« POSERでロックバンド(その4 ギターを交代させてみる) | トップページ | POSERでロックバンド(その6 主役をオーディションしてみる) »

2009年1月25日 (日)

POSERでロックバンド(その5 ベースを加入させてみる)

まだまだ続きます。
その1からその4まで↓
http://ghid.cocolog-nifty.com/band/poser/


今回はベーシスト探しから。
ベーシスト選定にあたって、まず候補にしたのが「ドン」というフィギュアです。
現在のメンツは

・ドラム:サイモン→バージョン7の標準男性フィギュア
・ギター:ジェイムス→バージョン6の標準男性フィギュア


Don02ドンはバージョン5の男性標準フィギュアというわけです。
さっそく呼び出してみました(クリックで拡大表示)。
1ヶ月前に購入してから初対面。

・・・うーん、ルックスが悪いな。
体型もずんぐりしてて使いにくそう。
ということで不採用。


ここでSmithMicro(POSERのメーカー)のデータにこだわって作る方針をあっさり変更。
実はPOSER界(?)には事実上の標準フィギュアがあります。
DAZというメーカーの「マイケル」。
出来がいいので、ジェイムスやサイモンを抑えて、いわゆるデファクトスタンダートとなっているようです。
これも商用OKらしい。

YouTubeでマイケルのプロモーションビデオを発見しました。

・・・いったい誰に向けてのプロモーションなんだ(笑)。

自由自在に顔を作りかえることができるバージョンは有料(100ドル!)ですが、ベーシック版は無料
さっそくダウンロード。

Bass使用ベースはもちろん、ドラムをさがしたときに一緒に見つけた無料のこれ

というか、ネットで探しても、普通のジャズベとかプレベが見つけられない。
実はドラムも今使ってる1体だけ。


ここからやや余談ですが、「Mick Jagger Poser Figure」とか「Syd Vicious Poser Figure」とかさんざん検索したけど、いっこも見つけられてません。
服とかはやたらとあるので、「Jimmy Page Dragon Suits」とかも探したけど全然ナッシング。
あるのはエロ関係ばかり。
ロックってのはもう趣味としては遠い過去のものなのかね、やっぱり。
余談終わり。


Michealステップ1:セッティング
気を取り直して製作にかかります。
といっても工程は「ギターを弾かせてみる」とほとんど同じなので省略。
Tシャツはロック関係のデータを探してたときに見つけたやつ(さりげなく内容とリンク 笑)。

ということで動画完成。
音はバンドと合体してからにします。
ベースだけじゃ聴き苦しいしネ。

ヘフナーなのでピック弾きが似合う。
ギターと違うのは、前腕の角度で弾くのではなく、前腕を回転させるところ。
押弦はベースらしくネックをべったり押さえる感じ。


ステップ2:データ合体
前回の完成データに追加してベースの音も入れました。
録音のときに1音では我慢できなくて、フレーズを弾いてしまったので、フレット上の手もちょっと動かしてます。
アクセントのところでミュートを解除する動きを入れてみたら、けっこうリアルになった。

なかなかイイ感じです。
ということで、次回は「メンバーを勢ぞろいさせてみる」です。


以下おまけコーナー。
ロック関係のデータを探してたら面白いものを見つけたので、静止画を作ってみました。
タイトルは「フランク、これで貴様も終わりだ」←わかる人だけでいいです。
ギタリストのジェームスが熱演。
服まではなかったのでありあわせのスーツ。

Riff_gun

本来POSERは、こんな静止画を作って楽しむためのソフトらしいです、ネットでいろいろ見ると。

追記:
→「その6 主役をオーディションしてみる」へ

« POSERでロックバンド(その4 ギターを交代させてみる) | トップページ | POSERでロックバンド(その6 主役をオーディションしてみる) »