« POSERでロックバンド(その6 主役をオーディションしてみる) | トップページ | CGハイウェイスター »

2009年2月19日 (木)

POSERでロックバンド(その7 オリジナル曲を演奏させてみる)

まだついてきてくれてる人はいるんだろうか?
「3DCGソフト『POSER』でロックバンドを作ろう!」コーナーもいよいよ大詰め。
何がなんだかわからない方は、過去エントリを見てちょ。

これまでのエントリ

数々の苦難を乗り越えてPVが完成しました。
曲名は「Gandhi's Birdhouse」。
インスト曲というものを初めて作ってしまった。
時間と回線に余裕のある人は、こちらでぜひ高画質版を-できればヘッドホンで聴きながら-見てやってください(画面の右下から「HQ」を選んでもOK)。

▼うざい解説その1:とにかくひたすらループ
完成したムービーは3分半。
コマ数にすると6,300コマ。
こんなものにまじめに取り組んだら日が暮れます。
なので、実際に作ったのは場面ごとに60コマ(2秒=1小節)とか120コマ(4秒=2小節)の短いループデータだけ。
最長のシーンは16秒だけど、中身はひたすらコピペして伸ばしてるだけ。
これを、不要な人物を非表示にしたりしながら、カッコよく見えるカメラ位置を探しまくって違うシーンに見せかけているのです。

実写では絶対に撮れないようなアングルとカメラ移動を考えるのが楽しくて。
CGの役者たちは文句も言わずに何回も同じことしてくれるし。
これが実写だと、やれ「疲れた」「オシッコ行きたい」「タバコ吸いたいから休憩しよう」「早く終わらせて飲みに行こう」「人前で歌うのヤダ」「つけヒゲが取れたからもう撮りたくない」とか、言うこときかないったらありゃしない。


▼うざい解説その2:曲もひたすらループ&コピペ
曲づくりなんかに時間をかけてられないので(←本末転倒?)、ベースとかギターは4小節ぐらい弾いて、こちらもひたすらループ&ループ。
シンセも同じデータをコピペ&コピペ。
レコーディングを重ねるごとに楽器を弾く時間が短くなっていく今日このごろです。


▼うざい解説その3:画像の精度
実は世間に流れているCG映像と比べると、精度(注:解像度ではない)を極力落としてあります。
専門用語で言うと「レンダリング」ってやつ。

やろうと思えばこの画(↓)を
Gg_preview

これぐらいの精度(↓)
Gg_render

で出力できる。
肌やギターの質感、目の表現などが全然変わります。
でも出力に100倍ぐらい時間がかかる(笑)。
モチベーションが落ちまくってムービーを完成させられないと思ったんで、楽な道を選択。


▼うざい解説その4:インドの風景
映像を作っていくうちに、演奏場面だけでは飽きると思って、2コーラス目からは別シーンを挿入。
音源にうっかり入れてしまったシタールに合わせてインドの場面を撮ろうと思ったんだけど、インドの寺院っぽいデータが見つからない。
シタールなんてなおさら。
仕方がないので中世の城と謎の楽器で代用してしまった。


▼うざい解説その5:ドラムヘッドのロゴ
ビデオを公開するにあたって、どうしてもドラムヘッドの「Beatles」のロゴは直しておきたかった。
ベンダーがいくら「利用は自由」と言っても、明らかに意匠権の侵害だからね。
修正するやり方を発見して、別のロゴを入れておきました。
気づかなかった人はもう1回ビデオをチェックチェック。


実はまだこのシリーズは続きます。
次回は「フィギュアに歌わせてみる」。
予定は未定。

追記:
→「その8 歌わせてみる」へ

« POSERでロックバンド(その6 主役をオーディションしてみる) | トップページ | CGハイウェイスター »