« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月30日 (月)

POSERでロックバンド(その9 ちゃんと踊らせてみる)

どんどんコメントが少なくなっていく「POSERでロックバンドを作ろうコーナー」ですが、くじけず続けます。
前作はけっこう自信があったんだけど、YouTubeもニコニコ動画もいまひとつアクセスが伸びない。
次はどの路線で行こうか、と考えたんですが---

1曲目→60年代風ラーガロック
2曲目→70年代風パンクロック

ということで、順を追って今度は80年代風にダンスミュージックに挑戦するつもり。
でもダンスとなるとフィギュアのモーションが途端に難しくなる。
ギターは自分で弾けるけど、ダンスは(以下略)。

↓とりあえずテスト(どうでもいいけど本日入手したギターをさっそく使ってみました)。

う~ん、これだけ激しく踊って髪の毛が揺れないのはやっぱりおかしい。
実はCGで「柔らかいものを揺らす」のはかなり敷居が高いのです。
風になびく髪とか、ヒラヒラしたスカートとかね。
でもって「柔らかいものを揺らす」のでもっとも肝心なのがオッパイ(笑)。
世の中のよくできたCGは揺れまくってるからね。
実際に前作に関する個人的なコメントで、「ボーカルの巨乳に萌え」というのもあったし(誰かは内緒)。
これは何としても揺らさなければ!

ということで、これから研究してみます。
揺れなかったらごめんなさい。

追記:
→「その10 いろいろ揺らしてみる」へ

2009年3月29日 (日)

この店で一番安いギターを弾かせてくれ

家弾きのエレアコが折れたので、久しぶりに御茶ノ水の楽器屋をめぐってギターを探してきました。

1軒目。
一番安いエレアコが3万5千円。
最近は1万円のやつもあることを事前にネットで調べてた(どうでもいいけどリンク先のページ、見れば見るほど味がある)ので、店員に聞いてみました。
「1万円ぐらいのをネットで見たんですけど」
「あぁ、あれはオモチャです。まともな店には置いてないですよ(←ややキレ気味)」
「・・・」

1万円のつもりで来たのに3万5千円はちょっとな~と思って2軒目。
最安値は4万ちょっと。
キレられそうなので店員には聞かず。
店内滞在時間30秒。

3軒目。
ここも2軒目と同様で滞在時間30秒。

4軒目。
16,800円のエレアコを発見。
「これノイズが気になるかどうかアンプにつないでみたいんですけど」
「どうぞどうぞ」
「できればヘッドホンで」
「・・・(しぶしぶ用意)」
ちょっとだけじゃかじゃか弾いてすぐに購入。

090329_3速攻で帰ってきて部屋で鳴らしてみました。
ボディが小さいんで家弾きには最適です。
1点だけ不満なのは、ジャックがエンドピンのところについてるので、シールドを差してるときは気軽にギターを立てかけられないところ。
店員の目が恐くてチェックを忘れてた(笑)。

ヘッドにはすごく読みにくいロゴで「Juno」と書いてある。
ネットで調べるとなぜかメーカーのサイトが見つからない(謎)。
たぶん中国製で、これと同じやつだと思うけど、どうでもいいか。

ギターのヘッドが折れてしまった

ギターを弾きはじめてかれこれウン十年になりますが、ヘッドが折れたのは初めて。

090329a_2

怒りにまかせてギターを床に叩きつけたわけでは全然なくて、壁に立てかけておいたのが何かの拍子にズルっと倒れて、特に大音響がするでもなくポキリ。
10年以上前に店頭処分品を1万円ぐらいで買ってきたやつなので、ギター自体はどうでもいいんだが、曲作り(←数々の名曲-自称-を生んできた)とかレコーディング(数々の名曲・・・以下略)で使用頻度が高いので不便は不便。

仕方がないので明日久しぶりに楽器屋に行ってきます。
ネットで調べると1万ぐらいのエレアコはあるにはあるらしい。
ラインで録音するときにノイズが出るかどうかが最大のポイント。

2009年3月21日 (土)

「Love Again」初音ミク版をニコニコ動画にアップ

↓ある日のエントリに書き込まれたコメント。
ここまできたら、初音ミクに歌わせなきゃ!ニコ動で神になれるぞ(^^;)

どうかな?(笑)

2009年3月19日 (木)

YouTubeのHot Spot機能で動画への関心度を検証

YouTubeに動画をアップすると、アクセスの内容がだいたいわかります。
どの国から?性別は?年齢層は?等々。
で、アクセスの「量」は把握できていたわけですが、「質」については謎のままでした。
昨年の10月から導入されたYouTubeの新機能「Hot Spots」では、従来は知ることができなかった「視聴の質」がわかります。


CGで作ったバンドのビデオをアップしてから約1ヶ月。
「Pretty Girl」とか「Animation」とか、あざとい単語をタイトルに散りばめたおかげで、そこそこアクセスがありました(現1,300アクセスのうち約半分が欧米)。
検索ワードは「cg+girl」とか「cg+rock」が多いんですが、リンク元がクローズドなものがけっこうあって、YouTubeの解説によると「This likely means your video URL was shared with friends via IM and email」、つまり誰かがインスタントメッセージやメールで友達に教えたのでは?とのこと。
どこの誰かは知らないが、感謝するぜスティーブ(←仮名)。


で、本題の「質」です。
簡単に説明すると、「同じぐらいの長さのビデオの平均と比べて、時間ごとにどれぐらいの人が見続けているか?」をグラフにしています。
要は「どの辺で飽きられたか」ってこと。
言葉で説明するとわかりにくいので、とっととグラフをご覧ください(クリックで原寸表示)。

Hotspot01_2


・・・ほとんど平均以下じゃん!
グラフの右上にある「Audience Attention」はたぶん再生時間を通じた注目度の平均なんだろうけど、5点満点中1.5点
低!
スティーブ(仮名)の努力はいったい・・・


分析してみるとこんな感じです。
矢印以下は私が勝手に想像した外人の心象。


0~30秒「男メンバーが次々に登場」
注目度:平均以上

→お?CGにしてはちゃんと楽器弾いてるように見えるじゃん。ところで肝心のPretty Girlは?


30~1分30秒「主役登場~ギターソロ」
注目度:ひたすら落ち続ける

→これが主役か?ぜんぜんガキじゃねえか!服着てるし!なめるんじゃねえ!(注:CGムービーに出てくる女子はエロい衣装か半裸の場合がとても多い)


1分30秒~2分「座禅シーン」
注目度:やや下げ止まるも上昇ナシ

→場面が変わった・・・


2分~2分30秒「ハンドクラップ・側転」
注目度:底を打ってゆっくり上昇に反転

→お、側転やってる


2分30秒~3分5秒「ペンギン行列」
注目度:急激に平均近くまで上昇

→わっはっは、面白れぇ(注:外人は単純らしい)


3分5秒~終わり「静止画・エンドクレジット」
注目度:なだれをうって下降

→誰も見てない


撮影に一番力を入れた演奏シーンは不評で、既存データを利用した側転や行列は好評、という残念な結果となりました。
悔しい!
いつかもっと外人(スティーブ以外)に受けるビデオを作ってやる!

2009年3月15日 (日)

POSERでロックバンド(その8 歌わせてみる)

「3DCGソフト『POSER』でロックバンドを作ろう!」コーナーです。
前回まででインストのバンドができましたが、インストなんてすぐネタ切れになるので、いよいよボーカルものを作ります。


ステップ1:音声データを読み込ませる
POSERには「リップシンク機能」というものがあって、フィギュアに音声データを読み込ませると、音に合わせて勝手にしゃべるフリをしてくれます。
以前作った初音ミクの歌データを使って実験。

まあ何とか歌ってるように見えます(クリック音にも反応してるけど 笑)。
気に入らない部分は表情パラメータを微調整して歌は完成。


ステップ2:バンドと合体して完成
バンドづくりは従来と同じなので割愛。
音づくりは極力時間をかけないように、自分のもっとも得意なサウンドに。
使い勝手の良い「歌う不動産鑑定士」を作ったときのドラム---実は「Love is Painful」も同じ---を流用。
イントロが超似てますが気にしない。
不動産鑑定士はメジャー、こっちはマイナー(苦)。

ということでビデオが完成しました。
自分的にはかなり気に入ってます。
できればヘッドホンしながら「高画質モード(動画が始まると画面右下に現れる『HQ』ボタン)」で見てもらえると嬉しいかも。


うざい解説は日を改めて書きます。

追記:
→「その9 ちゃんと踊らせてみる」へ

2009年3月 9日 (月)

CGハイウェイスター

アメリカで「Rock Band」というゲームがヒットしてるそうです。
プレイヤーは専用コントローラーを使って、ギターやベース、ドラムを画面通りに操作するらしいんだけど詳細不明。
たぶんあちら版「太鼓の達人」みたいなもん?(←違うかも)


で、ゲーム自体はどうでもよくて、宣伝のプロモーションビデオが熱いのです。
CGのバンドメンバーがハイウェイスターを演奏しながらハイウェイを疾走するんだけど、これがよくできてる!

オレが作ったやつの100倍、いや1,000倍すごい。
実は最初に見つけたとき、音源がオリジナルなんで、素人が勝手に作ったビデオなのかと勘違いしてました。
「いったいどこのどんな天才がこれ作ったんだ?!」ってね。
思わず自分のビデオをイチから作り直そうかと思ってしまいました(ウソ)。

ところで検索してあらためて思ったんだけど、もう「Rock Band」って言葉は、音楽のことじゃなくてゲームのことなのね、少なくともネット上では。


すぐに追記:9月にはビートルズ版も出るみたい。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »