« CGハイウェイスター | トップページ | YouTubeのHot Spot機能で動画への関心度を検証 »

2009年3月15日 (日)

POSERでロックバンド(その8 歌わせてみる)

「3DCGソフト『POSER』でロックバンドを作ろう!」コーナーです。
前回まででインストのバンドができましたが、インストなんてすぐネタ切れになるので、いよいよボーカルものを作ります。


ステップ1:音声データを読み込ませる
POSERには「リップシンク機能」というものがあって、フィギュアに音声データを読み込ませると、音に合わせて勝手にしゃべるフリをしてくれます。
以前作った初音ミクの歌データを使って実験。

まあ何とか歌ってるように見えます(クリック音にも反応してるけど 笑)。
気に入らない部分は表情パラメータを微調整して歌は完成。


ステップ2:バンドと合体して完成
バンドづくりは従来と同じなので割愛。
音づくりは極力時間をかけないように、自分のもっとも得意なサウンドに。
使い勝手の良い「歌う不動産鑑定士」を作ったときのドラム---実は「Love is Painful」も同じ---を流用。
イントロが超似てますが気にしない。
不動産鑑定士はメジャー、こっちはマイナー(苦)。

ということでビデオが完成しました。
自分的にはかなり気に入ってます。
できればヘッドホンしながら「高画質モード(動画が始まると画面右下に現れる『HQ』ボタン)」で見てもらえると嬉しいかも。


うざい解説は日を改めて書きます。

追記:
→「その9 ちゃんと踊らせてみる」へ

« CGハイウェイスター | トップページ | YouTubeのHot Spot機能で動画への関心度を検証 »