« イヤホンのプラグをボールペンのバネで補強してみた | トップページ | 素人ムービーの続編は視聴者数が半分になる »

2015年6月11日 (木)

実写では大変、CGでは比較的簡単「キャンドルライト」

セリフを使わずに見ている人をひきこむ動画を作ろうと試行錯誤しています。
「映像表現の教科書」という本を熟読中。ここにはセリフを使わないで映像を説明する技法が100とおり掲載されています。


◆影のないライティング
これは影を作らないように設定したライティングです。
前述の教科書では「TVライティング」と説明されています。
感情が見えにくくなるフラットなライティングです。

Tv_lighting01
▲クリックで拡大表示

この2人はたぶんTVショッピングの司会か何かをしています。
死んだ目で「でもお高いんでしょう?」なんてやりながら、心の中はサッパリ見えません。


◆キャンドルライト
これに対して情感たっぷり、つまりロマンチックなライティングの代表といえばキャンドルライトでしょう。
上とまったく同じ表情・構図・カメラ位置で照明を変えました。

Candle01a
▲クリックで拡大表示

人物の前に1灯、壁に2灯のキャンドルを配しています。
女性も怪物もずっと感情豊かに見えます。
「美女と野獣」的な恋人同士に見えたり、2人で悪いことをたくらんでるようにも見えます。
果たして2人の関係は?画面の手前には誰がいる?
さまざまな想像をかきたてられます。


◆どっちが難しい?
TVライティングを設定したときに「メリハリがあるものよりも大変だった」と書いたら、「実写でもそうです」とのコメントをいただきました。なるほど勉強になります。

このキャンドルライトの場合、CGは意外に簡単です。
ろうそくの位置に合わせて点光源を置いてるだけ。
さらに便利なことに「光が届く範囲」も数値で設定できるので、前のろうそくの光は壁まで届かないようにしているし(影が映らない)、壁のろうそくの光も人物までは届いてません。

ところが、実写でロウソクの光だけで撮影しようとすると、生きてるのがイヤになるぐらい大変でしょう。素人の私にも容易に想像がつきます。
ろうそくと自然光だけで「バリーリンドン」を撮りきったスタンリーキューブリックの偉業が語りつがれているのも、うなずける話です。

« イヤホンのプラグをボールペンのバネで補強してみた | トップページ | 素人ムービーの続編は視聴者数が半分になる »