« 「突合」がいつの間にか「照合」に? | トップページ | 「マルホランド・ドライブ」テレビでやるよ »

2007年7月 8日 (日)

年金照会用のIDとパスワードが届きました

社保庁職員のみなさま、年金照会用のIDとパスワードを発行していただいてありがとうございました。
6月7日に申し込んだものが昨日(7月7日)届きました。
申し込みが殺到しているはずなのに、なんとたった1ヶ月のスピード発行!感謝しています。
Env01_1

届いたIDとパスワードを入力するために、とても長いURLを手入力しなければなりませんでしたが、タイピングの得意な私にはまったく苦になりません。
さらに、今回発行していただいたパスワードとは別に、申し込み時に登録したパスワードも入力させるという念の入ったセキュリティにも感服です。登録時のパスワードは数字4桁とかが不可だったので思い出すのに苦労しましたが、たった1ヶ月前に登録したパスワードをなかなか思い出せなかった私が悪いのです。

結果、私には未納扱いがないことがわかりました(なぜか今年の5月分が「未納」となってましたが、タイムラグのたぐいのようです)。
転職を経験しており、氏名を読み違えられることも多く、さらに結婚したときに苗字の旧字を当用漢字にしたので心配でしたが、これでひと安心です。
本当にありがとうございました。

以下はまったくの余談です。
IDとパスワードを申し込んだころ---正確にはその2日前の6月5日---にDELLという会社にノートパソコンを注文しました。
日本国外で部品を組み立てて船便で送ってもらうという製品なのですが、6月5日に注文したものが6月14日に私の手元に届きました。
オーダーに沿ってパソコンの部品を調達し、それを組み立てて時間のかかる船便で送り、さらにその経過を逐一ユーザーにリアルタイムで報告するなどという複雑なことを1週間程度でやってしまうなんて、なんて雑な仕事ぶりでしょう。

それに比べると、ネットで申請された基礎年金番号をもとにIDとパスワードを独自のシステムで作成して郵送で送る作業に1ヶ月かける社保庁の丁寧な仕事っぷりには脱帽せざるをえません。

徒労感・見切り…社保庁職員、「自己都合」退職が急増」などというニュースを拝見しますが、これだけのお仕事をされていながら非難を浴び続けていれば当然かも知れません。
ハローワークという素晴らしいシステムも日本にはありますので、職員のみなさまにおかれましては、お疲れになったときは心おきなくやめていただきたく思います。

っつーかこんな軽作業に時間かけてる無能な奴らはとっとと全員やめろ。
お前らを税金で雇う価値はない。


最後にIDとパスワードの件が掲載されている記事をいくつか紹介しつつ、トラックバックしておきます。

週刊!木村剛(2007.06.19) 年金問題:パスワードはいつ届くの?
だいぶろぐ(2007/06/16) ▼ 年金問題3
GIGAZINE(2007年06月11日) 年金のネット確認、IDとパスワードは本当に2週間後に届くのか?
YAHOO!知恵袋 社会保険庁の年金個人情報サービスでID・パスワード発行手続きをして1ヶ月経ちますが、いまだにハガキが届きません。

« 「突合」がいつの間にか「照合」に? | トップページ | 「マルホランド・ドライブ」テレビでやるよ »