« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月17日 (日)

ちょっと気持ち悪いアニメがクセになる「YOUNG FOLKS」by Peter Bjorn And John

昨晩は始発待ちでjojo宅にいたのですが、例によってMTVを見ながら雑談。

プレガスの曲を買ったイギリス人たちは一体どういうつもりでオレ達の曲を聴いておるのか?ということを議論しつつ、タレ流される和洋ごちゃまぜのクリップを横目で眺めておりました。
アメリカものの退屈なダンスミュージック、日本ものは「やさしさ声」を売り物にしたしょーもないバンドばっかりのクリップをコキおろしていると、1曲だけ2人の琴線に触れる曲が。

バンド名は「Peter Bjorn And John」で曲名は「YOUNG FOLKS」。
要するに「若者たち」です(笑)。

バンドのサイトを見ると、どうやらスウェーデンのインディーズバンドらしく、YOUNG FOLKSのクリップも紹介されています。
不思議なことにYouTubeから引用される形で紹介されているので、本人たち公認ということで堂々とリンクします。
気持ち悪いアニメが印象的。

注:スウェーデンにはちょっと縁がなくもない

2006年12月 9日 (土)

平壌のロックフィスティバルとは?

J-CASTニュースの記事より

北朝鮮の「お笑い紅白」 嘉門達夫参加の怪情報
Tetp062622_pho012006/12/ 8
なんと、北朝鮮で行われるとされるロックコンサートに「KISS」「U2」にならんで、シンガーソングライターの嘉門達夫さんが参加するという怪情報があるらしい。2006年12月8日付夕刊フジが報じた。これに対し、嘉門さんの事務所は完全否定しており、さらには嘉門さん本人も知らない、としている。しかし、ネット上では「日本の紅白より面白い」などの声が上がっている。

正直、嘉門達夫は私はどっちでもいいんですが、サイトのキャプチャを見てのとおり写真にZEPが使われてます。
なぜ?

写真のキャプションには「ジョンボーナムは今回参加できませんが、我々はZEPの曲を忘れていない」なんてことが書かれています。
どういう意味?

これはソースを探さねば、と思って検索したらアッサリ見つかりました。もしかしたらすぐに記事が切り替わるかもしれないけどリンク。

VOICE OF KOREA
Rock Festival in Pyong Yang

ナナメ読みしてみると「アメリカからのバンドも歓迎する」「これは1969年のウッドストックの2007年版である」なんてことが書いてありますね。
これを読んだ誰か、新しい発見があったら教えてください。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »