« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月24日 (金)

何が受けるのか本当にワカラン-船酔いスティーブもうすぐ100万ヒット

雑誌(→)で見かけた「シーシックスティーブ」が気になって仕方がなくなってしまいました。

  • 60歳すぎで遊びで録音した曲が突然ブレイク
  • ワイルドな歌声と不穏に唸るスライドギター
  • 楽器はギター1本と箱(?)、しかも弦は3本だけ!

「弦が3本だけ」ってどういうこと?
まともに演奏できるとはとても思えないけど・・・(写真で見ると「2・3・5」弦しかない)
「箱」ってのはリズム楽器?カホンじゃないの?
だいたい60歳すぎでデビューって何だよ?
と、疑問は尽きません。

いったいどんだけオルタナなロックなのかと思って、YouTubeで見つけたのがこれ。

めちゃめちゃまっとうなブルースの弾き語りでした。

しかしこれがどこでどうなったのか、アルバムは全英チャートの上位にランクされ、ロイヤルアルバートホールでのライブはソールドアウト。
リンクしたYouTubeも4月24日現在で998,846ヒット。

記事によると、90年代前半はシアトルのグランジバンドのレコーディングのエンジニアをしていた、とあるので、ずっと音楽の近くにはいた人なんだろうけど。
それにしても何で?

これ読んでる人で「あんなオヤジ、オレの周りにゴロゴロいるよ」って人も何人かいそう(笑)。
何が受けるのか本当にワカラン世の中だ。

2009年4月15日 (水)

お菓子メーカーとYouTubeとダンス

昨晩、テレビからロッテ「Fit's」のCMソングが流れて、思わず画面に見入ってしまいました。
ダンスコンテストの応募動画を作ってるときに散々聴いたもんで。

ふと思えば、ネットに比べてテレビでの露出が少ないような気がしたので、ちょっと調べてみました。
正確なところは不明でしたが、こちらのブログでも同じことが言及されていたので、正解かも知れません。

「お菓子メーカー」「ダンス」「YouTube」・・・
ここでやっと、有名な「Dancing Matt」の動画のスポンサーが「Stride」というガムのメーカーであることを思い出しました。
ロッテはStrideを参考にしたのかも、もちろん憶測ですが。


ということで、昨晩久しぶりにDancing Mattの動画を見たわけですが、やはり何度見ても素晴らしい。
これを見てると、コンテストのアクセスアップ作戦を練ってる自分がゴミ野郎に思えてきます。
実はこのエントリもその作戦の一環なわけだが(汗)。

「Where the Hell is Matt? (2008)」の鑑賞方法(個人的に強く推奨)
・できれば深夜
・できれば部屋を暗くして
・できればヘッドホンで
・絶対に「HQ」クオリティで
・絶対に「全画面表示」で

熱いものがこみ上げてくること、うけあいです。

2009年4月14日 (火)

ロッテの新製品「Fit's」ダンスコンテストに参加

ロッテの新製品「Fit's」のダンスコンテストに参加しています。
YouTubeと組んで大々的にネットで宣伝してるから、ご存じの方もいるかも。よかったら見てちょ。

本来は自分で踊った動画で参加するものらしいのですが、ダメもとでCGで応募してみました。
もっとも参加規約の中に「人間が踊っていること」とは書いてなかったので、これもロッテ広報部の想定の範囲内かもね。
1回だけ著作権(肖像権)を確認するメールが来ましたが、説明をしたらあっさり審査を通過。
めでたく参加が認められました。
ありがたや。

恐らく賛否両論なので、優勝(賞金100万円!)とかは無理ですが、そこそこイイところまで行ってほしいと思います。
わざわざロッテのガムをイメージしたビジュアルにしたんだし(笑)。

追記:
→「その11 英語曲を歌わせてみる」へ

2009年4月 7日 (火)

