« 腹をかかえて笑った「ミクシィ字幕」 | トップページ | 「shun & ghid」狂熱のライブ »

2007年3月10日 (土)

人形町の駄菓子バー

職場の仲間6人で駄菓子バーに行ってまいりました。
ところは人形町の甘酒横丁。
場所はとてもイキですが、食べるのは駄菓子。
G485005v
ポイントは「お通しの駄菓子食べ放題(持ち帰り禁止)」です。
我々の席は3階だったのですが、どうやら各フロアで置いてある駄菓子が違うということを発見。
なので場は俄然「トイレに行くフリをしていかにウケる駄菓子を見つけてくるか」という様相を呈してまいりました(←やや誇張アリ)。

ところがここに意外な盲点が。
私が「こりゃ懐かしい!」と思って持ってきた駄菓子が全然ウケないケースが多々(もちろん逆のパターンもアリ)。
考えてみると参加メンバーが男女とりまぜて「20代×2、30代×2、40代×1、50代×2」と見事にバラバラだし、加えて出身地も東北から南は山口まで幅広いことが原因と判明しました。
世代差よりも地域差の方が大きいような気がしたのはちょっとした発見でしたが。
機会があればいろいろなメンバーでまた行ってみたいと思います。

« 腹をかかえて笑った「ミクシィ字幕」 | トップページ | 「shun & ghid」狂熱のライブ »