« 好き好き!リッケンバッカー | トップページ | 海外サイトに取材されました »

2010年3月17日 (水)

YouTubeのスパム被害と対策

YouTubeでスパム被害にあいました。
今後のためにも顛末と対応をメモしておきます。

↑この動画に「I had to throw up=(動画を見て)ゲロ吐いた」というコメントがあったのが月曜の深夜。
おやおやと思ってるうちに、30分おきぐらいにFUCKだとかSHITだとかのコメントが並び、翌朝見てみると悪口だらけの英文コメントが10個ぐらい、1つ星(最低レート)が20個ついてました。
げげげと思って調べてみると通常の数倍のアクセスが。

Chart

これはどこかのサイトに悪口を書かれたな、と思ってリファラを調べるも、リンク元が判明しない。
ここで以前賢人に教えてもらったアドバイスを実行しました。

・コメントをスパム報告
・書き込んだユーザーは今後アクセス禁止
・相手のチャンネルへの報復等はしない

さらに、FUCKやSHITを含むコメントを通報してみたところ、数時間(?)もしないうちにYouTubeがコメントを削除。
なので、現時点で残ってるのは比較的まともなやつだけです。

その後2日が経過してコメントもレートも沈静化。
カウントしてみると1日で30件程度のアクセスだったビデオに、その日だけは500件近くのアクセスがあり、一見すると人気動画に(笑)。
内訳はアメリカ人・カナダ人・イギリス人がほとんど。
不思議なことにリンク元は不明のまま。
YouTubeの分析レポートでは、スパマー達がこの動画を見つけたのは「クチコミその他」となっているのですが・・・。
てっきり海外の2ちゃんねる的なサイトに書かれたと思ったんだがなぁ。違うのかなぁ。

ということで、みなさまもスパムにやられたらこれを思い出してください。
さて、ここでひとつお願いです。
ここまで読んでくれてYouTubeのアカウントをお持ちの心やさしい方は、ログインしてこのビデオの星を少しでも増やしてやってくれると嬉しいかも。
星2つじゃ熱演してるフィギュアがかわいそうだからね(←すでに現実と区別がついてない 汗)。


→海外サイトに取材されました

« 好き好き!リッケンバッカー | トップページ | 海外サイトに取材されました »