« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月

2004年9月14日 (火)

「プレジデントガス3」制作秘話その3「流離少年」

CDラストの「流離(さすらい)少年」。
オレが勝手に主人公だと思ってる人---歌詞の内容はメンバー間であんまり話さないんで、あくまで勝手に思いこんでる---のニュースも流れてきたのでこの曲の解説。

とはいえ書くのはサウンドのこと。
わたし的に「オルタナ」ってのはこういうイメージと思って作りました。
スタジオで漏れてくる他のバンドの音で「歌のところはベースの単調なフレーズ、サビでギターが爆音」ってオリジナル曲がよくあります。要はニルバーナの「スメルライク---」を下敷きにした曲なんだろうけど、アレをやってみたというワケです。

この曲は完全に競作です。
平歌(Aメロ)はデモテープのときは私のしょぼい歌だったが、ミーが完全に語りにしてしまいました。カッコいい。
Bメロ~サビはそのまま(わたし)。
途中の静かになるところとCODAのシンコペーション(変拍子っぽいところ)はじおじお作。まるでどんぐりファイターズのようです。

ちょっとだけ歌の内容について。
冒頭に書いた関連するであろうニュースってのはこのことです。

社会ニュース - 9月14日(火)12時2分
<付属池田小事件>宅間死刑囚の死刑執行 判決確定から1年

児童8人が犠牲になった大阪教育大付属池田小学校(大阪府池田市)の乱入殺傷事件(01年6月)で、1審・大阪地裁の死刑判決が確定した宅間守死刑囚(40)に対する死刑が14日、大阪拘置所で執行された。

曲の中盤からラストにかけてギターの上がっていく音が重なってて、上がっていく音の数を数えると、ちょうど13音になってる・・・かな?
時間があるときにでも階段を登っていくことを想像しながら数えてみてください。

2004年9月10日 (金)

「プレジデントガス3」制作秘話その2「ダディ&マミィ」

明日は9月11日だから「ダディ&マミィ」のことを書かないと。
といっても肝心の歌の内容はミーに預けて---書く時間があれば、だが---オレはサウンドのことを。
ズルい奴だなオレって。

ミッシェルガンエレファントの「GT400」を聴いて「こういう素朴な曲作りたいなぁ」と思ったらあっという間にできた曲。
記憶ではろけんろーカバー企画バンドをやったときに聴かせてもらったのがきっかけだと思ってたんだけど、よく考えると時期が違うので記憶違いらしい。
出だしのコードと歌いだしの音「♪晴れた昼下がり」と「♪I want モーターサイクル」とまったく同じです(汗)。
そのときの仮題が「サボテンブルース」。
原曲の歌詞に「♪サボテンの毒針でオレは死ぬのさ」って出てくるからね(更汗)。
ハッキリ言ってボツになっても仕方ないな~---ガスのメンバーオーディションはいかなるオーディションよりも厳しい(やや誇張)---って曲だったんだけど、樫野、じゃない歌詞のおかげで日の目を見た曲です。

演奏面はじおじおに預けたい気がするけど---書く時間があれば、だが---簡単な曲だからドラム入れの翌日に仮ギターと仮ベースを入れて翌週に歌を入れたらほとんど完成してしまっていたのでした(結局仮ギターも仮ベースもそのまんま)。
途中のソロが「ハワイアンっぽい」ということで1回ボツになったが(笑)。
2番から出てくる、よろめいているシェーカー(by jojo)の音がとても好き。

ライブ感想ひろい読み

書いてくれた人とblog技術に感謝しつつヒヤウイゴー。

roy.jpgご機嫌公論
常々「1時間はたっぷり見たいなぁ」と思っていたのだけど
ミーの不調と多忙、練習不足のせいでか、不完全燃焼気味。
ただ、新しい音源をリリースした直後ということで
「こんなこともやってみるか」的な面白さはあったかな。(全部読む)

思いっきり「不完全燃焼」とか書かれてやんの。
そろそろ「企画の教科書」の感想を思いっきり書くことをたった今決意しますた。
コメント欄に書いてある不穏な書き込みには目もくれず次行ってみよう。

ai.jpgオムライス
持ち時間が長いので、色々実験的なことをやった、ということらしいけど、私てき希望としては、持ち時間余りまくりでもいいから、普段の定番をノンストップでガーーーっとぶちかます方が萌えるんじゃないかな。と思ったです。(全部読む)

ノンストップでガーーーー」ね。・・・死ぬっつーの。
とはいえ以前ベースのトラをやってもらった愛様の言葉は重い。
重く受け止めていずれ「3ピースのガレージパンク系ギャルバン」の感想をノンストップでガーーーーっと書かせてもらうことをたった今決意しますた。
※この顔写真もどうかと思ったがネットで公開してるやつだし良いと判断。

ここで早くも外部blogのネタ切れにつき(すくねー)メンバーのblogから

jojo.jpg太鼓屋放言
今回のプレガスはピンチヒッターで、急遽1週間前に出演が決まってから、1度も全員そろったリハができないまま(当日のサウンドチェックもなし!)1時間のステージをこなしたわけですが、ヴォーカルの体調が悪かったりするなか、まあまあ…のステージだったのではないでしょうか。(全部読む)

むーいきなり言いわけから始まってる。しかもメンバー自ら「まあまあ・・・」か。
まあ確かにリハでミーがいないときに(言いわけ)オレが歌ったときからまあまあだったかな。
まあまあのラストはサポートのまゆこはん。

mayuko.jpgまゆこの日々是好日
そんな合間に突然のライブでした。
ご来場くださったみなさん、ありがとう
ございました。数々の厳しいお言葉もあった
ようでございますが、今後ともどうぞ
よろしくお願いします。(全部読む)

一瞬「数々の厳しいお言葉」を「散々の厳しいお言葉」って読んじゃったよ。
まぁ似たようなもんか(笑)。

しょうがない、今回は地味だったことをしぶしぶ認めよう。
しかしこの次は見てろよ・・・あ、見てください(やや弱気)。

2004年9月 5日 (日)

目黒ライブステーションセットリスト

1時間の長丁場、10日前に決まったライブ、以下の選曲でのぞみました。
雷雨の中ご来場感謝。CDを買ってくれたみなさまも感謝感謝。


  1. Nobody:なんとなく曲目未定だが勢いのあるやつでスタート
  2. ゴーゴービリー:やるたびにイントロが違うのはどういうわけか
  3. ダディ&マミィ:もうすぐ9月11日
  4. 流離少年:この曲の主人公はたぶんアノ人のことだと思ってるんだがねオレは
  5. ハナゲマン:ジャズ風。一部に好評一部に大不評
  6. 毛のない猿(アコースティック):まだバンドでサウンドにしてない曲をアコースティックでやってみました
  7. 星の夢(アコースティック):イントロを弾いたときに客席の一部がピクッとなったのが気持ちよかった
  8. I.C.U.:うってかわって爆音、というか支離滅裂
  9. 時雨忌:ちょうど雨も降ってましたネ
  10. 母乳:もはやバンドのテーマソングかも知れない

会場:目黒ライブステーション
日時:2004年9月4日(土)
共演:B969S 魔理乃

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »