« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月28日 (金)

フルアニメとリミテッドアニメ

フルアニメとリミテッドアニメの比較動画作りました。
ディズニーなどの海外動画は1秒間24コマのフルアニメ、日本のテレビアニメは24コマを3コマずつ使う(実質8コマの)リミテッドアニメです。

動画の中では、24コマすべてに異なる画が入るアニメーションと、上手に10コマを配置したアニメーションの2種類を見せています。

▼フルアニメ
Full_anime01

▼リミテッドアニメ
Ltd_anime01

ところが---
アニメーションを作る人には興味ある動画になったかも知れないけど、完成してみると地味~でつまらないものに。
仕方ないのでラストにアクション5連発を入れたら、ちょっとだけ笑ってもらえそうなアニメーションになったかもです。

ちなみにYouTubeにアップする際、キーワードに「masochist」「masochism」を入れたら、どうしても広告が表示されなかったので再アップしたのは内緒。

2014年3月18日 (火)

マンガ制作ステップバイステップ

マンガ制作が楽しくて没頭中
試行錯誤の結果、マンガを描く手順がだいたい固まったので、自分メモも兼ねてアップ。1日でここまでできれば、そこそこのボリュームの作品も完成させられるかも?

◆ステップ1
大ざっぱに下書きをして、コマの枠線を引きます。
ペンタブレットを使うのはここまで(笑)。
Step_by_step002

◆ステップ2
何はなくとも主役をPOSERで配置。
この段階ではなぜか表情が暗く見える。
Step_by_step003

◆ステップ3
ドラゴン&空のコマを入れてみる。
もっと明るくして主役を目立たせた方が良い?
Step_by_step004

◆ステップ4
2~4コマ目の人物(?)だけを出力して配置。
2コマ目のドラゴンの鞍は、視線が行かないようにあえて地味な画と色合いに。
ヒロインも表情を変えて再配置。
Step_by_step006

◆ステップ5
各コマの背景を追加。
1コマ目もドラゴンと空を別々に出力して、完成画面でサイズと濃度を再調整。
ヒロインの影を削除して再配置。
Step_by_step007

◆ステップ6
4コマ目のドラゴンのアップが唐突な印象だったので、もっと引いた画に変更(イメージはもののけ姫のシシ神)。
全体の色合いと濃度を調整して完成。
Step_by_step009

今回は右上から左下に読む日本式コマ割りにしてみましたが、海外のコミュニティサイトなんかにも投稿したいので、どっちで作るかまだ迷い中。
なんたって海外の方がハードルはずっと低いからね。

▼こんなの使って描いてます

2014年3月16日 (日)

ペンタブレットでマンガ

ペンタブレットでイラストを描こうと悪戦苦闘していたのが今年の1月
いつしか軸足がズレて、3DCGで出力した画像をマンガ的にレイアウトすることに CLIP STUDIO PAINT(←イラストを描くために仕入れたツール) を使いだしました。

↓こんな感じ(クリックで拡大表示します)。
Manga017sm
まあまあよくできてるように見えますが、ある有名なマンガの丸パクリです。
パクリ元はコレ。

世界の大友のコマ割りと人物の位置をまるまるパクって配置してみると、こんな感じになります。

この段階では方針も曖昧だったのでセリフはまだ日本語。
以降の詳細なステップは省きますが---

→2コマ目の人物の向きを修正
→全コマに背景・効果線を追加
→日本語セリフをエルフ語(笑)に
→ついでに効果音も英語に

という順に作業しました。
エルフ語はテングワールというフォントで、STOP IT!とかSHIT!とか書いてるだけ。

効果音は「英語のオノマトペ」というページを見つけて、3コマ目は「グイッ」、4コマ目は「ビューン」という英語にしています。

ここまで描くのに丸2日かかりました。
たった1ページなのに!
動画づくりに比べたら簡単だろうとタカをくくっていましたが、とんでもない。
マンガをマンガらしく見せるにはそれなりにルールがたくさんあることを知りました。
まだまだ修行中ですが、これを絵コンテ的に描けるようになって、動画づくりに活かせたらいいなぁ。

2014年3月 3日 (月)

ピンポイントすぎる性癖のリクエスト

このビデオについたコメントがあまりにもピンポイントすぎて笑ってしまったので、こっそりご披露。

コメントのURLはこちら
引用すると---

Can you make a cgi video of a Jungle Girl wearing a leopard bikini as she swings on vines in the jungle, riding on an elephant, being captured by tribesman as they tie her hands behind her back to a tiki pole as she struggles to get the rope loose while the drums are played please?

超訳してみるとこんなニュアンスでしょうか。

ヒロインはヒョウ柄のビキニ!
象に乗ってターザンみたいにジャンプ!
しかし原住民に捕らえられ、トーテムポールに後ろ手で縛られてしまう!
バックにはドラムの音!
彼女は逃れようともがく!
……そんなビデオをCGで作れますか?

鼻息が荒いさまを「!」で表現してみました。「!」の後ろには全部「ハァハァ」がついてると思って読むと感じが出ます。
どうやら世の中には「女ターザンフェチ」という人種が存在するらしい。
SF作家の山本弘以外で初めて目の当たりにしました。
なんてコメントを返してやろうか考え中。

2014年3月 2日 (日)

わかりやすいアホ映画「メガ・パイソンVSギガント・ゲイター」地上波初放送

「メガ・パイソンVSギガント・ゲイター」はタイトルの通り、薬で巨大化したヘビとワニが戦う怪獣映画です。
2011年の映画なのでCGはそこそこのレベルかと思いきや、ヘビもワニもポリゴン丸出し。それはそれで味わいがあって楽しめるのですが、見どころはそこではありません。
英文トレーラー(↓)でも取り上げられていますが、主演が80年代ポップアイドル、デビーギブソンティファニーなのです。

このテの映画では、水着や半裸のねーちゃんがモンスターに襲われるシーンが売りになったりしますが、この映画は往年のアイドルが売りになってます。
いわゆるおっさんホイホイ?
巨大ヘビを育てる科学者がデビーギブソン、巨大ワニがいる公園の監視員がティファニーで、怪獣と同様に2人もキャットファイトを繰り広げたりします。
ここを見てる80年代アメリカンポップスアイドルに股間を熱くしたアナタ、見ないテはありません(後悔しても責任は持ちませんが)。

放送は3月6日(木)13時25分、みんな大好き「午後のロードショー」の枠です。
Yahooテレビ情報はこちら
みんなで録画予約して感想をツイートしよう!

ちなみに日本語トレーラーはこちら
海外版と違って主演2人の名前にフォーカスすることはせず、日米での扱いの違いを感じさせてくれます。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »