« 沖田くん、ここだ! | トップページ | T-RackSさま »

2005年3月19日 (土)

カラオケとバンドの境界

某コミュニティでは趣味の欄が「カラオケ・バンド」とひとくくりになってます。
激しく違和感を覚えますが、世間一般ではそうなのかな~と無理やり納得して、私の趣味は「カラオケ・バンド」ということになってます。

確かに深夜のオーディション系の番組---音市とかネ---なんか見ると、若い方々のバンドとカラオケの垣根は低そうな感じ。
メンバー募集サイトなんか見ても「ギター・ベース・ドラム募集、当方ボーカル」なんて、昔では考えられないような募集を見かけたりします。
カラオケ自体は好きじゃないけど、職場のねーちゃんなんかと行くのはそりゃ楽しいしね、それなりに誉められたりするし。
一方でボーカルがヘボいバンドなんか見ると「カラオケでもやってれば?」とか思ったり。
いろいろな考えが頭をよぎるわけです。

でも違うと思うなやっぱり。
人によって境界線は全然異なるだろうけど、わたしの中では

  • 激しく酔っ払っててもやっていいのはカラオケ
  • 激しく酔っ払ってやっちゃいけないのはバンド

です。

昔六本木にドラムとかアンプが置いてある洋楽カラオケ屋があって、よく当時のバンドのメンツと通ってました。
酔っ払ってくると歌そっちのけで店のギターとか借りて弾いちゃうわけですよ。
メンツがそろってるときなんかはオケなしでやっちゃうわけですよ。

で、これって実は歌の代わりにギター弾いてるだけで本質的にはカラオケと何も変わらないのですよね。
自分が気持ちいいだけでたぶんひどい演奏だしさ(笑)。
そもそも聴かせようと思って演奏してないもの。

逆にカラオケでもちゃんと人に聴かせようと酒を控えめにしてる人なんかは、さきの泥酔バンドなんかに比べたらずっとパフォーマンスとして正しいのかも知れない。

・・・あれ?書いてるうちに「カラオケとバンドの境界なんて曖昧だ」ってことになっちゃったよ。
じゃあオレの趣味が「カラオケ・バンド」ってなってるのも文句言えないじゃん(笑)。

#実は書いてるうちにどんどん意見が過激になりそうだったので、この辺でお茶を濁してしまいました(汗)。

« 沖田くん、ここだ! | トップページ | T-RackSさま »