« お手軽デジイチ本でフレーミングの基礎を学ぶ「その2」 | トップページ | 三分割構図をクソ真面目に実践する »

2014年2月23日 (日)

♪ハードディスクが飛んだ日は~

今をさかのぼること3年前、「巡回冗長検査(CRC)エラー」が多発してHDDを買い替えました(2011.02.07)
ところが先日---

20140212_171815

え?なにそれ?
フォーマットするわけないじゃん!

しかし、ディスクはカリカリ音をたてるばかり。
やがてこんなメッセージが---

20140212_171846

家には現役パソコンが3台あって、それぞれ「仕事用」「音楽用」「ムービー用」に外付けディスクを分けてます。
これはムービー用のディスク。
数々の名作ムービー(←自称)のデータが入った、オレ様がもっとも大切に&使い倒しているディスクが飛んだ?!
もちろんムービーだけでなく3DCGの素材データや2Dのテクスチャなどすべてが格納されています。
勘弁してくれ!!
半泣きになったのが先々週の頭。
やがて冷静になっていろいろトライ。


1)前回のトラブルを踏まえて、まずはディスクチェック
まずは基本中の基本、ディスクチェック。
調子が悪いディスクを右クリックしてプロパティ表示→ツールタブ→チェックする。

すると---
20140212_172121

がっくりと肩を落とし、次の策へ。


2)エラーメッセージを検索
今回あらわれたエラーメッセージ「フォーマットしますか?」「認識可能なファイルシステムではありません」「必要なシステムドライバ~云々」「ボリュームが壊れていないか確認~云々」でいろいろ検索してみます。
ネット上に無数に存在する「ディスク復旧記」を見るうちに、どうやら一発で解決する特効薬的なものはないこと、新しいディスクを買ってコツコツと移設するしかなさそうなことがわかってきました。
中でもポピュラーなのが、フリーソフト「TestDisk」を使っての復旧であることもわかってきました。
ヒントをつかんだときのツイートがこれ。



3)TestDiskの使い方
TestDiskの使い方についてはネット上に無数に掲載されてます。
いくつも読みましたが、一番わかりやすかったものをリンクしておきます。
書き出しはこのエントリとほとんど同じだけど(笑)、丁寧に書いてくれているのでとてもわかりやすい。

食雑写記
TestDiskでサルベージ(2012/12/22)
写真の保存用として外付けHDD(HD-HES500U2)を使いだし早2年。
それが突然反応しなくなった。
正確にはHDDは認識しているのだけど、何故かメッセージが
「ディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」と
とんでもないことを聞いてくる(以下略)


さて世間では---

飛んだデータの復旧には安くてウン10万円!と噂で聞いてるし、実際そのとおりなんだろうけど、少なくとも軽症のものは自分で直せる自信がつきました、ちょっとだけ。
もしかしたら困ってる人を助けるぐらいはできるかもしれません。
ディスクが飛んで困った方は、ダメもとで声かけてみてください。

« お手軽デジイチ本でフレーミングの基礎を学ぶ「その2」 | トップページ | 三分割構図をクソ真面目に実践する »