« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

おたよりコーナー

先日YouTubeに公開したムービーにちょっとびっくりするコメント(※)がつきました。
誤字脱字を修正して一部を抜粋します。

Touching movie has inspired me to talk to my sister for the first time in 12 years.
Thanks, this could be the start of something huge for me.

訳)
感動的な映画は、私を12年ぶりに私の姉(妹?)に話しかけさせてくれました。
ありがとう。
私の中で大きな一歩となりました。

コメント主はイギリス人。
少なくとも12歳以上。
それ以上は不明ですが、もしかしたらヒッキー君だったのかも…って性別も不明なんだが。
いずれにせよこんなの初めてでちょっと感動。

※コメントはビデオのページではなく、私のチャンネルページに書きこまれました。

↓こちらコンテスト参加用の30秒ダイジェスト版

2011年9月26日 (月)

十代の少女のみが魔法を使える

というタイトルのムービーです。
童貞のまま30歳を迎えると魔法使いになれるという説とは何の関係もありません。

以下、うざい解説です。

この動画はエンディングを決めないで好きな場面から作り始める「デビッドリンチ方式」で作られています。
当初は巨大マンタの上で飛行石を奪い合うラピュタみたいな話にしようかとぼんやり思っていましたが、アクションが難しすぎるのでやめて、今のエンディングにしました。
ファンタジーになったので、色彩もそれっぽく派手にしました。
しかしコメント欄でストーリーを勘違いしてる外人もいるようなので、野暮を承知で説明します。

◆あらすじ
快活な小麦色の少女とペンギンが空の散歩中。
名前は不明ですが「キキ&ジジ」「ナウシカ&テト」「ミサト&ペンペン」なんて名前かも知れません。
バックにはユーミンの「やさしさに包まれたなら」が流れててもいいような気がします。

そんな2人が空飛ぶマンタの群れを発見し、やがて超巨大マンタに遭遇します。
マンタに上陸してそこにあった光る石を手に取ってみると身体が空中に!
これが伝説の飛行石なのか?
やがて巨大マンタは飛び去っていきます。

数年後、美しく成長した娘は、大人になったペンギンと一緒にあの超巨大マンタを目撃します。
手にはあのときの飛行石が。
すでに飛行する能力は失われていますが、現在の彼女と同様に落ち着いた輝きを放っています。
そう、この動画のタイトルの通り「十代の少女のみが魔法を使える」のです。
アニメの彼女の飛行能力が年齢とともに落ちていったように…


ということで、できあがってみると、ほぼ「魔女の宅急便」のオマージュなのでした。浅いな。


→【3DCG】神本「FLASHアニメーション制作バイブル」

2011年9月22日 (木)

幼少時から憧れ続けていた食べ物が現実に

Img01スーパーで「さけの中骨缶詰」を発見したときには我が目を疑いました、現実には存在しない食べ物だと思っていただけに。
幼少時には鮭缶に1つか2つしか入ってない背骨を、どちらが食べるかで弟と争ったものです、懐かしい。
あのころもっと背骨を食べていれば、こんな短気な性格にならなかったかもなぁ(遠い目)。

私の妄想では、缶詰を開けると、タバコを開封したときみたいに背骨だけがギッシリ詰まってるはずでしたが、そこはちょっと残念、「写真2」のようにもう少し常識的な内容でした。
写真ではちょっとわかりにくいかも知れませんが、要するに「背骨に絡むパーツ」のみで缶詰が構成されています…って余計わかりにくい?(汗)

Img02これに醤油を1たらししただけで、ご飯3杯は楽勝。
幼少時からの憧れが200円足らずで実現するなんて!
まるで夢のようです。


ところでこの缶詰っていつ頃からあるの?単にオレが世間から何年も遅れてて今ごろ騒いでるだけ?

2011年9月 2日 (金)

IMDbベスト10を見た個人的なつぶやき

IMDbネタが思ったより食いつきが良かったので続編です。ベスト10を見た個人的なつぶやき。

ショーシャンクの空って妙に評判が良かったから後追いで見たけど、そんな凄い映画なの?いまいちピンと来なかった…

ゴッドファーザーは遠い昔に映画館で見た限りで、ソニーが殺されるシーンとマイケルの嫁が爆死するシーンと最後の大殺戮---特にモーグリーン---が印象的だけど、ガキの感性が正しく受け止めてるとは思えない。

パート2はVHSで見たきりだし…。

続夕陽のガンマンは未見。

パルプフィクションはトラボルタがあっさり死んだところで目が点&爆笑したけど、それ以外はあまり印象に残ってない。

12人の怒れる男シンドラーのリストはちょっと真面目すぎてどうなの?って感じ。

やっぱりこの上位陣の中で一番ガツンと来るのは「カッコーの巣の上で」です、個人的には。

9位と10位のダークナイトインセプションも「10年早い」でいいよね?

…本当は88位がベストなんだけど、119位も低すぎだろ?

なんてのが本音です。
みなさんの雑な感想なんかも教えてもらえると楽しいかも。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »