« 久しぶりのミュージックビデオ | トップページ | 8月に見た映画のまとめ »

2012年8月24日 (金)

誰もが水道水で魚を死なせた思い出があるはず

いま久しぶりに「崖の上のポニョ」見てるんだけど、以下の解釈でOK?
実際に起こったことだけを時系列に並べてみると……

  1. 5才児が赤い魚を拾う。
  2. 水道水を入れてしまい、魚は死んで海に。
  3. 台風上陸。
  4. 赤い服の女の子が家にやってくる(遠い親戚か誰か?台風で避難してきた?)。
  5. 魚が死んだことを認めたくない5才児は、人間の姿で帰ってきてくれた、と解釈。
  6. 女の子と船のオモチャで遊ぶ。もちろん空想上は2人で船に乗っていろいろな人とお話する。古代魚なんかもいる。
  7. 母親と女の子のお母さんも交えて、大きくなったら結婚する約束をする、5才児だし。

---という出来事を子供の目を通して見せたのがこの映画だとしたら納得なんだけどな。

« 久しぶりのミュージックビデオ | トップページ | 8月に見た映画のまとめ »