« お~め~で~と~ | トップページ | 霊感ゼロ男のつぶやきトラバ返し »

2004年7月28日 (水)

ボーカロイド

1人で新曲のデモを作っているときに困るのは何といってもボーカルです。
家じゃなかなか歌えないし、歌ってもカッコよく録音できない。
バックの音がそれなりのサンプリング音源なんかだと、なおのこと歌の力不足が目につきます。
歌のサンプリング音源なんて超高価---ウン百万円とか---なんだろうな、と思ってたら・・・

miriam.jpgとっくに安いやつが出てました。
ボーカル音源名づけて「ボーカロイド」。
現時点では男の「レオン」、女の「ローラ」、そして新人の「ミリアム(写真)」がいるそうです。

製品紹介ページ↓
http://www.crypton.co.jp/jp/vocaloid/vocaloid_top.html

デモ音源を聴いて驚いた。

レオンのデモ

ローラのデモ

職場で見てる人に聴かせられないのが残念です。
そして新人のミリアムは発音能力が大幅にアップ。みんながよく知ってる曲を歌ってます。

ミリアムのデモ「有名な曲」

もっともここまで歌わせるには、歌詞を打ち込むのはもちろん、音節や強弱の指定、ビブラートやポルタメントの指定まで・・・気が遠くなるようなプログラミング作業が必要なんだろうけど。
つくづく思うのは、こうなると「上手さ」ってものに価値がなくなってきて、人間はただひたすら「味」とかいう不確かなものを追求していくしかなくなるのね。
その「味」もすぐに数値化されるんだろうけど・・・

いきなり飛躍した結論。
やっぱり音楽は下手くそなやつが「これしかできねえんだよ」って演奏するサウンドに限るよ!(負け犬)

« お~め~で~と~ | トップページ | 霊感ゼロ男のつぶやきトラバ返し »