« オークリサーチ着うた配信開始のお知らせ | トップページ | 地上150mのストリートライブ、12月12日(日)オークリサーチat東京タワー »

2010年11月10日 (水)

二度と見る気ない「ベルベット・ゴールドマイン」

たいていの音楽好きがそうだと思いますが、自分の好きなジャンルの音楽を扱っているというだけで、映画の点数は甘くなりがちです。
ここのレビューも4点や5点が多くて、自分でもバランス感覚を欠いてる感じがイヤでした。
これが初めての1点映画です。

言いたいことはひとつ。
この映画作ったやつ、ボウイに曲の提供を断られた時点で制作中止にしろ、
ってだけ。

Tレックスにしろイギー・ポップにしろ、ちゃんとテレグラムサムや犬になりたいを歌ってます。
ところが、主役のボウイの曲だけはそんな理由でパチモノ曲。
これが微妙に似てるだけにダサくて気持ち悪くて気持ち悪くて。
ジギースターダストやアラジンセインを愛した私にとって、あの楽曲は許せないものでした。
キング・クリムゾンの伝説を描いた映画を見たら、ロバート・フリップがエマニエル夫人を演奏していたと思ってください(※よくわからない人はこのWikiPediaの「豆知識」を参照)。
パチ曲が流れてる場面はどんどん早送りしたので、あっという間に終わったけどね、映画。
ストーリーも全然覚えてない。
最後は死んじゃうんだっけ?どうでもいいけど。

1時間半の映画の中でカッコよかったのは、Tレックスに扮するバンドが演奏する2分間のシーンだけ。
ユアン・マクレガー扮するイギー・ポップも全然カッコよくなかったし。
音楽映画で音楽が良くないとゴミになる典型的な例だと思います。

ベルベット・ゴールドマイン(1998年イギリス)
原題:Velvet Goldmine
監督:トッド・ヘインズ
採点:★☆☆☆☆(5点満点中1点)
ひとこと:ボウイファンは見ちゃダメ

« オークリサーチ着うた配信開始のお知らせ | トップページ | 地上150mのストリートライブ、12月12日(日)オークリサーチat東京タワー »