« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月13日 (木)

RCを国立で見たのはたぶん25年前

清志郎が喉頭ガン!
早くよくなってまたあの歌声を・・・

なんて書くと、きっと清志郎に「ふ~ん、じゃあオレの最新シングルのタイトル言ってみ?」とか言われそうだからやめた。

はじめてRCを見たのは武道館。
単独ではまだ武道館でライブできない3つのバンド、シーナ&ロケッツ、プラスティックスとのジョイントでした。
当時、シーナ&ロケッツの「You May Dream」がヒットしてて、私のお目当ては鮎川誠だったんですが、「こんな狭いライブハウスは初めてだぜ!」と言って登場したRCに完全にヤラれてしまいました(いや、鮎川さんもカッコよかったけどね)。

その直後に「PLEASE」が出て聴きまくったものです。
とか言いつつアフィリエイト(汗)。

その後、何回かライブには行きましたが、なんといっても印象深いのは、タイトルにもある国立で見たRC。
ここまで読んでくれてる人はご存知だと思いますが、国立といえばRCの地元。
一橋大学の講堂でした。
普通のコンサート会場より狭いので、ステージまでの近さといったら!

前座のP-MODELが終わってRCが登場。
1曲目はもちろん「よーこそ」。
3時間あまりのライブでほとんど全部のレパートリーをやったけど、国立を懐かしむ「なつかC」という曲があったのを覚えている。キーはCらしい(曲は「キモチE」だが)。

新宿駅のベンチでうとうと、吉祥寺あたりでゲロ吐いて---のあとに「♪最終電車で国立に着いた」のところでは大歓声。
多摩蘭坂はやらなかったと思う、というかまだ世にリリースされてなかったかも。
日本の偉大なロケンロールナンバー「上を向いて歩こう」で終わったような気もするが興奮しすぎて忘れちゃった。
でもあのときの「感じ」はいつまでも体の中に残っていた。

まったくの余談だけど、数年前「どんぐりファイターズ」の国分寺のライブにいったとき、対バンで出ていたPMZを初めて見て、唐突に国立RCのことがよみがえったことを思い出した。
「!!あのボーカルは一体何者?!」って同行者に詰め寄った記憶アリ。
余談終わり。

最後にナマ清志郎を見たのは10年前ぐらいの日比谷野音だったと思う。
10バンド以上が出るイベントで、復活「誰がカバやねんロックンロールショー」のゲストボーカルだったけど、ダントツだったな。「♪昼間のパパは~」がヒットしてるころだったよ。

ということでオチもなく終わるわけですが、ここまで読んでくれた人のために、YouTubeで見つけた素晴らしい映像をプレゼント。

伝説の夜ヒット「FM東京」byタイマーズ

2006年7月 3日 (月)

キースの演技力を検証

海賊キース登場の続きです。
コメント欄を引用。

com1>>
オレが心配してるのはキースの演技力。
10年前ぐらいの「She's Hot」という曲のプロモの演技がすんげークサかったのをよく覚えてる。
com2>>
いいんじゃないの、とりあえず出れば(爆)

「とりあえず出ればいい」は確かに正しいです。でも自分がロックバンドをやってるきっかけになった人が、薄々の一般人に別ジャンルのことでコケにされるのはちょっとイヤ。
これはやはり検証しなければ、ということでYouTube探したらすぐにありました。

Rolling Stones - She was Hot !

1コーラス目でミック、2コーラス目でキースがHotWoman(?)に襲われるんだけど、やはり見れば見るほど心配になります(笑)。
特にこのへん↓
Shewashot
ラストのチャーリーの演技(←必見)なんて安心して見てられるもの。

ところでこのPV、放送当時のものとは微妙に違うような気がします。
テレビを見てる男の股間が爆発するシーンと、ラストでHotWomanが火のオナラを出すところ。
やっぱりアメリカのテレビは下ネタ厳禁なんでしょうね。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »