« 三上博史のヘドウィグ | トップページ | google map »

2005年6月26日 (日)

ゆきゆきて神軍

shingun奥崎謙三の訃報をYHOOニュースで知りました。

<訃報>奥崎謙三さん85歳=「ゆきゆきて、神軍」に出演
ニューギニア戦線で生き残った元日本兵が上官らの戦争責任を追及したドキュメンタリー映画「ゆきゆきて、神軍」(87年、原一男監督)で知られる奥崎謙三(おくざき・けんぞう)さん(85)=神戸市兵庫区=が16日、神戸市内の病院で亡くなっていたことが25日、わかった。死因は多臓器不全。

映画「ゆきゆきて神軍」はご存知の方も多いでしょう。
太平洋戦争で仲間の肉を食った上官の罪を追及していくドキュメンタリーです。
でもその追求の仕方がハンパではありません。
パンクです。
奥崎謙三以上にパンクを体現している人を私は知りません。
1976年のロンドン以上かも知れません。
近頃の言葉で「ハンパねぇ」ってのがあるらしいですが、これこそ真の「ハンパねぇ」です。
軟弱な「ハンパねぇ野郎」は奥崎謙三の前に土下座しなければなりません。

ゆきゆきて、神軍

« 三上博史のヘドウィグ | トップページ | google map »