« 第三者のコンテンツと一致しました-音楽著作権詐欺団体リスト更新 | トップページ | 夏休み午後ロー恐竜映画3本 »

2013年7月12日 (金)

Facebookグループ機能を3ヶ月間使ってみた感想

「Facebook」「仕事」「グループ」で検索すると---

「仕事に使える!! Facebookグループ」とか「Facebookグループ機能を使って情報を共有する」「SNSでビジネス力アップ!」なんて記事がばしばしヒットします。

「Facebook」「仕事」「グループ」で検索

同じようなことを遠い昔に「ニフティサーブの会議室」、その後「XOOPS」、最近までは「mixiのコミュニティ」でやろうとしましたが、100%うまくいったとは言い切れません。特に仕事で利用した場合。
以下、Facebookグループ機能を使ってお遊び運営を3ヶ月おこなってみたお気楽レポートです。


◆どんなグループを作る?
グループには3種類あります。
「公開グループ」「非公開グループ」「秘密グループ」。
それぞれの特徴はここでは述べませんが、今回は「秘密グループ」を作りました。グループの存在もメンバーも外部には公開されません。ドキドキするネーミングですが、期待しているようなことはたぶん起こりません。


◆メニューを眺めてみる
グループを作ってみると、「情報」「イベント」「写真」「ファイル」メニューがあります。
タイムラインに投稿する際、「画像/動画を追加」「質問する」「ファイルを追加」のオプションがあります。
どうやって使い分けるのだろう?

Blog20130712


◆「イベント」を作ってみる
今回もっとも機能を追求したのは「イベント」です。
◯月◯日に誰々のメンバーでミーティングを行います、場所はどこそこ、なんて使い方が基本。
議事録や資料などがあればポストしたり、ネット上のファイル(後述)に紐づけします。
ちょっと迷ったのが、定期イベントの作り方。


◆定期イベントを作ってみる
たとえば定例会議のイベントを翌週も作りたい、なんて場合。
イベントのメニューの中に「定期イベントを作成」という項目があります。

Blog20130712b

試しに使ってみたのですが、これは単にイベント名と説明文を引き継いで新規イベントを作ってくれるだけで、過去のポストやファイルを引き継いでくれません。
ひとつのプロジェクトを進めていく場合、「定期イベントを作成」ではなく、日付を更新して元のイベントを使いまわすほうが便利だと感じました、もちろん時と場合によりますが。


◆イベントの「age」と「sage」
いくつかイベントを運営していくうちに、グループ内のトップに表示されるケース(いわゆる「age進行」)と、もとの位置のままのケース(「sage進行」)が発生しました。
調べてみると、ルート発言(=◯◯さんがイベントを作成しました)にコメントするとage、それ以外は何をしてもsageのまま、ということがわかりました。
重要事項を告知したいときなどはage、それ以外のマイナーなメンテナンスや、イベントメンバーのみ知るべき情報などはsageで進める、というわけです。


◆イベントのイメージ画像
イベントにはヘッダースペースがあるのですが、たくさんイベントを作っていくうちに、だんだん画像づくりに凝ったりします(無駄なエネルギー)。調べてみると画像サイズを714×264pxで作るのがベスト、ということが判明。
さらにこうやって作ると完璧、ということがわかりました。ありがたくリンクさせていただきます。


◆「イベント」以外のメニュー
「イベント」以外には「写真」「ファイル」というメニューが用意されています。
共有資料の倉庫的な使い方が想定されているようですが、ここにアップロードすると、いちいちタイムラインにポストされるのがけっこうウザい。必要なファイルは発言する時点で添付すればイイ話だし、実はこのメニューは使ってません。
コメントポストの際はファイルを添付できないので、そのときに使うぐらいかも?
と思っていたら---

◆ネット上のファイルとリンク
コメントにファイルを添付したい場合、実際にはネット上のファイルと直接リンクしてしまうケースが多いと思います。たとえばdropboxの公開フォルダに入れた写真を貼りつける、なんてのは簡単です。

さらに現時点で最強と思われるのは、Googleドライブとのリンクです。
たとえばGoogleドライブ内にスプレッドシートを作って共有します。権限はFacebookの「友達リスト」で管理します(Google+のアカウントでは閲覧・編集権限まで管理できるけど、今回はそこまでやってません)。
なんて便利なんだ!
エクセルファイルをメールでやり取りしてた昔が思い起こされます。


◆質問する
コメントポストでちょっと変わってるのが「質問する」オプションでしょうか。
これはいわゆるアンケート機能です。
1度使ってみましたが、選択肢も10件程度しか用意できず、もっと機能の拡充を望みたいところです。


◆メリットとデメリット
3ヶ月間使ってみて、メリットとデメリットがおぼろげながら見えてきました。
メリットの最たるものは「プッシュ機能」でしょう。mixiのコミュニティの欠点は「訪問されないと運営が停滞する」ですが、Facebookグループの場合は鬼のように通知がきます。
それから「ポストやコメントのURLが特定できる」のも便利。これもmixiにはない機能。

デメリットですが、プッシュ機能の裏返しで「通知がウザすぎることも」。
あとは「まだまだ謎仕様が多い」です。ageとsageのルールをどこかに書いてくれれば、無駄な実験を繰り返さずに済んだのに。
「PCで見たときとスマホ・タブレットで見たときの表示が違う!」ケースもけっこう多い。アプリの方が進んでる気が個人的にはします。独自進化してるってことかな?


最後に、これはデメリットとは言い切れませんが「参加者のITリテラシーが高くないとスムーズな運営が難しい」でしょう。今回のグループに参加してるのはネット強者ばかりですが、情報量が多いので、ちょっと目を離すと置いてかれるケースがけっこうありそう。
これで親戚の法事の打ち合わせをするのはまだまだ無理だろうな。

« 第三者のコンテンツと一致しました-音楽著作権詐欺団体リスト更新 | トップページ | 夏休み午後ロー恐竜映画3本 »