« POSERでロックバンド(その2 ギターを弾かせてみる) | トップページ | POSERでロックバンド(その4 ギターを交代させてみる) »

2009年1月18日 (日)

POSERでロックバンド(その3 ドラムを叩かせてみる)

モチベーション続いてます。

これまでのあらすじ↓
その1 踊らせてみる
その2 ギターを弾かせてみる


ということでドラム編です。
これも無料のものがありました。
Classic Vintage Ringo Starr drum set

・・・思いっきりバンドロゴが入ってるな。
ある意味理想的なんだけど(笑)。
とにかくありがたく使わせていただくことにします。


Drum00ステップ1:ドラムセットを呼び出す
イヤでもバンドロゴが目に入ってしまう(画像クリックで拡大表示)。
データを修正して書き直すことはできると思うけど、何しろアニメーション機能以外のマニュアルのページをほとんど読んでないのでよくわからん。
本番(?)までには直します。


Drum02ステップ2:座らせてポーズの準備
足をペダルにセット。
残念ながらペダルは動きません。





Drum03ステップ3:スティックを握らせる
これが難しかった。
この人顔に似合わず指がやけに長いんで、細いものを握らせるとどうしても不自然になってしまうのです。

・・・ってこれ、冷静に見ると親指の位置が違うじゃん(汗)。
本番(?)では直します。


Drum04ステップ4:ポーズ完成
最初はハイハットを叩かせようとしたんだけど、腕をクロスさせるのが難しくて、ライドにしてしまった。
ということで動画制作にゴー。





ステップ5:とりあえずの動画

いちおうペダルを踏んでるフリもしてます。
ギターのときにフレットを見るようにしたら自然だったので、これもライドシンバルをガン見するようにしてみました。
しかしシンバルが動かないのがどうにも気に食わない。
シンバルもペダルと同様に、パーツごとには動かないので、スタンドごと揺らしてみました。


ステップ6:シンバルをスタンドごと揺らしてみる

これで見るとまあまあ自然なんだけど、引いて見るとスタンドの足元がぐわんぐわん動いてて(笑)不自然極まりない。
これは却下してステップ5の映像を採用。


ステップ7:音を入れてみる

なかなかイイ感じです。
前回作ったギターのデータを重ねてみます。


ステップ8:ギターと同時に演奏
ストラトは白に変えてみた。

服装も髪型もまったく一緒の謎の双子が、無表情で見つめあいながら1コードの曲(?)を延々と演奏してる謎の映像ができあがりました(笑)。

ということでドラム編は終わり。
次回は「メンバーを集めよう」編です、たぶん。

追記:
→「その4 ギターを交代させてみる」へ

« POSERでロックバンド(その2 ギターを弾かせてみる) | トップページ | POSERでロックバンド(その4 ギターを交代させてみる) »