« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月12日 (日)

ファンタジーイラストコンテストに応募

クラウドゲートという会社が主催の「ファンタジーor戦国イラストコンテスト」に応募しました。作品はこちら↓(クリックで拡大表示)。

Sylfie_and_a_dragon

ファンタジーと呼ぶには色合いが地味な気がしますが、なんとなくLOTR調にできたので自分では気に入ってます。
もっと大作風にしたかったんだけど、要素をゴチャゴチャ入れたら収集がつかなくなったのでかなり間引いてスッキリさせました。構成力のなさを痛感します。

ただ、今までの投稿作を見ると3DCGが全然ないので、もしかしたら受けつけてもらえないかも?という心配がひとつ。

もう1つの心配は、「ハリウッド映画のポスターにありがちな13パターン」という素晴らしい記事を超参考にしてるので、バレるとカッコ悪い(笑)ということ。
真似したのが13パターンのうちの1つ目のパターンで、しかも1番最初に紹介されてるポスターというのは安易すぎたかも。
図版をそのまま使ってるわけではもちろんないので、パクリじゃなくてあくまでも参考にしてるだけ、ということを宣言しておこう。

このコンテストのことをツイッターでつぶやくと1000円のクオカードが当たるらしいので、そちらにもささやかに参加しておきます。ハッシュタグは #crafe 。

5/13追記
無事に掲載されたようです↓


2013年5月 3日 (金)

動画を完成させるまでの大まかなステップ

Blender学習に疲れて久しぶりにPoserで作っていた動画が完成しました。
題して「三角広場の決闘」。


http://www.youtube.com/watch?v=aMODDsZmgV4

1分半足らずの短い動画ですが、これでもまじめに絵コンテを作り、それなりの手順を踏んで作っています。自分でも忘れてしまわないように記録しておきます。

◆ステップ1:絵コンテ
ものすごく雑な鉛筆画で絵コンテを描きます。
ここで大まかに各カットの秒数を決めます。

◆ステップ2:動画コンテ
ステップ1で描いた絵コンテを並べてスライドショーにします。
この段階でできるだけ音を入れてしまいます。
動画づくりはAdobe Premiere Elementsで行なっています。


http://www.youtube.com/watch?v=Ymx9a5GdRaY

◆ステップ3:静止画人物の作画
人物だけ静止画で作画して配置してみます。
作画はPoserPro2012。


http://www.youtube.com/watch?v=jRh43rvjKcY

◆ステップ4:背景の作画
背景を追加します。
これまた作画はPoserPro2012。Vueが欲しい。


http://www.youtube.com/watch?v=43zZ4zbN1Ng

◆ステップ5:エフェクトを追加
土ぼこり・画面揺らし・血のりなどの効果を追加して、完成形のイメージをつかみます。エフェクトはほとんどがNive2。ところどころでParticle Illusion SEを使ってます。


http://www.youtube.com/watch?v=PSX6ps0f-EA

◆ステップ6:追加カット検討
勝負があっけなさすぎるので、コンテ画で攻防シーンを追加します。
また、「斬る」→「倒れる」の間が悪いのでここでも追加カットを検討します。


http://www.youtube.com/watch?v=afpHs4ZVbo8

◆ステップ7:コンテ画を作画
ステップ6で追加した画を、Poserの静止画に置きかえます。


http://www.youtube.com/watch?v=CEkZwtuu-ro

◆ステップ8:静止画を動画に
それぞれの静止画のカットをできるだけ(気力と相談しながら)動画に置きかえます。
ここで初めて動画制作にかかるのですが、各カットの秒数を決めてあるので、意外なほど楽に作ることができます。
このときにできるだけ動いてるところを見せたいシーンから作ります。
今回のムービーならば

↓決めポーズには力を込めたいし---
Hilite01

↓髪が激しく揺れてないと気がすまないし---
Hilite02

↓必殺技(※)をくりだす際には何が何でもスカートがはためいてないと納得できないし---
Hilite03
※注:ちなみにこの技の名前は「報復絶刀」©西尾維新です。

なんて具合に「好きなところから作って、飽きたら静止画のまま」が精神衛生上も良いと思います、アマチュアの場合。
かくてこのページの一番上に掲載した動画が完成したのでした、めでたしめでたし。


« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »