« 100円ショップから消えていたバナナケース | トップページ | ペンタブレット修行中 »

2014年1月 8日 (水)

「日本橋から341km」を検索してみたら

スマホの万歩計アプリをずっとONにしています。
12月1日から31日まで歩いた結果がこちら(Facebookを引用)。

1日1万歩&10kmはクリアしてるので、寒い冬場にしてはなかなかの好成績と自負しています。
興味深いのが総歩行距離の341km。
11月は251kmだったので飛躍的な伸びをマーク。
東海道を341km歩くとどんなもんだろう?とGoogle Mapで調べてみると、日本橋からだいたい名古屋港あたりでした。

341km

もう少し正確に計測すると「港栄四丁目北」の交差点でした……ってこの情報必要ないか(笑)。

341kmb_2

さらに「日本橋から341km」で検索してみると、そのものズバリの写真がヒット。説明に「境橋=池鯉鮒宿(知立駅)~宮(熱田)宿」とありますが、ジモティーでないのでピンと来なくてごめんなさい。
あと上の地図の場所とも違います(ピンポイントすぎてよくわからん)がお許しを。
何かの縁ですからリンクしておきます。

境橋=池鯉鮒宿(知立駅)~宮(熱田)宿

さて、1ヶ月で名古屋まで歩いた計算です、なんてわざわざブログにしてますが、これってバリュー的にどんなもんなんでしょ?
ここでおもむろに弥次さん喜多さんの歩いた距離を調べてみると---

江戸時代の旅人は1日で何キロくらい歩いたの?
『東海道中膝栗毛』の弥次郎兵衛・喜多八の二人が江戸を出て最初に泊まったのは戸塚宿ですが、2日目は戸塚から小田原まで約40km、3日目は小田原から箱根まで約30km強を歩いています。


だそうです。
「1日10km以上歩いた計算だぜ」なんて書いてるこのブログは、とんだ笑いものなのでした。
江戸時代だったら小学生、じゃない寺子屋クラスかもネ。

« 100円ショップから消えていたバナナケース | トップページ | ペンタブレット修行中 »