« 山南さん切腹 | トップページ | 目黒ライブステーションセットリスト »

2004年8月31日 (火)

「プレジデントガス3」制作秘話その1

pg3_web.jpgまだ両手の指で数えられるほどの人しか聴いてないのに秘話ってのもどうよ?
とは思ったが新選組の話ばっかしでもしょうがないしネ。

やっとできましたサードデモ。
説明の前にじおじおblogから引用。

太鼓屋放言より
実は1年前にドラムパートの録音は終わってまして、俺としてはその後なにもすることがなかったのですが(笑)、その間メンバーチェンジが2回、そして4人目のメンバーはいまだ決まらないまま…でもアルバムはできました。

そう、スタートしたのは1年と少し前の5月だっけ?
制作日数15ヶ月か、自分でも驚きだ。
まるでボストンのようだ(←たとえが古い)。
しかしその間にメンバーチェンジが2回あったので足踏み期間が12ヶ月ってとこかな。
言い訳はいいか。

レコーディングの進行なんか書いても読んでる人はつまらないだろうから、軽く自分なりに曲解説---主にサウンドサイドから---やってみます、メンバーがトラックバックして引き継いでくれることを期待しつつ。
第1回は3曲目に入ってる「I.C.U.」。

I.C.U.
どうしても6曲そろわなかったので最後に音源をでっちあげた曲。
スタジオでMD1発録りした音源を1小節ずつサンプリングして並べて---耳のいい人はよく聴くと演奏がどこの場面でもまったく同じなのがわかるかも---変なシンセの音を追加してバッキングトラックを作成。歌はあとから入れました(この日)。
練習用にまゆこはんに聴かせたら「有頂天のケラみたい」って非常に懐かしい感想が聞けたよ。トシがばれるっての。
曲ができたときは私は病院のベッドの上にいたので詳しい過程を知りません。誰か引き継いでちょ。

« 山南さん切腹 | トップページ | 目黒ライブステーションセットリスト »