« POSERでロックバンド(その10 いろいろ揺らしてみる) | トップページ | ロッテの新製品「Fit's」ダンスコンテストに参加 »

2009年4月 7日 (火)

タモリ倶楽部のスポンサーから考えるTVCMの未来

先週、アコムがタモリ倶楽部(空耳アワードの日)のスポンサーになっていることを発見。そんな折、こんな記事を見つけました。

深町秋生のベテラン日記
2009-04-06 CM最下層の世界

(略)というわけで、いろいろと賑々しいのだけれど、先日のタモリ倶楽部ではそのタモリが登場するアコムが唯一のスポンサーのようだった。タモリ倶楽部ほどの人気番組でもスポンサーがつかず、今回のCM登場と相成ったのかなと適当なことを思ってしまった。(略)

実は私も同じことを思ったんですが、真偽のほどはわかりません。
さらに記事は---

さてテレビのCMの貧乏臭さを見るかぎり、もうすぐあれだ、消費者金融のCMをあれだけやるのだから、あれのCMもやるんじゃないのかなあと思った。以前こういうエントリを描いた。
(東京。電車。現実と虚構の狭間で)

と続きます。
「あれ」ってのは電車の中でよく見かける「債務者整理相談の広告」のこと。
TVCMの敷居が下がってきて「ご相談ください」ってCMがテレビに登場するのも、そう遠くないのでは?というお話です。


・・・ということは、↓これってけっこう先見の明あるんじゃね?(笑)

「歌う不動産鑑定士」の詳細はこちら

« POSERでロックバンド(その10 いろいろ揺らしてみる) | トップページ | ロッテの新製品「Fit's」ダンスコンテストに参加 »