« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月14日 (火)

カンフーハッスル地上波放送

わたくしの大大大好きな映画、カンフーハッスルが地上波で放送されます。
関東圏では15日(水)夜9時からTBS。
ひとりでも多くの方に見てほしいので、3つの推薦ポイントを勝手に考えてみました。

カンフーハッスル [Blu-ray]

◆その1.IMDbの評価がすばらしい
この監督の前作「少林サッカー」は日本でも人気が高いと思います。
好きな方も多いでしょう。
もちろん私も大好きです。

でも、かのIMDbで少林サッカーは7.3点カンフーハッスルは7.8点
意外に差があります。
日本では日韓W杯開催のタイミングもあって、少林サッカーの方がヒットしたけど、映画としてはカンフーハッスルの方が面白い、というのが世界的な評価なのかも知れません。
少林サッカー面白かった!と思った方はご覧になってみては?


◆その2.強さの設定がすばらしい
格闘モノなので「どっちが強い?」は重要なテーマです。
ご多分に漏れず「後から登場した奴の方が強い」のですが、その設定がなんとも絶妙なのです。

少しネタバレになりますが、映画はチンピラが警察署で暴れているシーンから始まります。
観客が「チンピラが警察よりも強い世界なのだな」と理解した直後、チンピラたちは新たに登場した組織暴力団に一蹴されます。
ここで観客の頭には「組織暴力団>チンピラ>警察」の図式が刻まれます。
ところがその組織暴力団を○○が圧倒し……という具合に強さが何層にも重なっていくのです。
そしてそのひとつひとつに説得力があります。

ときどきアクションもので、特に理由なく主人公が強くなったりする映画がありますが、そうした雑な脚本の映画はカンフーハッスルに土下座すべきです。


◆その3.演出・カメラワークがすばらしい
香港映画とあなどっている方もいるかも知れませんが、私の目からは演出もカメラワークも超一流ハリウッド映画と同等に見えます。

たとえば前述のチンピラが暴れているシーン。
警察署の吹き抜けにある立派な額に、署員がスローモーションで叩きつけられて1階まで落ちていくカットから始まります。
一発で観客の目をひきつける見事なオープニング!

出だしからこれですから、出てくる場面はどれも感心するものばかり。
監督のチャウ・シンチーはどうやら映画オタクだったらしく、過去の無数の名作を参考にしながらひとつひとつのシーンを作りあげていったに違いありません。
いやはや幸せそうで羨ましい!


以上、3つのポイントに絞って説明いたしました。
しかし、いくら素人の私が言葉を尽くそうと、この映画の素晴らしさを伝えきるのは無理です。
少しでも興味を持っていただいた方は、ぜひ録画して堪能してください。
もし録画し忘れたら、週末ツタヤに行ってコレ借りてください、と最後は伊集院光的にシメ。

2014年1月12日 (日)

ペンタブレット修行中

昨年末にペンタブレットを入手し、2回だけフェイスブックに投稿しました。
ひとつ目がこれ。
出だしとしてはまずまずな感じです。

ふたつ目がこれ。
以前作った3DCGの静止画をトレスしてみる練習です。

と、ここまでを年末にやって凍結。
ペン入れしたところでやる気が激減したので放置してました。

下書きだとそこそこイイ感じに見えるけど---(クリックで拡大:以下同じ)

Step04

主線を入れると、この先どう進めてもひどい出来になりそうなありさま。
これではいけません。

Step06

そこでトレースはやめて、思いっきりアニメっぽい画にすることにしました。

思いっきりアニメっぽい画って?
ジブリ?ガンダム?
いやいや、イラスト初心者のオッサンとして、ここはやはり国産アニメ第1号のこんなタッチが望ましいでしょう。

こっそりトレスしてみたのがこちら。
このころになると、私にはペンを使う能力がはなはだしく欠如していることがわかり、あきらめて製図用の曲線ツールで描いてます。
ペンタブ使う意味あるのか?

Sylfie05a

今度は主線を入れても破綻はなさそう。
これももちろん曲線ツール。
説明が抜けてましたが、ここまではすべてペンタブレットにバンドルされていたアニメ用ツール「CLIP STUDIO PAINT」で作業しています。
曲線もベジェ曲線ではなくスプライン式で、イラストレーターよりもずっと簡単。

Sylfie07

ざっと身体を描いたあとは気分を盛り上げるために集中線を入れたりします。
アニメ用ツールなので、集中線なんてお手のもの。

Sylfie12

線幅にメリハリをつけます。
いかにもペン画っぽくなりましたが、必殺「線幅を太くするツール」と「線を細くするツール」でところどころをなぞってるだけ。

Sylfie13

ここまでできると早く完成が見たくなってきました。
次のステップは「下塗り」です。
ノウハウ本には「各色ごとにレイヤーを作る」とありますが、めんどくさそうなので、今回はいったんモノクロで仕上げてみることにしました。
ざっと塗ってみると---

Sylfie14_2

塗ってみると右目に比べて左目が小さかったので修正。
これも曲線ツールでポイントを修正するだけだから簡単。

Sylfie15

……アレ?

どう見てもキューティーハニーのパチもんにしか見えないな。
オレの心の中では手塚キャラが活き活きと動いていたはずなんだが……
どこをどう間違ったんだろう?

本来ならこの後「影つけ」のステップなのですが、ここでいったん作業を中断。
また日をあらためてやり直します。

こんな調子ではペンタブが満足に使えるようになるのは果てしなく遠そう。
ましてやイラストをアニメートすることなんてできるのだろうか?
この項まだまだ続く(予定)。

2014年1月 8日 (水)

「日本橋から341km」を検索してみたら

スマホの万歩計アプリをずっとONにしています。
12月1日から31日まで歩いた結果がこちら(Facebookを引用)。

1日1万歩&10kmはクリアしてるので、寒い冬場にしてはなかなかの好成績と自負しています。
興味深いのが総歩行距離の341km。
11月は251kmだったので飛躍的な伸びをマーク。
東海道を341km歩くとどんなもんだろう?とGoogle Mapで調べてみると、日本橋からだいたい名古屋港あたりでした。

341km

もう少し正確に計測すると「港栄四丁目北」の交差点でした……ってこの情報必要ないか(笑)。

341kmb_2

さらに「日本橋から341km」で検索してみると、そのものズバリの写真がヒット。説明に「境橋=池鯉鮒宿(知立駅)~宮(熱田)宿」とありますが、ジモティーでないのでピンと来なくてごめんなさい。
あと上の地図の場所とも違います(ピンポイントすぎてよくわからん)がお許しを。
何かの縁ですからリンクしておきます。

境橋=池鯉鮒宿(知立駅)~宮(熱田)宿

さて、1ヶ月で名古屋まで歩いた計算です、なんてわざわざブログにしてますが、これってバリュー的にどんなもんなんでしょ?
ここでおもむろに弥次さん喜多さんの歩いた距離を調べてみると---

江戸時代の旅人は1日で何キロくらい歩いたの?
『東海道中膝栗毛』の弥次郎兵衛・喜多八の二人が江戸を出て最初に泊まったのは戸塚宿ですが、2日目は戸塚から小田原まで約40km、3日目は小田原から箱根まで約30km強を歩いています。


だそうです。
「1日10km以上歩いた計算だぜ」なんて書いてるこのブログは、とんだ笑いものなのでした。
江戸時代だったら小学生、じゃない寺子屋クラスかもネ。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »