« モテモテおやじバンド文化祭(笑)予選通過 | トップページ | 説教コークスクリュー »

2005年2月26日 (土)

PLUTO-鉄腕アトム「史上最大のロボット」より

pluto職場の同僚スマイリー君(仮名)が「すっげー面白いです、お願いだから読んで!」と泣いて(いや、泣いてないけど)頼むので買ってみました。
「BECK」以外のマンガを買ったのって久しぶり。

・・・・面白い!
面白すぎる!
スマイリー君(仮名)、疑いの目で見て正直すまんかった!

ネット上にはこの本の情報や感想があふれまくってますが、ここを読んでるメンバーにはあまり縁がないと思いますので恥ずかしながらおせっかい解説。
タイトルにあるとおり「鉄腕アトム」の1エピソード「史上最大のロボット」をリメイクしたものです。
描いてるのは浦沢直樹、「YAWARA!」とかの人ね。

鉄腕アトムって有名な割には古すぎるんで、ちゃんと読んだことある人が存外少ないんですが、この「史上最大のロボット」は人気のあるエピソードらしく知ってる人が多いようです。
遠い昔、実家にもなぜかこの話の上下巻だけありました。
で、オリジナルを熟知してる---なにせ小学生だから同じ本を何回も何回も読むわけです---こともあって、リメイク版に出てくるひとつひとつのことがらすべてが面白く読めるのです。

原作であっさりやられるザコキャラクターの刑事ロボットがリメイク版の主人公です。かといってスピンオフというわけではなく、今のところ原作と同じ順番に物語は進んでいます。
「数コマしか出てなかったこんな奴でさえここまで描き込んであるんだから、すっごく印象に残ってるエプシロンヘラクレスボラー(みんなロボットの名前ね)なんかはどんな風に描かれるんだろう?」と、先のストーリーを熟知してる身としては興味が尽きません。

子供のころ原作を熟読した人にとっては限りなく面白いマンガである、とここで断言してしまいます。
そして作者のアレンジ能力に脱帽。

PLUTO (1)ビッグコミックス

« モテモテおやじバンド文化祭(笑)予選通過 | トップページ | 説教コークスクリュー »