« 目頭が熱くなったぜ「パシフィック・リム」 | トップページ | 俺的パシフィックリム、本家の100万分の1の予算で完成 »

2013年8月21日 (水)

TICKET TO RIDEの謎の歌詞「ショロ」

ビートルズの曲「TICKET TO RIDE」のミドル8が、純日本人耳の私にはこう聞こえます。

♪ドノワシランソハー
♪ショロシンタイ
♪ショロデューライ
♪バイミー

1行目はなんとか「I don't know why she run so high」と推理できなくもない(空耳アワーで「♪殿は知らんぞ」ってのがあったが)。彼女がなぜ高く(=速く?ハイスピードってこと?)逃げたのかわからない、ってこと?runは過去形だよね?

な~んて間違った解釈ぐらいはできる(正解は「she run so high」ではなく、「she's riding so high(=オレに対して強気)」ってことらしい)。


問題は2行目以降。
わかるのはせいぜい4行目の「by me」ぐらいで、あとは手も足も出ない。
私より多少高級な英語耳の人は、もしかしたら2行目の「シンタイ」が「think twice」、3行目の「デューライ」が「do
right」まではわかるかもしれない。

♪I don't know why she's riding so high
♪ショロ think twice
♪ショロ do right
♪by me

ここでギプアップして歌詞カードを見てビックリ。
「ショロ」=「she ought to」なのでした。
長いよ!

でも確かに「シーオウトトゥー」を早口で言おうとすると「シオロ」になって、それが「ショロ」と聞こえなくもない。
しかしこれを一発で聞き取れる日本人っているんだろうか?
ってかネイティブでもわかるのか、はなはだ疑問。

でももっと変なのは---
この曲が世に出て50年近くになるのに、今さらこんなことに驚いてブログに書いてる奴なのかも。

« 目頭が熱くなったぜ「パシフィック・リム」 | トップページ | 俺的パシフィックリム、本家の100万分の1の予算で完成 »