« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月28日 (金)

意外なところでiPadに遭遇

20100528blog本日は日本中いたるところでiPadお祭り状態ですが、私も意外なところで遭遇しました。
某客先にいくとiPadが堂々と机の上に(持ち主の控えめなVサインもさりげなく映ってます)。
聞くと、予約ナシだったけど始発で渋谷まで行ってSoftBankショップに並んだら、20番であっさりとゲットとのことでした。
テレビとかにインタビューはされなかったそうです。
残念。
記念にちょこっと触らせてもらうと、動きの軽さに感動。
ただ、あらためて触ってみると、まんまでかいiPhoneという印象でした。
iPhone持ってる人間に必要なのか、まだよくわからん。

2010年5月20日 (木)

やや恥ずかしいゼロ年代映画ランキング

昨年末あたりにネットでよく見かけたゼロ年代(2000~2009)映画ベスト10企画。
自分でも途中まで書きかけたやつを今ごろになってアップ。
見てもいない映画の悪口書いてるのもカッコ悪いからね。
ということで、1位から順に、amazonリンク(超汗)と今さら説明。

第1位
マルホランド・ドライブ(2001)

これについてはこの日のブログに書いてるので詳細は割愛。
とにかく大好きです。
DVDを何回見たかわかりません。
あげくの果てに、物語を時系列順に並べ直して自分で再編集までしてしまいました。
ジルバ大会→レズシーン→ドライブ→パーティー→ファミレスでの殺人依頼・・・なんて具合です。

いかん、初っ端から長くなりそうなので次。


第2位
ジョゼと虎と魚たち(2003)

ううむ恥ずかしいが仕方がない。
これまたこの日のブログに書いてるので詳細は略。
とにかく池脇千鶴が最高すぎる映画です。これ以降いまいちパッとしないのがとても残念。

当時も書いてますが、この物語の最大の欠点は、プロットだけ聞くと超つまらなそうな映画に思えること。
だって「どこにでもいそうな大学生と足の悪い少女の出会いと別れ」だぜ?
そんなのデビッドリンチ好きな奴が見るわけないじゃん!


第3位
Mr.インクレディブル(2004)

実はDVDでしか見たことないけど入れてしまえ。
普通に見ても傑作ですが、コメンタリー込みだと面白さ倍増です、3DCGを作る者の端くれとして。
食事シーンで、テーブル上の配置チェックで死にそうになった、とスタッフが爆笑してるところは何度も巻き戻してしてしまった。

ちなみにこの作品のヒロインである「イラスティガール」は、私のビデオに出てくるガンマガール(←)のパクリ元のような気がしてなりません。
どちらも典型的なアメコミヒロインのパロディなんで、似てて当然っちゃ当然なんですが。
イラスティガールはウチの子に比べてずっと表情豊かなので(悔)、機会があればぜひチェックしてみてください。


第4位
嫌われ松子の一生(2006)

「下妻物語」とどっちにするか迷った末こちら。
お話自体にガツンと来たのは言うまでもありません。
が、あらためて考えるにこれだけの悲惨な話をコメディに仕上げた製作者の力量に脱帽。
中谷美紀が失踪した話なんかも聞いて、苛烈な現場に思いを馳せました。
今後、中島哲也監督の作品は欠かさずチェックしようと決意したものです。

・・・などと言いつつ、まだ「パコと魔法の絵本」を見てないダメなわたし(汗)。


第5位
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009)

ううむカッコ悪いけど仕方がない。
2009年夏の日テレ再放送が私のエヴァンゲリオン初体験。世間から15年遅れ。
その再放送当時に山中湖に遊びに行ってしまったことが運のつき。同行者に「私は会社でエヴァ部部長の役職を(勝手に)名乗っています」というメンバーがおり、話題を振ったオレがバカだった。
そのあと48時間ぐらいず~~~っと、「いいですか、テレビ版の最終回を見るまでは旧劇場版は見てはいけません。必ずテレビ版→旧劇1→旧劇2→新劇1の順に見て、今上映されている「破」を劇場で見てください。旧劇1は総集編なんですが、重要なシーンが追加されているのでちゃんと見てください。破はDVDになってから見ようなどと甘い考えは許しません、必ず劇場で見てください。さあ早く!急いで!」と耳元で言われ続けました。
「大きなお世話よ、エヴァ部長」と心の中で思いながらも、まんまとハマりました。

でも、他の映画がせいぜい2~3時間の情報量に対して、これは数10時間の映像と、さらにネット上に洪水のように溢れかえってるテキストと、ついでにエヴァ部長の熱い言葉が私の頭の中にどっと押し寄せてきたからね。
単純に比較できない気がしないでもない。
でなければこのオレ様がアニメなんかにハマるわけが---
はい、言い訳でした。


・・・5位まででこんなに長くなってしまった。
6位以降はあらためて。
なんでアレが入ってないの?」てのがあればコメントいただけると嬉しいです。

2010年5月19日 (水)

「矢島美容室 THE MOVIE」の映画評

超映画批評で「矢島美容室 THE MOVIE」がオススメ映画(70点)に!
ビックリしたので思わず書いてしまいました。

大半の方は気にもしてないと思いますが、私が知る限り、この映画の良い評判を見たことがありません(注:サクラを除く)。
ではなぜそんな映画をチェックしてるのか?
それは愛聴している「シネマハスラー」というPodCastで、これ以上ないほど酷評されていたからです。
どんだけひどいのかと思ってね。
もちろん映画は見ちゃいません。

シネマハスラーはライムスターの宇多丸がやってる、当代随一の映画評です。
3月に出た、放送をまとめた本(→)もベストセラーのもよう。私も買いましたが、DVDレンタルの参考に超なります。
めちゃめちゃ頭いいです、この宇多丸って人。

もし環境が許せば、下記リンクの映画評をチェックしてみてください。
断言しますが、映画を見るよりもこれを聴いた方が100倍役に立ちます、映画を見たわけではないので「100倍」というのはテケトーですが。

ザ・シネマハスラー
「矢島美容室 THE MOVIE 夢をつかまネバダ」評(2010.05.15)

ポッドキャストはこちら
ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル

2010年5月 9日 (日)

爆笑動画「Kiss shreds」

シャレのわかるすべてのロックファン必見の爆笑動画、Kiss shreds。
昨晩発見してから超ヘビロテ中。

2007年にロックバンドの面白ビデオでブレイクしたSt Sanders。
当時もビデオを引用しましたが、見ると案の定動画は削除済。
でも調べたらあっさり別アカウントを発見。
2007年当時とはYouTubeの状況も変わってきてるから、許可動画になってるような気がしないでもない。真相は不明ですが。

2007年当時はへなへななギターを重ねてただけだけど、最近のやつはほとんど「吹き替え」になってます。
KISSのビデオも1分24秒にあるセリフ「カメラどこ?!」が外人にバカウケのようです。
言うまでもなく演奏の完成度もすごい。

KISS以外にはストーンズやヴァン・ヘイレンなんかもあってこれまたすごい完成度。気に入った方はぜひアカウントをチェックしてみてください。

StSanders on YouTube

2010年5月 3日 (月)

スペイン人青年からの謝罪

以前書いた「著作権侵害されたけど、どうすればいいの?」の顛末です。
結論から言うと、謝罪の言葉とともに、音源を差し替えてもらいました。
案ずるより産むが易し。サンキュー、LOKUENTOS(ロクエントス・・・何て読むの?)

以下、簡単な経緯です。

曲を使った人を調べてみると、私のSubscriber(YouTubeで言うところのサポーター)であることが判明。
 ↓
それどころか、私のビデオに何回もコメントをくれていたことが発覚、つまり熱烈なファン(?)でした。
 ↓
「コモエスタビエン?いつも見てくれてありがとう、ところでそいつはオレの曲じゃないか?」とメール。とりあえず「Simon Pure Musicのクレジット入れてくれる?」と注文。
 ↓
即効で返信アリ。「ごめんなさいマイフレンド、ファンタスティックな曲をありがとう」と、いまいち要領を得ない回答。
 ↓
あらためて「じゃあクレジット入れてね」と返信すると---
 ↓
翌日のメールで「曲を差し替えました」と返信アリ。確かに音だけ差し替わってました。Audio Swap機能ってこうやって使うのか。


それにしてもテキストでクレジットを入れる方がずっと簡単なはずなのに、「Simon Pure Music」って入れるのがよっぽどイヤだったのかな?
カッコ悪いレーベルロゴ(→)入れろなんて言ってないんだがなぁ(笑)。

POSER8日本語版4月30日発売

ここ1年間のこのブログの最頻出単語、「POSER」のバージョン8日本語版が4月30日に発売になってました。
自分のGoogleアドセンスをうっかりクリックしそうになって気づきました。アホです。

これがあればこんな動画こんな動画がバシバシ(?)作れます。
パッケージを見ると、日本人向けのフィギュア(POSER界隈では成海璃子と噂されている)が用意されているっぽいのですが、真相は不明。
この困り顔がなかなかヨイです。
さあ、今すぐ右のamazonのボックスをクリック!

ちなみに1つ前のバージョン7もまだ売ってますが、中古品をはじめとした外部販売が目につきます。

◆POSER 7をamazonで検索。
ちゃんと調べてないけど、キャンペーン版でも、アップグレードすると高くなっちゃうパターンかもネ。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »