« google map | トップページ | iTUNESだけでポッドキャスティングが可能に »

2005年6月29日 (水)

無機物に名前をつける人たち

世の中には2種類の人間がいます。
「無機物に名前をつける人」と「つけない人」です。
わたくしは完全に後者なので、名前をつける人の心情がまったくわかりません。

曰く、新しいパソコンを買ったら「HAL9000」。
所有しているギターは「ルシール」でiPODは「シャッフ子ちゃん」。
もちろん愛車の名前は「流星号」です。
本人は「ネタだよネタ」とか言ってますが、半ば本気であることをわたくしは確信しています。
きっと彼らは自宅の冷蔵庫やテレビにも名前をつけてるに違いありません。
あ~理解できん。

そんな彼らは「アナタは楽器に対して愛がなさすぎる」とか言います。
決まって言います。
言われ続けてウン十年。

でもさー無機物だからね、言っとくけど。
自分の楽曲は愛してるけど、そのときに使ったギターなんて愛してないよ。
好きなアーティストのCDはあるけど、盤自体に執着なんかないって。キズがついて聴けなくなったら買いかえるだけ。

と言いつつも、日本は多神教の国ですからね。
ヤオヨロズの神の中には「太陽の神」や「月の神」はもちろん、「石ころの神」とか「便所の神」とかもいるんでしょ?よく知らないけど。
こう考えると名前をつける人たちは生粋の日本人なのかも知れません。

ghostということでここで無理やりアフィリエイト。
ポリスの4枚目のCD「Ghost in the Machine」。
1曲目もタイトルに連動してて「Spirits in a Material World」。超訳すると「オレたちは無機物に宿る精霊さ」ってな意味の歌です。名曲ですね。

これを聴きながら、もう一度名前をつける人たちの心情を理解しようと努めることにいたします。

ゴースト・イン・ザ・マシーン

« google map | トップページ | iTUNESだけでポッドキャスティングが可能に »