« iPhoneのパノラマ撮影アプリでスカイツリー | トップページ | 映画ツイート実験 »

2011年12月30日 (金)

今年劇場で見た最高は「猿の惑星」、最低は「トロン・レガシー」だが……

「猿の惑星」が最高、「トロン・レガシー」が最低というのは、あくまでも封切り作品内で、ということです。
数えてみたら今年見た新作は20本程度なので語る資格はありません。
ただ、地デジ化のおかげでやたらとテレビムービーを録画するようになり、レンタルDVDなんかも含めるとたぶん軽く100本、いや150本は見てます、旧作ばかりだけど。

なので自分用に、今年見た映画(旧作も含む)のワーストとベストをメモしておきます。


◆ベストムービー
「カンフーハッスル」
(2005年香港)
さっき初めて見た「ライフオブデビッドゲイル」と迷ってコレ。
テレビ録画して予備知識ゼロで鑑賞。
どうせ半笑いで見るような映画だと思って斜めに見ていたら、冒頭のカメラワークで「あ、これちゃんと真面目に作ってる映画なんだ」とビックリ、画面に吸い込まれていきました。
途中まで主人公が誰だかわからないし、思いもよらない展開の連続で、最後まで目が離せず。
終わったらもう1回頭から見なおしてしまった。

次点は「ライフオブデビッドゲイル」かな~。これもテレビ録画。
DVDではコレといったものが今思い出せない。


◆ワーストムービー
「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発」
(2008年 日本)
今年のワーストどころか生涯ワースト。
「大日本人」でラストに予算がなくなって、それまでCGだった特撮場面がショボい着ぐるみになるギャグがあるけど、あの着ぐるみレベルの映像を延々と見せられるひどい映画。
人間ドラマの部分もひどく、見てて出演者が気の毒になる出来。
普通は途中で見るのをやめるんだけど、あまりにもひどすぎたので、逆に最後まで早回しで見てしまった。


これを見るまでは「ダイナソー・ファイター カンフーvs.巨大恐竜」という映画が生涯ワーストだったんだけど、まだこっちの映画の方が真面目に作ってる部分があったような気がするので、ブービー賞にランクアップ(ちなみに以前書いた「プテロドン」もひどい映画だったけど、ダイナソーファイターを見た後だとジュラシックパークのような大作に見えます)。


150本見てるんで本当はもっといろいろあるはずなんだが、脳みその劣化が激しくて思い出せません。
来年からはどんなくだらない映画でも見たらメモするようにしようかなぁ。
そんなアプリどこかにありますか?教えて詳しいひと。

« iPhoneのパノラマ撮影アプリでスカイツリー | トップページ | 映画ツイート実験 »