« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

8月に見た映画のまとめ

8月に見た劇場・レンタル・テレビ録画の映画をまとめておきます。
今月はけっこう頑張って、劇場3本・レンタル5本・TV録画10本の計18本。
個人的にはアベンジャーズ祭りの8月でした。

2012年8月24日 (金)

誰もが水道水で魚を死なせた思い出があるはず

いま久しぶりに「崖の上のポニョ」見てるんだけど、以下の解釈でOK?
実際に起こったことだけを時系列に並べてみると……

  1. 5才児が赤い魚を拾う。
  2. 水道水を入れてしまい、魚は死んで海に。
  3. 台風上陸。
  4. 赤い服の女の子が家にやってくる(遠い親戚か誰か?台風で避難してきた?)。
  5. 魚が死んだことを認めたくない5才児は、人間の姿で帰ってきてくれた、と解釈。
  6. 女の子と船のオモチャで遊ぶ。もちろん空想上は2人で船に乗っていろいろな人とお話する。古代魚なんかもいる。
  7. 母親と女の子のお母さんも交えて、大きくなったら結婚する約束をする、5才児だし。

---という出来事を子供の目を通して見せたのがこの映画だとしたら納得なんだけどな。

2012年8月22日 (水)

久しぶりのミュージックビデオ

お遊びでやってるCrazy Shun Bandのミュージックビデオです。
前作(歌え!怪傑シシット)のアップが2年と1日前であることを今発見。
このペースでこの曲のクオリティの低さは自分でもどうかと思う。

それはさておき、実はギターとかはちゃんとしたスタジオで録っており、映像も含めてとても贅沢(無駄?)に作られてます。
真夏のけだるい昼下がりのムードを感じながらお楽しみください。


http://youtu.be/0sE39En2bWU

And I love Maria
music by Lennon-McCartney
words by shun
preformed by Crazy Shun Band

2012年8月21日 (火)

アベンジャーズを永井豪キャラにたとえると---

前のブログでアベンジャーズのことをいろいろ調べたところ、散見されたのが「けっこう微妙なメンツ」という説でした。
確かにマーベル・コミックスのメンバーが集結、とはいえピンで堂々と主役が張れるスパイダーマンもX-メンいません。
日本人の目から見るとやや2線級のメンバーを集めたという印象。
各所で東映ヒーローものや仮面ライダーに例えられていましたが、ここでは永井豪キャラにたとえてみることにします。

ここにはデビルマンマジンガーZキューティーハニーもいません。
最メジャーなハルクは代表作のひとつであるバイオレンスジャックを当ててみましたが、それも上記3者に比べればややマイナー。
かなり的を射た配役だと自画自賛だけど、古すぎてなかなかわかってもらえないのが欠点。

アベンジャーズ予習完了

やっとアベンジャーズを見るための予習が終わりました。
すなわち「アイアンマン(2008)」「インクレディブル・ハルク(2008)」「アイアンマン2(2010)」「マイティ・ソー(2011)」「キャプテンアメリカ(2011)」の5本をきちんと順番通りに制覇したのです。
のべ約10時間。
あとは映画館へ出かけるのみ。
とはいえ1作目を見てからそれなりに時間が経過しているので、頭の中を整理するために各映画の関係をメモ。

  1. 1作目の「アイアンマン」のラストにはSHIELD長官のニック・フューリーが登場。アヴェンジャーズ結成を示唆。
  2. 2作目「インクレディブル・ハルク」で、ハルクに変身する研究は第2時世界大戦時に研究されていたスーパーソルジャー計画の応用であるらしく、それには欠陥があったように描かれている(?)。また、ラストにトニー・スターク(アイアンマン)が登場し、メンバーを集めていることを明かす。
  3. 「アイアンマン2」では紅一点のブラック・ウィドウがスタークの秘書として登場、SHIELDの全貌が徐々に明らかに。映画のラストシーンはマイティ・ソーのハンマーの落下地点。
  4. 「マイティ・ソー」にはのちにメンバーとなるホーク・アイが登場。また、ここに登場するエネルギーは次作「キャプテンアメリカ」の敵側の強力な武器となる。ラストでは死んだはずのソーの弟が生きていることが示される。
  5. キャプテンアメリカはスーパーソルジャー計画により超人となる。協力するのはトニー・スタークの父。ナチスはマイティ・ソーに登場したエネルギー源をなぜか保有。ラストは氷漬けから目覚めたキャプテンがニック・フューリーと対面。

これだけの情報があると、いろいろな点が気になって(=楽しみになって)きます。
ざっと書きだしてみると---

  • ハルクの彼女役のリブ・タイラーの扱いは?
  • ソーは前作で地球に行く道が閉ざされ、ナタリーポートマンと別れ別れに。次作で戻ってきてもこの件スルー?
  • ハルクで匂わされたスーパーソルジャー計画の欠陥はウヤムヤ?
  • ニック・フューリーは「マザーファッカ演説」をするのか?
  • こんなメンバーの中で人間よりちょっと強いぐらいのキャプテンアメリカは活躍できるの?
  • どころか人間そのもののブラックウィドウやホークアイは見せ場を作れるの?
  • 私の頭の中の「強い順(←小学生か!)」が合ってるのかどうか映画を見て早く確認したい。ちなみに「ソー > アイアンマン > ハルク > キャプテン > ブラック・ウィドウ > ホークアイ」

たぶん今週行きます。

2012年8月 3日 (金)

7月に見た映画のまとめ

7月に見た劇場・レンタル・テレビ録画の映画をまとめておきます。
今月も少なめで劇場が3本、レンタル2本、テレビ録画4本の計9本。
「巨神兵東京に現る」は本編の後に見ることができるメイキングと比較映像も含めた点数です。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »