« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月23日 (日)

FLET'S Stadiumその後

組織票をお願いしていたコンテスト、FLET'S Stadiumが終了しました。
おかげさまでSHUNTLESの「Love Again」は映像部門で2位になることができました。
投票していただいたみなさまありがとうございます。
勝因はボーカルのおじさんが身を捨てて究極の組織票を募ったことのような気がしますが(笑)。

Flets

コンテストのスタート時点では「1位のグループはラジオCMに登場」とアナウンスされていたのですが、今は「FLET'S光デビュー賞は、ブライアン(←誰っ?)による審査のうえ1月中旬に結果発表いたします。」となっています。
音楽部門はスパムと思われるような投票がすごかったからね、仕方ないでしょう。
コンテストの趣旨(若者を光回線で支援する)から大きく逸脱してるから、SHUNTLESが選ばれる可能性は限りなくゼロに近いと思うけど(笑)。

公平な目で見て、音楽部門の真の1位は、3位にランキングしている「CHORUSPICE」だと思います。
人気的にも実績的にもダントツなことが、バンドサイトを見るとよくわかります。
なのでひそかにトラックバック。

映像部門の真の1位はもちろんSHUNTLES!
と言いたいところですが、こちらも公平に見て、SHUNTLESよりも上のものがいくつもありました。
PVに絞っていくつかご紹介。

まず15位の「カラフルエブリディ」 by アベニーズ
CGなのにアニメっぽくなくカワイクできてます。すごい。
曲も頭から離れません。
ネットでフルバージョンを見つけたのでトラックバックしておきます。

18位の「RPG」 by ドクターポリエステルハカセ
友達がベース弾いてます。
本当の撮影スタジオでプロに撮ってもらっただけあって、映像のクオリティがすごい。
曲の内容にリンクしたゲーム画面をわざわざ作ってるのにビックリ。

そして私が一番気に入ったのは16位の「I LOVE NIPPON」by MUSTANG'78。
センス抜群。
曲も楽しい。
SHUNTLESが勝ってる要素はひとつもありません。
せいぜい年齢ぐらいか(笑)。
YouTubeで見つけたので貼っておきます。

・・・プレガスで対バンしたことなかったっけ?

2007年12月19日 (水)

見ててかなり恥ずかしかった「とくダネ!」のギターマイナスワンCD紹介

今朝の「とくダネ!」で、ギターマイナスワンCDの紹介をしていました。
マイナスワンCDとはギタリストのためのカラオケです。
これであなたもクラプトン!とかそういうやつね。
オヤジバンドブームの影響がこんなところにも忍び寄ってます。

でもって、どこがそんなに恥ずかしかったのか?
司会の小倉智昭が「ちょっとみなさん、これを聴いてみてください」といって、始まったのはイーグルスの「ホテルカリフォルニア」。
ギター用カラオケなので当然アルペジオはナシ。
出演者は口々に「え~?これがホテルカリフォルニアなんですか?ギターがないと全然わからなかった」とか感心してみせるわけです。
ところがよく聞いてみると、なんだか説明がおかしい。
小倉さんったら「最初のコンコンってところなんてギターがなけりゃ全然わかんないでしょ?」とか言うわけです。

・・・それって演奏ガイド用のイントロ前のカウントじゃん。
小倉智昭ってすごいオーディオルームとか持ってて、古いロックとかに造詣が深いということになってたんじゃなかったっけ?
それでホテルカリフォルニアのイントロ知らないってまずいんじゃない?
オレがもし本人だったら恥ずかしくて明日テレビ出られないなぁ、とささやかに思ったのでした。

« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »