« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月 3日 (木)

20年ぶりのイカ天と現在の音楽業界の状況

今日は年末年始にHDDに撮りためた番組をダラ見。
そこで年末特番のイカ天を見て、ぼんやりとしか意識してなかったことを、今ごろになって理解しました(遅!)。


当時、人気絶頂の番組とはいえ、バンドやってる奴の中には本気で怒ってる奴もいたと記憶しています。
曰く「まじめにバンドをやってる奴をバカにしてる」ってね。
かくいう私は面白がってる派でしたが、面白さを説明するための明確な言葉を思いつかなくて議論を避けてました。
でも今なら言える。
あの番組は「バンドの志(ココロザシ)の高さ」が審査のウェイトを大きく占めていたから好きだったのだ、ということを。


フライングキッズ、マルコシアスバンプ、たま・・・
グランドイカ天キングとして勝ち残ったバンドのうち多くは「今までにない音を聴かせてやる」という意気込みがビシビシ伝わってきました。
個人的に一番好きだったのはマルコシなんだけど、好き嫌いは別にして、それぞれの目指すサウンドに敬意を払わずにはいられません。


残念なのは、「志の高さ」と「売れる売れない」はまったく関係ないということ。
どのバンドも現在は解散してしまったしね。
イカ天出演バンドでもっとも成功したのは、チャレンジャーにすらなれなかったグレイだし(特番では触れられてなかったけど 笑)。
むしろ逆に志の高さとセールスは相反するものらしい・・・


という状況を思い浮かべながら、ぜひ下記エントリを読んでみてください。
現在がさらに絶望的状況であることが、とってもわかりやすく書かれてます。
少しでもビジネスとして音楽(ポップミュージック)のことを考えたことがある人なら必読かもネ。

「終わりの始まり」―― 音楽業界の2007年と2008年
2007年がどんな年だったか。音楽業界にとってはいよいよ冬の時代の本格到来である。
一昨年より去年の方が悪く、去年より今年の方が明らかに悪い。
冬の時代の到来、なんて書くとそのうち春が来そうだが、実際はそんなことはないだろう。
たまたま日の陰った不況というよりは、もっと構造的な問題、本質的な問題なような気がする。
だから本当は「死期を悟った」とでも書いたほうがいいかもしれない。
あるいは「終わりの始まり」とでも。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »