« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月25日 (水)

100円ショップから消えていたバナナケース

朝バナナダイエットブーム華やかりしころは、どこの100円ショップでも売っていたと思っていた「バナナケース」。
今日さがしたら近所の100円ショップのどこにも置いてませんでした。
うつろいやすい日本人の心を嘆いていたらamazonで発見。
ただし値段は5倍↓。

携帯バナナまもるくん イエロー
B000WMIPWQ | SKATER | ¥ 525
携帯バナナまもるくん イエロー

納得できないけど見つからないのは仕方ないのでさきほど注文。
明日には届くようです。
後日どこかの100円ショップで見つけたら悔しいだろうなぁ。

2013年12月19日 (木)

今年のベスト映画は「ゼロ・グラビティ」

夏に「パシフィック・リム」を見たとき、2013年個人的ベストは決まったと思ってましたが、最後の最後に「ゼロ・グラビティ」が逆転しました。
つい先ほどレイトショーで見てきたのですが、まだ興奮が冷めません。
とんでもない映画でした。

「映画館で見ておいた方がいいよ」は常套句ですが、確かにこれをDVDで見てはもったいない。DVDで見るとどうしてもスマホをいじったり、他のことをしながら見てしまいがち。しかし、これこそ全力で画面に集中しながら見るべき映画だと思います。

というか、全編ほぼ宇宙の風景+主役2人の会話orモノローグなので、字幕から目が離せず、集中せざるを得ません。
字幕を読んでる間も、目は宇宙船のディティールや、画面の奥で起こってることを追いたくて仕方なくなります。
普段から洋画を観るときはゴリゴリの吹替派の私ですが、この映画こそ吹替にしてほしかった!!
あらためて「映画は読むものじゃない、見るものだ」という思いを強くしました。

それはさておき---
この監督の前作「トゥモロー・ワールド」で長回しを得意としてるのは知ってたけど、今回も冒頭の船外作業のシーンから最初の事件が起こるまでの数分がいきなり1カットの長回し。そこからラストまで画面に釘づけ。

大作映画にしては90分とやや短かめですが、このテンションが120分続いたら心身ともに完全にグロッキーだったと思います。
余計なものをそぎ落した90分でたぶん正解。
ウソだと思ったらぜひ映画館でご体験ください。

※前作「トゥモロー・ワールド(原題:Children of men)」の有名な長回しシーンがYouTubeにありました。やっぱり何度見てもすごい。こっそりリンク。
Children of men: Car Scene
http://www.youtube.com/watch?v=QfBSncUspBk

2013年12月 7日 (土)

芸能人は歯が命、3D役者も歯が命?

先日アップしたムービーで、キャストの歯の設定がおかしかったので修正。
小さな処置にしては思いのほか効果があったので、ムービーにしてみました。

過去データを使いまわして短時間で手軽に作ったムービーですが、「歯のホワイトニング」のキーワードで外人が釣れることを期待しています(笑)。
欧米人のきれいな歯に対する強迫観念はかなりのものがあるそうだし。

……このデブのサムネイルじゃ無理?

music
"Batty McFaddin - Slower" Kevin MacLeod ( http://incompetech.com/ )
Licensed under Creative Commons: By Attribution 3.0
http://creativecommons.org/licenses/b...

3DCG items
Lorenzo Lorez by Predatron
Tunic for M4 by Evilinnocence

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »