« TICKET TO RIDEの謎の歌詞「ショロ」 | トップページ | ムービーで使った既成3DCG製品のご紹介 »

2013年9月19日 (木)

俺的パシフィックリム、本家の100万分の1の予算で完成

「パシフィック・リム」を見たおかげでモチベーションが上がり、作りかけて放置していたムービーを完成することができました。
ありがたいことです。
右下の「全画面表示ボタン(YouTubeロゴの右)」をクリックして「高画質(720p)」に設定のうえ、ヘッドホンをしながら見ていただけると作者冥利につきます。

冒頭にあるとおり、このムービーはほぼ既成品(ready-made)の3DCGアイテムだけでできています。
このムービーのためだけに用意したアイテム(ロボや怪獣や町並みなど)を合わせると150ドルぐらい。
音楽は無料だけど、効果音でけっこうお金を使ってて30ドルぐらい。
あと何やかんやで合計200ドル程度の予算でできています。

ウィキペディアによると、本家のパシフィック・リムの制作費は2億ドルだそうなので、約100万分の1。
スケール感や迫力が100万分の1程度なのも納得です……え?及んでない?(汗)


ご覧になった心ある方はお気づきでしょうが、このムービーはエヴァTV版第2話「見知らぬ天井」をそのままトレースしています。
第1話「使徒襲来」にあたるパート1&パート2もチェックしてみたい奇特な方のために、連続再生できるプレイリストを作りました。
通して見ても10分程度なので、おヒマがあればぜひどうぞ、できれば全画面表示で。


……当初の計画では3本を1本に再編集してネット声優さんに声を当ててもらおうと思ってたんだが、いくつかの点で二の足を踏んでいるところ。

« TICKET TO RIDEの謎の歌詞「ショロ」 | トップページ | ムービーで使った既成3DCG製品のご紹介 »