« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月15日 (日)

POSERで日米デジャー・ソリス比較

映画「ジョン・カーター」で特に印象に残ったのが、デジャー・ソリスの日米間格差です。

USA版デジャー・ソリスは一言で言えばマッチョ。
「dejah thoris」で画像検索すると、肉感的でエキゾチックなイラストがズラリ。昔「スターログ」とかでよく見たような、作家も有名だったような気もするけど忘れました。

POSERではコレ系の材料はいくらでもあって、簡単にそれっぽいものが作れます(クリックで拡大)。

Dejah_thoris_usa_with_poser
*Dejah Thoris USA with Poser

しかし、日本では間違いなく武部本一郎描くところの「火星のプリンセス」のイメージでしょう。
はかなげで清純で、服装は紫の薄物一枚。
間違っても自ら刀を持って戦ったりしません。
すぐに敵の手に落ちて人質になってしまうのもポイント。
カタカナの「デジャー・ソリス」で画像検索してみると、先ほどの結果とはかなり異なります。

USA版との差を意識して清純派を目指して作ってみたけど、マッチョ系じゃないと全然うまくできず、この辺で妥協。

Dejah_thoris_japan_with_poser
*Dejah Thoris JAPAN with Poser

この2枚を使って「あなたのデジャー・ソリスはどっち?」アンケート取ってみたら面白いかも、もちろん日米対抗で。
もっともほとんどの答は「どっちも違う」か「誰それ?」のような気がするが(笑)。

2012年4月14日 (土)

ジョン・カーター見てきた

昨日は映画「John Carter」の初日だったのですが時間が合わず、本日行ってまいりました。目的の大半は「デジャーソリスに会うため」(汗)。

この映画の存在を知った日のブログにもありますが、アバターを見た2年前から待ち焦がれてました。
いや、もっと言えば原作を読んだ小学生のころから数十年待った、が正しいかも。何しろジョンカーターとかデジャーソリスって、ジョンレノンやポールマッカートニーより以前に、親しみを持った外人(?)の名前だったからね。

※以下ネタバレあり。

なのでこの映画は存在してるだけで星5つです。
たとえデジャーソリスが武部画伯のイメージと全然違ってムキムキでも、ジョン・カーターがやけにチンピラ風でも、タルスタルカスが思いの外貧弱でも。

冷静に考えれば星3つ--いや、2つ?(汗)--ぐらいのぬるいファンタジーだと思う。
だって今さら、「政略結婚させられるヒロインが誓いの言葉を述べる寸前に主人公が窓から乱入」とか、「闘技場で予想外の逆転劇を演じて観客が全員味方に」とか、手垢がつきすぎてパロティにもならないエピソードのオンパレードだし。
一番受けてたのは、いかにもディズニーっぽいキャラクターに改変されてた犬のウーラだったし。

でもでも、オレとかこちらのお友達にとっては特別な映画であるはず。
そんな人たちは、物語の途中でデジャーソリスが身分を明かすシーンでゾクゾクするはず。
ラストのカーターの執念に納得するはず。
全国各地に数千人、いや数万人単位でいる……はず(?)。

とはいえ、公開2日目の休日だったにもかかわらず、空席が目立っていたので打ち切りも早いと思います。
楽しみは取っておこうと思って本日はあえて2Dで鑑賞。
近いうちに3D版を見に行かなければなりません。

ひとつだけ心配。
今度見に行ったら、ラストの10分で号泣するかも
たぶん泣く奴は映画館で1人だけだろうが(笑)。

2012年4月 6日 (金)

Perfume global site projectに参加

Perfume global site projectとは、Perfumeの3人のダンスデータとサウンドを使って、いろいろな人に作品を作ってもらうという一般参加型のプロジェクトです。ニュースソースは以下。

世界のクリエイターに向けて、Perfumeがモーションキャプチャデータを公開
Perfumeの3人によるダンスを記録したモーションキャプチャデータが、同グループのオフィシャルグローバルサイトにて公開されている。(以下略)

ダンスデータと音源の配布サイトは以下(注:音でかいです)

Perfume Global Site

私もPerfumeの世界進出を後押しするべく1本作ってみました。
このプロジェクト専用のハッシュタグ「#prfm_global_site」でツイッターを検索してみると、もうすでにすごいクオリティの作品が続々とアップされており、私の技術ではちょっと太刀打ちできそうにない。
なので、前も使った手で参戦してみます(発想も技術も3年前からほとんど進歩していない……)。

人間のデータを無理やり当てはめているので、手が身体にめり込んだり、膝関節がない(笑)ので、屈伸的な動きをすると足が宙に浮いたりもぐったり、見苦しいことこの上ありませんが、これを直してると1ヶ月かかってしまうので、これで完成とします。
これがちょっとでも評判になって、Perfume本人達に見てもらえたら作者冥利に尽きるなぁ。


→【3DCG】動画-飛龍追撃

2012年4月 3日 (火)

ハナモゲラ語のミュージックビデオ

すごいクオリティのロイヤリティフリー曲を見つけたので、映像をつけてみました。

曲はリンクおよびクレジットがあれば無料(リンクウェアというらしい)とのことなので、ここに書いておきます。

oo39ドットコム
楽曲ページ

歌モノの歌詞は全部ハナモゲラ語だそうです、スゲー。
感銘を受けたのでビデオのタイトルを「セクシーハナモゲラ」とヘケメソしました。他の曲も素晴らしいクオリティのものばかりで、ますます自分で幼稚な曲を作ってる場合ではなくなってきたなぁ。

映像はちょっと前に作ったものです。
アメリカの売り出し中のバンドに「ヘイ、オレたちの曲に映像つけてくれよ」と頼まれたのでラフに作ったのですが、どうやらボツになったらしいのでこちらに流用。
元々の内容が「男と女のラブゲーム」っぽい歌詞だったので、そっち方向の映像になってます。
テンポがかなり違うので、微妙にダンスが合ってないところもあるけど気にしないぜ、ワイルドだぜ~。


→【3DCG】Perfume global site projectに参加

2012年4月 2日 (月)

3月に見た映画のまとめ

3月に見た劇場・レンタル・テレビ録画の映画をまとめておきます。
今月はわずか7本(劇場1、ビデオ1、テレビ5)。
テレビ録画のストックが20本以上たまってるので、借りたい映画もちょっと二の足。
togetterはこちら


[日付][タイトル][メディア][星][ひとこと]

3/3. ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝(録画) 星3つ
シリーズ初見。何の脈絡もなくイエティが登場したり、ジェットリーがキングギドラになったあたりで、早送りボタンに指がかかったが、なんとか耐えた。

3/4. おくりびと(録画) 星4つ
どうせお涙頂戴映画だろ、と思ってたらさにあらず、なかなかバランスが取れたイイ映画でした。最初斜めに見てゴメン。

3/5. Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!(録画) 星2つ
つまらなくはないけど、わざわざ映画で見るものでもないような。もっとウィレムデフォーの出番がほしい

3/10. カブキマン(所有) 星2つ
友人から数年ぶりに戻ってきたVHS。見るのは確か10年ぶりぐらいだが、意外なほど細部まで覚えていたのが逆に情けないかも。

3/11. ファム・ファタール(録画) 星5つ
録画したやつだし、評判もそれほど聞いたことがなかったので雑に見てたらすごく面白くてビックリ。もう1回ちゃんと見たい

3/16. ヒューゴの不思議な発明(劇場) 星4つ
SF映画好きならばリスペクト魂を込めて見ましょう。クロエモレッツはもっとチョイ役だと思ってたから得した気分。ところでジュードロウってどこに出てた?(汗)

3/20. バベル(録画) 星4つ
各シーンにはおそらくバベルの塔の物語にまつわる意味があるのだろうが、聖書的素養がゼロなので意味は全然わからず。でもサスペンスとしてよくできていたので、飽きずに最後まで見ることができた。


2月に見た映画のまとめ
1月に見た映画のまとめ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »