当ては先日共演してくれたピンチブロックとトビウオジャック、ってタイトル見りゃわかりますね。
日曜の夜だというのに店は満杯で、妙に年齢層の高いグループなんかもいてイベンターの力量を感じました。
などと心にもないことを言ってるうちにこの日4番手のピンチブロック登場。

フロントの2人がファーストCDとセカンドCDのTシャツを着てプロモーションに努めてるさまにまず感動、見習わなければ。
まずは最新CDから3曲、そしてすかさずCDの宣伝。ううむ素晴らしいタイミング見習わなければ。
G+B+Dというロックバンドの編成なのになぜかアコースティックを感じさせるサウンドはMANDALAに合っているのか、下北沢で見たときよりずっとバランス良く聴こえた気がしました。
残り新曲を含む3曲も集中して聴かせてもらってあっという間にステージは終了。
気づいたのはフロント2人がお客の顔をまっすぐ見てること。そういえばメンバー同士のアイコンタクトとかほとんどなかったような。オレたちなんかライブ中はアイコンタクトどころか構成確認ボディランゲージの嵐だもんな~見習わなければ。
あと6曲でギターソロがひとつもなかったことが前回から続いて印象的。楽曲の構成力に自信がなければこうは行きませんよ、というか今の若いバンドで8小節以上のギターソロなんかほとんどないもんな~。あってもリフだけとかね。なんとなく自分が化石になったような気がした瞬間でした。

diary040705.jpgで、いつものイベンターMCを挟んでトビウオジャックの登場(写真:カメラつき携帯では寄ってもこの程度しか撮れませんすみませんアラヤシキ君まっくろ。ついでにもっと遠景のピンチブロックは全然使えない写真でしたすみません)。
ピンチブロックと比べると経験の浅さゆえか微笑ましい場面も散見されたのですが、3曲目あたりから取り戻した感じ。
というか3曲目---タイトルわからんすみません---のリズムの変わり方がカッコよかった。下北沢で見たときもそう思ったけど。そのとき確か隣でjojoは「うむうむ、昔やってた『どんぐりファイターズ』を思い出すわい」と言ってたような。

teacup.jpgここでちょっとティーブレイク:
どんぐりファイターズとは昔jojoがやってた3ピースのバンドで、中央線沿線のライブハウスを荒らしまわってた爆音ロック野郎たちです。ドラマーがリーダーシップを取ってたこともあって、途中でリズムが変わりまくりやがる曲ばっかり演奏してました。
詳しくはこちら→どんぐりファイターズセカンドアルバムへの道(名著)

ステージの話に戻りますが、5曲目あたりもリズムでんぐり返しが見られて「おっ」と思いましたです。たまにはこういう曲も作ってみようかな~と思った瞬間。
ボーカルのマツバラさん、わたくしのダイブリTシャツに気づいてくれてサンキュー。下北沢のときから考えててどうしてもあの場では名前が思い出せなかったけど、作家の室井佑月に似てるって言われません?今さがしたら本人の《室井佑月blog》も発見。
でもってアラヤシキ君は楽しげに演奏するところがとてもヨイと思いました。ついでですがほんのちょっとだけ「さかなクン」に似てるって言われたことありません?雰囲気とか・・・ないですね、はいすみません。

ということでなかなか楽しいライブでござんした。
考えてみれば2バンドともまだCD未収録の曲がいいってのはとてもヨイことですね、でガス。

« 本当の名前 | トップページ | ナフしがたい »