« 容赦のないコメントで火だるま「ドレミッタ」 | トップページ | 「初音ミクフェス'09(夏)」の映像がかなり衝撃的な件 »

2009年8月31日 (月)

不気味の谷対策

前エントリのとおり、CGミュージックビデオ「Ready for your Love」を1週間で3万人ぐらいに見てもらいました。
ありがたや。

Ggところが感想は「ボーカルの顔と動きが気持ち悪い」のオンパレード(笑)。
作った本人はけっこうカワイイ(→)と思ってるんだけど、世間とはだいぶギャップがあるらしい。
見慣れるとそうでもないと思うんだがなぁ、初見では気持ち悪いのかなぁ。

中に「不気味の谷だな」という意見があって、これは私もどうしようか考えていたところなので、この機会に試行錯誤してみることにします。

Wpdms_fh_uncanny_valley_3「不気味の谷」とは、ロボットやCGを人間に似せていくと、あるポイントから急に気持ち悪く感じる現象のことで、wikipediaにとてもていねいに書かれています
グラフがわかりやすいので引用してみました。


YouTubeにそのものズバリ「The Uncanny Valley(不気味の谷)」という動画がありました。
このビデオ、不気味度の具体例が示されててとても面白い。

例1:赤いライトと声だけのHAL
Uncannyvalley00_2
グラフの一番端っこ。
もちろん2001年宇宙の旅のあいつね。


例2:人間には見えないけど、とても可愛い
Uncannyvalley01
不気味ゾーンの手前、一番安全なところ。
これを気持ち悪いと思う人はいないと思う。例の引き方がウマイ。


例3:ちょっと違和感アリ?
Uncannyvalley02
・・・ちょっと?
動いてるところを見ると、かなり気持ち悪い。


例4:ちょっと恐い
Uncannyvalley03
「ちょっと恐い」どころではなく、不気味すぎて夢に出てきそう。
動いてるとなおさら。


例5:不気味の谷の底
Uncannyvalley04
でも個人的には例4の方が恐いかも。


例6:谷底その2
Uncannyvalley05
キャプション読めません。


例7:ポーラーエクスプレス?ゾンビエクスプレスの間違いだろ
Uncannyvalley06
ポーラエクスプレスってのはこの映画のタイトルなんですかね、よくわからない。
個人的には全然大丈夫なんだけど・・・。


例8:悪くはない、でも良くもない
Uncannyvalley07
厳しい。
オレだったら「不気味の谷を克服したぞ」って宣言しちゃう出来。


例9:不気味の谷を超えた?
Uncannyvalley08
これはネットでも話題になってたエミリーですね。
これでも「?」がついちゃうんですね・・・。


確かにこの基準では、私のビデオは谷底付近かもです。
自分では谷の手前にいたつもりなんだけど。


不気味の谷を回避する方法は、海外では「擬人化-ロボットやモンスターを主役にする」なんだけど、これはモデリングが出来なければ無理。
日本では「アニメ絵化」だからね、こっちの方がまだハードルが低い。

少し「萌え」を研究してみるか(笑)。


「不気味の谷」動画

ポリゴンキャラクター関連本

« 容赦のないコメントで火だるま「ドレミッタ」 | トップページ | 「初音ミクフェス'09(夏)」の映像がかなり衝撃的な件 »