« とてつもない2人のドラマー | トップページ | 新作ムービーに早くも海外から「泣ける」とのコメントが »

2010年6月16日 (水)

見てから読むか?読んでから見るか?「告白」

結論から言うと、どちらでも違和感なく楽しめると思います。

私は先に映画を見ました。
前評判どおりすごい映画でした。
22時からの最終回でほぼ満員。
映画が始まって1分で集中。
上映中の客席は寂として声なし。
最後のテロップでも席を立つ客皆無。
これに勝てる映画ってそうそうないんじゃない?と思いつつ、帰り道に原作本を買いました。
友達のmixi日記に「寝る間を惜しんで読んだ」とありましたからね。
※心なしか文章が松たか子口調に(笑)。

本を開いたのが深夜の1時半。
このまま朝まで読み続ける羽目になったらやばいと思いつつ、映画とまったく同じ感触だったので、安心(?)して中断することができました。
とはいえ翌日にはもう読了。
まるで映画のための原作本のように思えました。

原作モノの映画だと、映画と小説のバランスが異なる場合がよくあります。
長編が原作だと映画はダメダメなことが多く、短編だと映画の後から小説を読んで「?」なことが多い・・・かな。
前者は「20世紀少年」を筆頭にマンガ原作ものほぼ全部、後者は2001年宇宙の旅の「前哨」とか、「ジョゼ虎(また出た 汗)」とか。「時をかける少女」なんかもこのパターンでしょう。

もっともタイトルにある「見てから云々」というのは、確かひところの角川映画が発明したキャッチコピーで、横溝正史映画なんかによく使われてた記憶があります。
あれはあれで原作も映画もひどかった(あくまで私見)ので、ある意味バランスが取れてたかもネ。

「告白」はどちらが先でも違和感なく---過不足なく、というべきか---見られる稀有な例だと思います。
細かな違いはたくさんあります。
「どっかーん」とか少年Bの家族構成とか。

とういことでどちらもオススメです。

« とてつもない2人のドラマー | トップページ | 新作ムービーに早くも海外から「泣ける」とのコメントが »