« 母乳 by Crazy Shun Band Special | トップページ | 外付けHDDの「巡回冗長検査(CRC)エラー」地獄 »

2011年1月23日 (日)

「ルパン走り」の研究

「CG WORLD」という雑誌に「ルパン走り」の記事があったので、真似をしてみます。ソースはこちら

リンク先で紹介されている動画を分解してみると、人物のポーズは全部で8コマ。並べてみるとこんな感じです。

S01S05
S02S06
S03S07
S04S08

POSERでテンプレートとして用意されてる走り方よりも、かなりアニメ寄りです。特に空中ポーズが特徴的。
この8コマを並べてみるとこんな感じになります。

ということで、早速POSER起動。
動画には8コマ必要ですが、実際には(1)と(5)、(2)と(6)などは単に左右が反転してるだけなので、作らなければいけないポーズは4つだけ。

1)フィギュアを呼び出す。
個人的に身体のバランスが一番イイと思ってるこのフィギュアを使います。
00

2)背景に1コマ目を読み込む
POSERには「背景画像を読み込む」機能があります。ここでは1コマ目を読み込んでいます。
フィギュアの奴がどんよりして見えるのは、これからの作業をイヤがってるんじゃなくて、単に照明の問題(笑)。
01_2

3)ポーズを作っていく
1コマ目はこんな感じ。
ルパンに比べるとプロポーション、特に手の長さが全然違うので、完成は見本と違ったものになりそうな予感。
R01

4)動画にしてみる

これだけでは面白くないので、街中を走らせてみます。
セットはこのときに男が恐竜に追われてるシーンで使ったやつ。

5)セット内を走らせてみる

音ナシだと面白くなかったので、このときの曲使い回し&足音を入れてみました。
こうして見ると、主人公が何か理由があって、無人の街を走り回ってるように見えなくもない。
実際は色んな角度から撮った動画をまとめてるだけなんですが、そこが映像&編集マジックなのかも。

→【3DCG】作りかけ放置していた動画を音楽の力で完成させてみる

« 母乳 by Crazy Shun Band Special | トップページ | 外付けHDDの「巡回冗長検査(CRC)エラー」地獄 »