« 心が震えた佐野元春のレポート | トップページ | FLET'S Stadiumその後 »

2007年12月19日 (水)

見ててかなり恥ずかしかった「とくダネ!」のギターマイナスワンCD紹介

今朝の「とくダネ!」で、ギターマイナスワンCDの紹介をしていました。
マイナスワンCDとはギタリストのためのカラオケです。
これであなたもクラプトン!とかそういうやつね。
オヤジバンドブームの影響がこんなところにも忍び寄ってます。

でもって、どこがそんなに恥ずかしかったのか?
司会の小倉智昭が「ちょっとみなさん、これを聴いてみてください」といって、始まったのはイーグルスの「ホテルカリフォルニア」。
ギター用カラオケなので当然アルペジオはナシ。
出演者は口々に「え~?これがホテルカリフォルニアなんですか?ギターがないと全然わからなかった」とか感心してみせるわけです。
ところがよく聞いてみると、なんだか説明がおかしい。
小倉さんったら「最初のコンコンってところなんてギターがなけりゃ全然わかんないでしょ?」とか言うわけです。

・・・それって演奏ガイド用のイントロ前のカウントじゃん。
小倉智昭ってすごいオーディオルームとか持ってて、古いロックとかに造詣が深いということになってたんじゃなかったっけ?
それでホテルカリフォルニアのイントロ知らないってまずいんじゃない?
オレがもし本人だったら恥ずかしくて明日テレビ出られないなぁ、とささやかに思ったのでした。

« 心が震えた佐野元春のレポート | トップページ | FLET'S Stadiumその後 »