タモリ倶楽部のスポンサーから考えるTVCMの未来

先週、アコムがタモリ倶楽部(空耳アワードの日)のスポンサーになっていることを発見。そんな折、こんな記事を見つけました。

深町秋生のベテラン日記
2009-04-06 CM最下層の世界

(略)というわけで、いろいろと賑々しいのだけれど、先日のタモリ倶楽部ではそのタモリが登場するアコムが唯一のスポンサーのようだった。タモリ倶楽部ほどの人気番組でもスポンサーがつかず、今回のCM登場と相成ったのかなと適当なことを思ってしまった。(略)

実は私も同じことを思ったんですが、真偽のほどはわかりません。
さらに記事は---

さてテレビのCMの貧乏臭さを見るかぎり、もうすぐあれだ、消費者金融のCMをあれだけやるのだから、あれのCMもやるんじゃないのかなあと思った。以前こういうエントリを描いた。
(東京。電車。現実と虚構の狭間で)

と続きます。
「あれ」ってのは電車の中でよく見かける「債務者整理相談の広告」のこと。
TVCMの敷居が下がってきて「ご相談ください」ってCMがテレビに登場するのも、そう遠くないのでは?というお話です。


・・・ということは、↓これってけっこう先見の明あるんじゃね?(笑)

「歌う不動産鑑定士」の詳細はこちら

2009年4月 5日 (日)

POSERでロックバンド(その10 いろいろ揺らしてみる)

ミサイルが日本上空を通過しようが、このブログでは能天気に「3DCGソフト『POSER』でロックバンドを作ろう!」コーナーが続いています。
これまでに2曲のミュージックビデオを作りましたが、さらに磨きをかけるべく悪戦苦闘中。
今回は柔らかいものを動かす実験3題。


ステップ1:衣装を揺らす
今回動かそうとしてるものの中で、一番簡単なのが衣装です。
ネット上で販売や配布されているPOSERの衣装にはいろいろと仕掛けがついてて、「スカートの裾をヒラヒラさせる」なんてのは比較的容易に実現できます。
さっそく前回作った映像の衣装を変えてテスト。

森の中でエルフが踊ってる映像・・・には見えないか。
BGMをもっと妖精っぽいものにすれば良かったかもネ。


ステップ2:髪の毛を揺らす
髪も衣装と同様に、動く仕掛けがついてるものがあります。
が、愛用しているこのヘアスタイルには仕掛けがついてない!

髪型を変えることも検討したんですが、この娘のファン(たぶん現時点で1名 笑)になってくれた奇特な人がいて、「あのショートカットがいいんすよ」と言ってくれてるんで、悩ましいところ。
唯一のファンのために、仕掛けを仕込むことにしました。

こちらのブログに書いてあるやり方を大いに参考にさせてもらって(というかそのままやっただけ)、動かしてます。
敬意と感謝の念を込めてリンク&トラックバック。

なかなかイイ感じです。
しかしこんなんでも何かしらのBGMはあった方がいいような気がしてきた。


ステップ3:オッパイを揺らす
前説はここまで。
いよいよ本番です。

やり方は髪の毛と同じなので、Tシャツに仕掛けを仕込みました。
話題の吹石一恵のCMなどを参考にしつつ、モーションを作って前回のダンス映像に適用したんですが・・・

踊りが激しすぎて揺れててもよく見えないことが判明。
仕方がないのでテンポは同じにして踊りをもっと動きの少ないものに変えました。
BGMのムードが全然合わなくなったので、曲も作り直し。もっともループを組み合わせてるだけなので曲の制作時間30分、楽器はもう弾いてない(汗)。

ひとまず成功・・・かな?
揺れが激しすぎるような気がしないでもないが。

前述の唯一のファンは、「きっとスポーツブラとかしてるだろうから揺れは控えめ」と言ってたような。
さらに「アクセサリーは控えめ」なんてのは外見に関することだからいいとして、「お父さんは公務員のはずなので、どことなく真面目そうな感じ」なんてのはかなり意味不明です(笑)。

追記:
→「番外編 ロッテの新製品「Fit's」ダンスコンテストに参加」へ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »