« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月23日 (水)

超必見映画「プテロドン」

ドラゴンに乗って近代兵器と戦うムービーを作るため、最近はつとめて参考になりそうな映画を借りてました。
本家のアバターはもちろん、ナウシカやラピュタ等の定番から、果ては「ドラゴンもの」や「翼竜もの」なんかにも手を出しました。
後者はB級どころかC級以下の映画ばっかりなんですが、その中でも「プテロドン」は極めつけにひどい1本でした。
あまりにもひどかったので半笑いでご紹介。

◆超安いセット
舞台は太平洋戦争末期のどこかの島。
日本軍を追いつめた米軍が、そこで新たな敵、古代の翼竜プテロドンと対決することに!というお話。

日本軍が洞窟をさぐる場面から映画はスタート。
ファーストシーンの安さに目がクラクラします。
ドリフのコント並。

◆日本語で会話する日本兵
こうした映画では珍しく、日本兵同士は日本語で会話します。しかし発音がめちゃくちゃなので聞き取れず、日本語に日本語字幕が出ます。意味ね~。

さて、洞窟内でプテロドンに襲われ、3人だけになってしまった日本軍は米軍の捕虜に。
窓が大きく開いた掘っ立て小屋に3人を軟禁、見張りは1人。
ダメだろそれじゃ。

捕虜の日本人は朝のお祈りで頭に塩を撒いたりします。
はいはい。

◆登場人物の行動原理がことごとく不明
ヒロインの飛行機乗りのねーちゃんと準主役のオヤジ(大佐)は、深夜、夜行性のプテロドンの森に軽装備で入っていきます。
なぜかは不明。

かように登場人物の行動原理がことごとく理解不能なのですが、中でも一番わからないのはプテロドン君たち。
彼らはなぜかゼロ戦に特攻してくるのです、武器は爪しかないのに、相手は機銃を撃ってくるのに。
ゼロ戦を襲ってもさほどいいことはないと思うのだが。

◆その場で作ってるような脚本
結局米兵と日本兵とで故障したB-29を修理し、プテロドンがのさばる島から脱出することに。
でもその修理のようすが、キャンプ場でだらだらしてる中学生にしか見えない。

日本兵の1人が仮病になるとなぜか全員で看病、そのすきに他の日本兵がこっそり抜け出し、B-29に積んである爆弾を発見。
なぜかそこにガイガーカウンターがあり、それを原爆だと知ってしまう。

・・・この映画作ってるお前ら、ストーリーを撮影現場で考えてないか?

◆雑な作戦と雑な説明
続けます。
脱出するための燃料を、日本軍の保管場所から運び出すことに。
そこはプテロドン営巣地のすぐ横。
さしたる護衛もナシでドラム缶を運び出すヒロイン達。
作戦の肝は「そーっとやる」(笑)。
ドラム缶の腹にでっかく日本語で「燃料」と書いてあるのが笑える。
燃料満タンのドラム缶を、たった2人で苦もなくトラックの荷台にのせられる怪力もすごい。

当然ながらプテロドンに見つかり、バトル開始。
もっとも危険な場所で作業していた大佐を1人残してトラックで逃げるヒロインたち。ひどい。
大佐は銃で応戦、ドラム缶に穴!漏れた燃料が地面に!
そこに照明弾で火だるまになったプテロドンが落ちてきて大爆発。
どう考えても大佐、死んでます。

ところが、その直後の日本兵の反撃(←やっぱりね)でピンチになったヒロインたちを、物陰から助けて「実は生きてました」。
顔がちょっと黒くなっただけでなぜ爆死しなかったのか、説明は一切ナシ。
もちろんトラックと同じぐらいのスピードで徒歩で移動してきた理由も一切不明。

このあと反撃しようとした日本兵を撃った大佐を、相手が瀕死だったのに、という理由で非難するヒロイン。
なんで?あんたら戦争してるんじゃないの?

◆再び「実は生きてました」
燃料も手に入ったし、邪魔な日本兵は皆殺しにしたし、あとはB-29とゼロ戦2機で脱出するだけ。
3機が離陸するとプテロドンの大群が!
ゼロ戦の1機は勇敢なプテロドンの特攻に遭って墜落。
もう1機もエンジン不調で行方不明に。

護衛機がいなくなったB-29を主人公が操縦し、大佐は機関砲を撃ちまくる。
しかしまたもや勇敢なプテロドンの特攻に遭い、大佐は負傷。
侵入してくるプテロドンを落とすため、うっかり原爆も一緒に落としてしまう
大佐は「原爆を落としてしまった、全速力で上昇しろ」と主人公に伝えてこれまた落下。

直後、原爆がB-29の真下で大爆発。
プテロドンは全滅。
B-29は爆発に巻き込まれることなく、辛うじて離脱に成功。
するとそこに行方不明だったゼロ戦が。
「ちょっと!原爆落とすなんて聞いてなかったわよ!」
なぜ脱出できたのか説明は一切ナシ。

◆高速テロップの秘密
そのあと2人のさして意味のない会話があって、なんかイイ雰囲気っぽく終わってるけど、現実は南の島に原爆を落としてしまった地獄絵図。

やけに高速でスクロールするエンドロールが流れて映画は終わります。
この映画に関わった人間の名前をわざと読みにくくするため、スクロールが超早いのだと思うのだけれど、真相はいかに?

2010年6月21日 (月)

新作ムービーに早くも海外から「泣ける」とのコメントが

アバターを見てから「ドラゴンに乗って近代兵器と戦うムービー」をコツコツと作ってました。
昨晩やっと完成。
よかったら見てやってください。
説明のためのセリフや字幕がないので、ストーリーや音楽の使い方は「ベタベタ王選手権」並のベタさ。
でもおかげで海外から「泣ける」とのコメントをもらいました。
サウンドにはすげー気をつかったので、ヘッドホンで聴いてもらえるととても嬉しい。

◆ウザ解説
過去に作ったバンドものと違って、SFファンタジーものは3Dアイテムが豊富。
おかげで材料集めがとても楽でした。
武器やら何やらは無料のものがゴロゴロ。
巨大戦艦やらロボットは2ドル(笑)。
出来もすごくいい。

BGMはライセンスフリーの曲を使ってます、こんなのオレに作れないし。
エンドロールでは、パブリックドメイン(著作権が消滅してる曲)のMIDIを拾ってきて流してみました。
これも初の試みだけど、とても楽だった。
結果、自作曲はゼロという体たらく。

効果音はネットでいろいろ探したんだけど、利用条件がけっこう微妙だったので、図書館で借りたものを使いました。なんとな~く古くさいのはそのため。

ヒロインは「Sexy Tongue」「Can I be a Virtual Fantasy ?」「Beauty on The Beach」と同じ。
アクションが多いので短髪にしたら何やら蓮舫チックに。

それにしてもこれが15年、いやせめて10年前に作れてたら、飯が食えるレベルだったんだがなぁ(脱力)。


→BGMを担当した同人作品「somnio(夢)」公開

2010年6月16日 (水)

見てから読むか?読んでから見るか?「告白」

結論から言うと、どちらでも違和感なく楽しめると思います。

私は先に映画を見ました。
前評判どおりすごい映画でした。
22時からの最終回でほぼ満員。
映画が始まって1分で集中。
上映中の客席は寂として声なし。
最後のテロップでも席を立つ客皆無。
これに勝てる映画ってそうそうないんじゃない?と思いつつ、帰り道に原作本を買いました。
友達のmixi日記に「寝る間を惜しんで読んだ」とありましたからね。
※心なしか文章が松たか子口調に(笑)。

本を開いたのが深夜の1時半。
このまま朝まで読み続ける羽目になったらやばいと思いつつ、映画とまったく同じ感触だったので、安心(?)して中断することができました。
とはいえ翌日にはもう読了。
まるで映画のための原作本のように思えました。

原作モノの映画だと、映画と小説のバランスが異なる場合がよくあります。
長編が原作だと映画はダメダメなことが多く、短編だと映画の後から小説を読んで「?」なことが多い・・・かな。
前者は「20世紀少年」を筆頭にマンガ原作ものほぼ全部、後者は2001年宇宙の旅の「前哨」とか、「ジョゼ虎(また出た 汗)」とか。「時をかける少女」なんかもこのパターンでしょう。

もっともタイトルにある「見てから云々」というのは、確かひところの角川映画が発明したキャッチコピーで、横溝正史映画なんかによく使われてた記憶があります。
あれはあれで原作も映画もひどかった(あくまで私見)ので、ある意味バランスが取れてたかもネ。

「告白」はどちらが先でも違和感なく---過不足なく、というべきか---見られる稀有な例だと思います。
細かな違いはたくさんあります。
「どっかーん」とか少年Bの家族構成とか。

とういことでどちらもオススメです。

2010年6月 8日 (火)

とてつもない2人のドラマー

YouTubeで見つけたすごいドラマーの動画をツイッターでつぶやいたら

すかさずかつて一世を風靡した動画を紹介してもらいました。
知らなかったんでこちらも掲載。
面白さではこっちが上かも。

すべてのプレイヤー、特にドラマーのみなさま必見です。

2010年6月 7日 (月)

冷や汗もののダメ英語を使っていたらしい

読んだ方もいると思いますが、「【英語】知らないで使うと、恥をかくことになる7つのNG単語」が私にはショックでした。

YouTubeでCG動画を公開するようになってから、海外からコメントやメッセージをときどきもらうようになりました。
1回の往復ならまだしも、中には何回もやり取りをする相手も発生して、たぶん学生時代よりも自分の意志を英語で伝える機会が増えています。

リンク先の記事にある「ダメ英語」で、私がよく使ってるのはこの3つ。

引用)Interesting.(面白い、本当は面白くないけど)
この単語を相手に言われても、相手は実は面白いとは全然思っていません。 むしろ、ちょっと変でばかげているけど露骨には表現できない、そんなときに使われます。

・・・えっ?英語にもそんな本音と建前っぽいのがあるの?(汗)
「あなたの3DCGビデオにとても興味があります」ってな感じでよく使ってるよ。
なんたって「試験に出る英単語(シケタン)」世代だし(解説略)。

引用)Nice.(たいしたことないですね)
nice は言い方によっては「たいしたことないと思っている」と相手に誤解されるニュアンスを含んでいます。

これも連発している(汗)。
ユアビデオイズソーナイス!ってね。
やはり「グレート!」だけを使い続けるのが無難なのかしらん?

引用)What's your problem?(なんか文句あんのか?)
ビジネスの場面でも「問題点」を聞き出すことはよくあること。しかしそこで What's your problem? では周囲の人まで気まずいくらいに驚いてしまいます。

やばい。
そのうちブログに書くけど、現在海外の人とコラボでビデオ作ってます(音楽のみ担当)。
音源や映像をやり取りするときに、これに近いことをよく言ってる。
「この音源に何か問題あるかい?」って感じで。

てな具合に冷や汗モノの例が全部で7つ。
お時間のある方はチェックしてみてください。
私は趣味の範囲だからいいけど、海外と取引なんかしてる人は心臓に悪いかも(笑)。

2010年6月 2日 (水)

AMAZONで楽器の取り扱いスタート、ピックも弦も買える

いつの間にか、AMAZONで楽器の取り扱いが始まっていました。

「お?1位はストラト?それともアニメの影響でレスポール?」とか思ってランキングを見てみると、現時点では上位はマイクとかチューナーが占めています
あとはやっぱりDTM関連?
ボーカロイドとかもね。

ただ、タイトルにも書いたとおり、弦やピックも買えるようになったので、気軽にポチしてしまいそう(→)。
どうせほとんど弾かないクセに(汗)。

AMAZONアソシエイトブログ(2010/05/27)
楽器ストアのサポートを開始しました!

※速攻で追記
もしかしたら楽器ショップは昔からあって、単にアフィリエイトが始まったってだけ?(汗)
今となっては調べようがないんで、間違い記事だったら許してちょ。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »