« 6月に見た映画まとめ | トップページ | 昨日アップした動画のラストシーンの正体 »

2012年7月 7日 (土)

動くとかわいい海外CG、止まるとかわいい日本アニメ

よく言われるように、海外のアニメは秒間24コマを活用してフルによく動きます。
でも止まってるところはあまりかわいくありません。
日本のアニメは今でこそヌルヌル動くものも多いけど、1秒間に8コマとか6コマのリミテッドアニメがやはり印象に強いです。
そして止まってる画はこれでもか、というぐらいカワイイ。

今度のピクサー映画「メリダとおそろしの森」なんて、「止まってるとかわいくない」典型のヒロインに見えます。
……動いててもかわいくないか?


※この予告編すごくイイ。

もしかしたら今年の夏は「弓を射るヒロインのCG」が流行るかも、と思って便乗して作ってみました。

Elf02CGのクオリティは比べるべくもありませんが、ヒロインのキュートさ(→)はウチの子オレの動画の方が圧倒的に勝ってると思うんだがなぁ。

とはいっても日本の2Dアニメのかわいさには全然かないません。
なんたって、数年前に登場した止め絵のヒロインが、音楽業界を変えてしまう国だからね。

こんな記事が多数見受けられるのも、たぶん日本だけの現象なのでは?
けっしてバカにして言ってるのではなく、これがちゃんと理解できる人間でなければ、動画のかわいさで勝負するのは絶対無理だと思ってる。
ちなみにすんなり納得できるのは109と114だけのダメなわたし(汗)。

私の動画のアクセス数が伸び悩んでいるのも、表現が中途半端だからなのだと思います。まだまだ試行錯誤の日々は続く。


→【3DCG】昨日アップした動画のラストシーンの正体

« 6月に見た映画まとめ | トップページ | 昨日アップした動画のラストシーンの正体 »