« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

ブログを2ヶ月続けてわかったこと

◆3ヶ月は毎日アップすると決意したものの
5月2日に「まずは三ヶ月毎日書く。話はそれからだ」と決めてから2ヶ月が経ちました。
かろうじて毎日のアップは続いていますが、アクセス数は伸びず。
どうにも冴えない状態が続いています。


◆チリも積もれば山となるがそれはただのチリの山
5月と6月は毎日ブログをアップしました。
行き詰まることもなくそこそこの長さのものが書けました。
書くスピードは日に日に早くなりますが、内容も日に日に浅くなっています。
単なるチリの山を生産してるように思えて仕方ありません。

明日から7月。
少し方針を変えてみるべきか考え中。

Kbd

2015年6月29日 (月)

最大の問題はマッドマックスが実質的にアニメに負けたこと

先週このニュースを目にした方も多いでしょう。
満を持して公開された映画「海街diary」が、「ラブライブ! The School Idol Movie」という深夜アニメに惨敗したそうで。

「旬な女優を集めても...」宣伝に"金も時間もかけた"映画『海街diary』 『ラブライブ!』に惨敗で、映画人らも驚愕!?
今月13日より公開がスタートした、人気の劇場アニメーション『ラブライブ! The School Idol Movie』。公開2日の興行収入や、その後の動員など、公開中の映画でトップをひた走る本作は、映画人たちにも驚きを与えているようだ。

私も衝撃を受けた1人です。
正直なところ「海街diary」は私にとってはCランク(=テレビでやったら見る)映画でしかありません。
引っかかったのは以下の一文です。

公開2週目となる20~21日の結果では、20日公開の映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に興収トップは譲ったものの、観客動員数では1位を記録した。

マジか?!

Furyroad_2
▲壁紙サイトにリンクしてます

超Aランク(=必ず劇場で見る、いや、見なければいけない)映画のマッドマックスが深夜アニメに敗退?!
今回は3D/2D&字幕/吹替版の組み合わせでさまざまなバージョンがある。
したがってスクリーン数は何倍にもなっているはず。
それが公開2週目のアニメに観客動員数で負け?!
実質的には惨敗ということ?
関係者でもなんでもないのにとても悔しい!

明後日のファーストデイまでに午後ローで録画した「マッドマックス1~3」をしっかり見なおして、万全の体勢で劇場に行かなければ!
そんなにいきどおってるならファーストデイじゃなくて普通に正規料金払って見ろって?・・・うぐぐ。

今後公開される「アベンジャーズ」「ジュラシックワールド」「スターウォーズep7」などがアニメに負けないか心配でなりません。

2015年6月28日 (日)

1000台のペッパーからロビタを連想した人の数

このニュースを見てロビタを連想した人も多いと思います。

ヒト型ロボ「ペッパー」1分で完売 ソフトバンク 初回分
ソフトバンクは20日、自社開発したヒト型ロボット「ペッパー」について、同日午前10時から専用サイトで予約を受け付けたところ、初回販売分1千台が1分で完売したと発表した。(日経新聞 2015/6/20)

ロビタは手塚治虫の「火の鳥」に出てくるロボットです。
ピクシブ百科事典がうまくまとめてあったので引用します。

ロビタ とは【ピクシブ百科事典】
(前略)一体が無実の罪で死刑判決を受けた際「一人が死刑になれば全てのロビタが死ぬだろう」との言葉を残し、その言葉通り死刑判決を受けたロビタが死ぬと同時に地球上の全てのロビタが溶鉱炉に身を投げ集団自殺を行い、ただ一人月に居たロビタのみ自殺する手段が無かったため機能停止状態で生き残る事になる。

「学習成果をクラウドで共有」して成長した1000台のペッパーが集団自殺しないように願うばかりです。
この件を気にしている人が何人ぐらいいるか、「ペッパー ロビタ」で検索してみたら、3,520件のページがヒット(2015.6.28現在※)。
同じこと考える人はたくさんいるのね。

※「ロビタ」バッグの検索結果を除外しています。

Sb04

2015年6月27日 (土)

YouTubeイベント「インサイドヘッド」行ってきました

YouTubeスペース東京で開催されたイベントに参加してきました。
イベント名は「ディズニー/ピクサー最新作『インサイド・ヘッド』」!(参加に至ったいきさつ


◆ドレスコードがある?!
招待メールをあらためて見てビックリ。

Event01

ピート監督とは映画「インサイドヘッド」の監督です。
カリフォルニアから六本木までわざわざ来るので日本情緒を味わいたいのでしょうか?
どっちかっつーとピクサー本社の方が田舎だと思うんだが。

いずれにせよドレスコードのあるイベントなんて生涯初です。
さすが六本木ヒルズ。
どないすべ?

仕方がないのでショボい「NIPPON」Tシャツでお茶を濁しました。
うう・・・かっこ悪い。

Event02

◆会場入り
森タワーに入ると「ユーチューバーの方はこちらへどうぞ」の声が。
「ユーチューバー」という単語を肉声で耳にしたのははじめてです。
初体験のできごとが多すぎ。

スタジオに入ると巨大な看板が。
思わず自撮り。

Event03

さらに翻訳トランシーバーを渡されました。
一言も聞き逃すまいとすぐに耳に装着。

Event04

◆イベントスタート
盛大な拍手の中、ピート・ドクター監督とロニー・デル・カルメン共同監督が登場。
観客は100人ぐらい?
半分ぐらいの人は英語で話しているようです。
こんな人数でピクサーの監督に会えるなんてすごいことです。

Event05

イベントの内容がもう記事になってました。
これだけでもこのイベントの注目度がわかろうというものです。
私の下手なレポートよりこちらを引用。

「PIXAR流映画の創り方」の極意は「ウイスキー」??
本作プロモーションのため来日中のピート・ドクター監督と、ロニー・デル・カルメン共同監督によるプレゼンテーションが行なわれ、日本で活躍する人気のYouTuber達に「PIXAR流映画の創り方」を伝授。さらには本作の製作過程が垣間見られる特別展示も同時開催され、貴重な一夜となった。

最後は記念撮影。

Event06

このあと撮影した集合写真に私が写ってるかも知れません。
どこかにアップされてないかな?

映画関連の展示も充実してました。
記念にパチリ。

Event07

Event08

◆インサイドヘッドについて
肝心の映画について。
親子連れで見に行ったが最後、親は確実に泣くだろうな、と思えるものでした。
子供ではなく親の方が危険。
いずれにせよこれだけ関わってしまったので、公開されたら見に行こうと思います。

2015年6月26日 (金)

ツイッター3000日

本日はツイッターをはじめてちょうど3,000日目の記念日です。
おめでとう>自分

Twilog3000_2
twilog.org

◆堂々たるアーリーアダプター
スタートは2007年4月10日。
調べてみると、ツイッターの日本上陸(=日本版の登場)が2008年4月なので、1年も早くはじめてます。
だからこんなアカウントが取れてるのか。
今となっては新しがりオヤジっぷりが逆に恥ずかしいかも。

とはいえ堂々たるアーリーアダプターと呼んで差し支えないでしょう。
ツイート数は3,500(1日1件強)、フォロワー数300の弱小ユーザーのままですが、いつか情報強者になれる日を夢見て。


◆最初のツイートは?
ちなみにひとつ目のツイートがこちら。
・・・こんなことしか書けないからお前は情報弱者のままなのだ、と思わざるをえません。

自分の最初のつぶやきは週刊アスキーのこの記事で見つけられます。
お時間のある方はどうぞ。

2015年6月25日 (木)

インチキスーパースロー動画の作り方

CGアニメーションでスーパースロー動画を作るのは大変です。


◆再生スピードについて
1秒間のコマ数は、アニメの場合は24コマ。
単純に再生スピードを落とすと動きがカクカクになるので、スローの場合はコマ数を増やします。
再生スピードが50%や25%程度では「ちょっと遅いかな?」ぐらいにしか見えません。
10%でも「スーパー」な感じにはなりません。

再生速度を2%ぐらいにしないと、昨今の「スーパースロー」っぽい映像にはならないようです。
ということは1秒間に1200コマ。
手間が50倍かかるということです。
これは厳しい。


◆インチキスーパースロー
After Effectsを使って、静止画からスーパースローっぽい動画を作る「パペットワープ」なる技があることを発見。
まねて作ってみたら、あら簡単。
それっぽいのがすぐにできました。
これ↓は実写です。ポリゴンCGではありません。

ちなみに私はAfter Effectsを持っていません。
無料のNive2で代用しています。
今回使ったのは、あとデジカメとPhotoshop Elements。


◆作り方
まずはフィギュアを撮影。
Original


Photpshop Elementsで切り抜いて---
Full


手足と胴体をバラバラにします(実際には右手右足、左手左足も別々にするので、全部で5パーツになる)。
重なる部分を残しておくのがコツといえばコツ。
Right

Left

Body


バラバラのパーツをNiVE2に取り込んで合体。
ボディのパーツを手足の「親」に設定すると作業が楽です。
それっぽく見えるようにするには、手のパーツのアンカーポイント(回転の中心)を肩に、足のパーツのアンカーポイントを足のつけ根にします。

最後に別撮りした背景を入れて完成。


◆パペットワープとは?
今回の実験がすんなり行ったのは、ひとえにこのビデオのおかげです。
パペットワープ機能を使ってスーパースローっぽい動画を作る技が解説されています。

また、ElementsではないPhotoshopにも「パペットワープ」のメニューがあるらしいので、上位版をお使いの方はもっと簡単にできるかも。

2015年6月24日 (水)

iPhoneカメラでフォーカス送り

iPhoneはフォーカス送りができるようになっていたのですね、ぜんぜん知りませんでした。

「フォーカス送り」とは被写体の距離にあわせて、レンズの焦点距離を変えることです。
下の例がわかりやすいでしょうか。
私が試し撮りしたものです。
やり方は簡単で、ピントを合わせたい対象物を画面上でタップするだけ。
上はロボット、下は右側のビルを画面上でタップしています。
実際はロボットを支えるバーがありますが、Phothospで雑に消してあります(拡大されるともろバレ)。

▼ロボットにフォーカス(クリックで拡大表示)
Focusa

▼街にフォーカス(クリックで拡大表示)
Focusb

ちなみに引いて撮るとこんな感じ。
迫力ゼロ。虫っぽい。

Focusz

以下の記事を参考にさせていただきました。
いつか動画もやってみたいものです。

iOS 8の凄いところ「iPhoneでピン送りが可能に!」
http://ringojyuku.blogspot.com/2014/09/ios-8iphone.html

2015年6月23日 (火)

芥川賞6候補の作品の概要が妙に引っかかったのでメモ

芥川賞6候補の作者と作品を紹介するラジオを聴きました。
ピース又吉効果でこんなニュースも取り上げられるのでしょう。
聞き流すうちに、妙にひっかかる単語が多かったのでメモしてみました。
作者名・作品タイトル・掲載誌・概要・どこに引っかかったか、を書いています。

0eed965ad4fa3112de0bc149f1be96a4__2

◆内村薫風「ΜとΣ(しぐま)」(新潮3月号)
ブラック企業につとめる30代の男が主人公。
この物語は「1990年2月11日」という日付がキーになっている。その日は「ネルソン・マンデラが釈放された日」であり「マイクタイソンが東京ドームでKOされた日」であり「ドラクエ4の発売日」である。
→伊坂幸太郎っぽさにフック。


◆島本理生「夏の裁断」(文學界6月号)
祖父の本を自炊しながら過去を回想する話。
→突然の「自炊」という単語にフック。


◆高橋弘希「朝顔の日」(新潮6月号)
作者は教師~オルタナバンドを経て作家になってまだ2年。
昭和16年戦時中に青森で肺結核になった妻を見舞う夫の話。
→作者の経歴にフック。「インディーズでCDも出ている」とあったが、検索しても見つからず。バンド名も不明。


◆滝口悠生「ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス」(新潮5月号)
バイクに乗って東北を一人旅しながら青春時代を回想する話。
→タイトルにフック。


◆羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」(文學界3月号)
無職の青年が同居するお爺さんを介護する話。


◆又吉直樹「火花」(文學界2月号)
2015年上半期出版界の話題を独りじめ。


私には小説を読む能力がまったく欠如しているので、この機会にどれか読んでみようかと思っています。
番組の元音源はこちら↓の「ランキング」(6/26には消えます)。
http://www.tbs.co.jp/radio/dc/20150619.html

2015年6月22日 (月)

今日はなんの日-2015年6月22日

◆ジャミラの命日は1993年の・・・
ウルトラマン「故郷は地球」のラストシーンで、ジャミラの墓碑に「1993年」と刻まれているのは有名です。
正確な日付を調べてみましたが、劇中では明らかにされていないようです。


◆ボーマン船長が時空を超えたのは2001年の・・・
「2001年宇宙の旅」でボーマン船長が時空を超えた日を特定しようと検索。
英語力不足からなのか、これまた果たせず。


◆鉄腕アトムの誕生日は2003年4月7日
これはすぐにわかりました。
ネットニュースにもなっていた記憶があります。

そして本日---


◆2015年6月22日、使徒襲来

Tk02

あちこちでこれに関するツイートが飛び交ってますが、一番はこれでしょう。
記録の意味も兼ねて引用。
リツイート数がすごいことになってます。


今後の目ぼしいスケジュールはこんな感じ

2020年
ケムール人が挑戦開始

2112年
ドラえもん誕生

2199年10月9日
宇宙戦艦ヤマト発進

2015年6月21日 (日)

YouTubeサムネイルをツイッターに表示する方法

動画をツイートすると、そのままではサムネイル(プレビュー画像)は表示されません。
「画像/動画を表示する」のリンクが表示され、クリックされない限りサムネイルは表示されません。

20150621

強制的にサムネイルを表示させることはできないものか?
いろいろ試行錯誤した結果、以下の方法でできました。
とても泥臭い方法ですが、今のところ(2015.6.21現在)これがもっとも確実なやり方かも知れません。

この動画をサンプルに説明します。

https://www.youtube.com/watch?v=7NaeF1UgLKo


◆ステップ1:サムネイルのURLを取得
以下のURLで動画のサムネイルが表示できます。

http://img.youtube.com/vi/動画ID/0.jpg

「動画ID」とは、動画URLの「watch?v=」以降の部分です(「watch」のないURLもありますが、説明が煩雑なので省略)。
サンプル動画のURLは「https://www.youtube.com/watch?v=7NaeF1UgLKo」なので、動画IDは「7NaeF1UgLKo」、サムネイルのURLは「http://img.youtube.com/vi/7NaeF1UgLKo/0.jpg」になります。

このあとがとってもダサい。


◆ステップ2:サムネイルをダウンロード
上記サムネイルのURLから画像をダウンロードします。
コレ↓


◆ステップ3:画像を添付してツイート、動画URLは別途記載
こうなります。

20150621b
実際のページ

画像をクリックしても画像がフルサイズになるだけで、動画ページに飛ばないのが弱点といえば弱点です。
もっとスマートな方法を引き続き模索中。

2015年6月20日 (土)

犬も歩けばイベントにあたる

◆YouTube10周年記念企画に便乗
今年でYouTubeは10周年。
「あなたの #ベスト動画を #YouTubeハピバ のハッシュタグでツイートしよう☆」という企画に便乗して、以下をつぶやきました。

YouTubeが拡散してくれることを期待するスケベ根性丸出しなのは言うまでもありません。すると---


◆YouTubeクリエイターズジャパンよりメッセージ
ツイートしてから2週間後、YouTubeクリエイターズジャパンというアカウントからダイレクトメッセージが届きました。

(あいさつ略)ghid 様にぜひ、6月26日(金)YouTube Space Tokyoにて開催される ディズニー/ピクサー最新作『インサイド・ヘッド』にご参加いただけないかとおもい、ご連絡をしております。

マジ?
「インサイドヘッド」って今年のピクサーのいち押しアニメだよね?
CGムービーを投稿したから招待してくれたってこと?
試写会をYouTubeのスタジオでやるの?
疑問は尽きません。

Insideout

6月26日に開催されるイベントを調べてビックリ。

一夜限りの超豪華イベント、ディズニー/ピクサー最新作『インサイド・ヘッド』のピート・ドクター監督来日イベント
6月26日(金)YouTube Space Tokyoにてディズニー/ピクサー最新作『インサイド・ヘッド』のピート・ドクター監督と、スペシャルな時間を過ごしませんか?

監督が来日?
製作過程の展示?
監督自身のプレゼンテーション?
オレなんかが参加してもいいの?
お前のムービーも見せろとか言われないよね?


◆ほぼ誰でも参加できます
などと焦ったのもつかの間、どうやらほぼ誰でも参加できることを知ってホッとしています。「ほぼ」というのは、YouTubeのアカウントが健全でパートナーであることが条件です。
喜んで参加すると返信しました。

上記リンク先から申込フォームへ飛べます。
興味ある方はいかがでしょう?
私はイベントも楽しみですが、YouTubeのスタジオを見学できるのもとても楽しみです。

2015年6月19日 (金)

「日本のネットは残念」と感じてしまうとき

数年前、梅田望夫が「日本のネットは残念」と発言してちょっとした騒ぎになりました。
私は梅田さんが想定している「かしこい方」のユーザーではないので、さほど不自由はしてません。
映画とかアニメとか、サブカル方面には日本のネットは強いですからね。
そんな私でもときどき残念に感じてしまうことはあります。


◆レンブラントライティング
レンブラントライティングとは、意識的に明暗のコントラストを作りだす照明法のことです。こんな感じ。

Rembrandt_lighting

具体的には「顔の正面45度からスポット」「やや上方から」「反対の頬に三角形のハイライトをつくる」「暗い方から撮るとショートレンブラント(↑)、明るい方から撮るとブロードレンブラント」などなどのルールがあります。
これらはすべて日本語のサイトで学びました。
ここまではぜんぜん残念ではありません。


◆動画の場合は?
静止画ならば問題ありません。
でも動画の場合は?
被写体が大きく動くときは使ってもいいの?
などなど疑問がわいたので、YouTube検索したところ、その結果にビックリ。

「レンブラント+ライティング」の検索結果→ 0件

Rembrandt Lightingの検索結果→ 4,880件

0 対 4,880 ・・・
もちろん4,880件の中には関係ない動画もたくさん混じっているでしょう。
しかし、少なくともトップヒットはしっかりノウハウを解説したものばかり。
外人が喜々として英語で解説しています。
聞き取れねーっての。

探し方が悪いのかと思って「レンブラントライト」「レンブラント照明」などいろいろ試しましたが、良い結果は得られませんでした。用語がマニアックすぎる?いや、外人にとってもそれほど耳なれた言葉ではないでしょう。

こんなとき「やっぱり日本のネットは残念なのかなぁ(詠嘆)」と感じてしまうのでした。

2015年6月18日 (木)

立ったまま作った曲だけが拡散する

立ったまま得意なことをやると、よりよい結果が得られるかもしれません。


◆立って書け!立って編集しろ!
「いますぐ書け、の文章法」という本の中に「立って書け!踊って書け!」とあります。「映画の瞬き」という本の中に「立って編集しろ!踊って編集しろ!」とあります。
それぞれ「文章を書く」と「映画を編集する」という別ジャンルの本です。
どちらも「作品に熱をそそぎこめ」ということなのでしょう。


◆立ったまま曲づくり
今はアニメーションづくりにハマっていますが、以前は曲づくりをしておりました。
乗ってくると、立ち上がってギターを弾きながら作ったものです。
台所の流し台がちょうどいい高さなので、譜面を置いたりしました。

お遊びおやじバンド用の曲を作っていたときのこと。
諸事情により、誰でも歌えるメロディを最初はつけました。
あまりにも地味だったので3度上のコーラスパートをつけてみて「・・・アレ?」
奥田民生風でとてもいいメロディになりました。
歌っていくうちにどんどんノってきて、いつしか立ち上がってギターを弾きながらラフ録音。
もちろん流し台の上には譜面。
サビまで一気に完成したことを覚えています。

1f803f325820cbb9defebb0fe658dead_m

◆世間にちょっとだけ拡散
結局この曲はおやじバンドでは使わず、そのころ別に頼まれていた会社の「社歌」になりました。

(以下自慢話なので読みたくない方は飛ばしてください)この曲は地上波テレビでふかわりょうに紹介されたり、Yahooトピックスでピックアップされたり、日経BPに取材を受けたり、着うたに採用されたり、TBSあらびき団出演のきっかけにもなりました。
私が関わったものの中ではもっとも成功した曲です。

とはいえ評価されたのは「ボーカルのクオリティ」と「社歌をロックにしてYouTubeにアップする戦略」かも知れません。それは気づかないフリ。

ということで自分内ナンバー1ヒット「歌う不動産鑑定士」です。
聞きあきた方以外どうぞ。

◆立ったまま◯◯する
あのとき座ったまま作っていたら、この曲は世間にまったく届かなかったかもしれません。
このブログも立ったまま書いたらもっと多くの人に見てもらえるかも?
作ってるアニメももっと見てもらえるかも?
妄想は尽きません。

果たして「立ったまま作ったものは世間に届きやすい」説は正しいのか?
もっと確かなものにしたいのですが、残念なのはサンプルがほとんどないこと。

2015年6月17日 (水)

ゲームオブスローンズ第4章レンタル解禁!えらいこっちゃ!

私が唯一チェックしている海外連続ドラマ「ゲームオブスローンズ」の第4章が、本日からレンタル解禁です。
店頭で見つけた瞬間に手が勝手に1巻と2巻を借りてしまいました。
全5巻だから10時間か・・・。

Got4

◆復習すべき?
問題は第3章を見たのが昨年の9月。
正直、どんなシーンで終わったか覚えてません。
しかし3章までを全部見直すと30時間。
それは無理。

とりあえず第3章の最終2話を見ておくことにしました。
・・・ああ、この回か!


◆IMDb9.7点!
ImdbこちらはIMDb(インターネットムービーデータベース)のスマホ画面スクリーンショットです。
私が見なおした第3章第9話は「10点満点中9.7点」です!

単発の映画と単純に比較はできませんが、IMDbの点数の目安は「8点で名画と呼べるレベル」です。
9.7点はとんでもない数字なのです。

ちなみに昨年ダントツ評価の「ガーディアンズオブギャラクシー」は8.1点、長年不動の1位「ショーシャンクの空に」は9.3点。

確かにこの回にとんでもないことが起こります。
見た人なら納得できるはず。
誰かと「すごいよね」とか語りたいけど、残念ながらこれ見てる人に会ったことない。


◆とりためたTV映画をどうするか
第4章の10時間の旅が始まると、他のものは何も見ることができません。
何しろ登場人物が数百人はいるので、自分で作っている人物相関図を見つつ修正しつつの鑑賞です。
けっこうな集中力が必要になります。

なので、ここのところとりためたテレビ映画、「マッドマックス1~3」「タイタンの逆襲」「ウォーターホース(ネッシーもの)」「エイリアン2013(主演はランス・ヘンリクセン!=ビショップ)」「ビッグバグズパニック!(巨大昆虫モノ)」「監獄島(主演はスティーブオースティン!)」「呪怨(実はシリーズ初見)」なんかをどうするか悩んでいるところです。

・・・って知能指数低そうなラインナップだ。

2015年6月16日 (火)

立ったまま編集しろ!踊りながら編集しろ!

◆立ったまま書け!
文章の書き方の本で「立ったまま書け!踊りながら書け!」という文を読んで思い出しました。
映画編集について書かれた「映画の瞬き」という本にもまったく同じようなことが書いてあったことを。
原文をもう1度確認したくなって、図書館で借りてきました。

Blink


はからずも「座る」という言葉を使ったが、実は私は立って作業をする。
テーブル型のKEMの場合には、私の身長にちょうど合うように、床から15インチに高さを上げて据える。

(中略)

編集は外科手術のような作業だ。しかし椅子に座って執刀する医師を見たことはない。
編集を料理にたとえることもできるが、コンロの前に座って料理するコックもいないだろう。
いろいろなたとえがある中で、個人的に編集作業にもっとも近いと思えるのはダンスだ。
映画の完成作品はある意味ダンスの結晶体である。
でも、椅子に座ったまま踊り続けるダンサーもやっぱり見かけないでしょう?
(「映画の瞬き」p60~62より)

オレの記憶力もまだまだ大丈夫そう。


◆本のタイトルについて
ところでこの本のタイトルは「IN THE BLINK OF AN EYE」、直訳すると「まばたきする間」なんですね。
「編集」という単語は出てこないのか・・・

このタイトルから、かねがねアニメーションづくりで不思議に思っていたことがちょっとわかった気がします。
説明が難しそうだけど、いつか書けたらいいなぁ。

2015年6月15日 (月)

立ったまま書け!踊りながら書け!

ブログを毎日アップするようになってから ドロナワ的に文章作法的なものを読んでいるダサい私。
いま読んでるのはこれ。
堀井憲一郎の「いますぐ書け、の文章法」。
「ホリイのずんずん調査」の人です。

201506151603

◆読む人の立場で書け
書いてあることはただひとつ「読む人の立場で書け」。
簡単そうに思えますが、これがなかなか難しい。
「漢字を減らせ」とか「すぐ改行しろ」なんていう基本的なことから、「読者を喜ばせるために自分の主張を曲げろ」とまであります。
そうか、これがプロということか。

他にも「冒頭の一人称は削れ」「文末に『思う』はできるだけ使わず、断定しろ」とか「『が、』と書きたくなったらマルにしよう」など、実践的なことがズラリ。
「疑問形のタイトルは不可」「タイトルに結論を入れろ」など、タイトルのつけ方も参考になります。
例)「エレベーターとエスカレーターどっちが早い?」→「9階まではエスカレーターを使え」


◆だんだん暴走していく
ホリイ先生、後半になるとどんどん乗ってきて、(たぶんわざと)軽く暴走していきます。
章のタイトルだけ引用すると「事前に考えたことしか書かれていな文章は失敗である」→「文章を書くのは頭ではなく肉体の作業だ」→「踊りながら書け」

・・・これどこかで読んだことある。


◆立ったまま編集しろ
「映画の瞬き」は映画編集について書かれた名著です。
著者はウォルターマーチ。
「地獄の黙示録」や「ゴッドファーザーPART3」などのコッポラ作品を中心に、多数の名画を編集してきた人です。
本書で「編集は立ったままやる、できるならば踊りながらやる、その方がイイものになる」と書いていたはず。
手元に本がないので引用は正確ではありませんが。

一流の物書きと一流の編集マンの主張が偶然まったく同じ。
どちらも言いたいことはひとつ。
ノリノリで仕事しろ。
あとから「これは本当に自分が作ったのか?」と思えるものを作れ。
ということでしょう。

・・・そういえば曲を作っていたころは、乗ってくると立ってギター弾きながら作ってたことを思い出した。長くなるのでこれは別の機会に。

2015年6月14日 (日)

GIFアニメへマニアックなコメントをするガイジンたち

海外サイトに投稿したGIFアニメにいくつかコメントをもらいました。
なんだかマニアックな意見多し。
おもしろいので紹介いたします。

◆コメント1
壁への光の当たり方が大げさすぎ。

Seems to be affecting the back wall WAY too much.

◆コメント2
彼女の鼻の横の影がおかしいし、頭の上も暗すぎ。

This is off. the shadow by her nose shouldn't be there based on the front candles position. also there is to much shadow on her head.

◆コメント3
歯が光ってるからロウソクいらなくね?

Why light candles when your teeth emit light?

◆コメント4
すごくイイと思う、もしこれがCCだとしたらだが。

this is pretty damn good imo if this is OC
※CCが何を意味するのか不明、ご存知の方いたら教えてください

◆コメント5
オークは下牙のせいで変に見える。なくても変だけど。

It's uncanny. Orc-things look strange with underbite-tusks, but they look even stranger without them.

◆コメント6
ガールフレンドのオッパイから手を離した瞬間に、彼女の両親が部屋に入ってきたもんさ、MRW。

MRW My girlfriends parents walk in to the room just as I took my hand off her breasts.
※MRW=マインドリカバリーワーク、つまり「トラウマ克服」的な意味であるという解説もあったけど果たして?

やさしさにあふれたYouTubeとは違って厳しいコメントが並んでいます。
でも謎の用語や俗語が飛び交ってなかなか興味深いものがある。
にしてもコメント6はどういう意味?

Ss20150614

2015年6月13日 (土)

静止画を組みあわせてできた簡単アニメーション

映画技法の本を読んでから、「照明で映像を語る」ことにカブれている軽薄な私。
いろいろな照明をためしたところ、やはりロウソクの灯りは雄弁でした。

Candle01a

美女と野獣?
女主人と忠実な下僕?
怪物に変身した夫?父?
この1枚からいろいろなドラマを想像することができます。


◆動画にしてみました
GIFループなので色は落ちてしまいますが、なかなかイイ感じ。

アニメーションとうたいつつ、ほぼ静止画で構成した手抜きアニメです。


◆作り方をメモ
1)背景、怪物、美女、ロウソクの4枚のセルを用意する。
横に動かすため「16:9」よりも横長にする。いわゆる大判作画。

▼背景セル
Wall_a

▼Aセル(怪物)
Orc_a

▼Bセル(美女)
A3a

▼Cセル(ロウソク)
Candle_a

2)ロウソクの灯をループで作成(8枚ループ)。
作成ツールはParticle Illusion SE。

Fire_2

3)背景+A+B+C+D(灯)を合体。
ツールはNiVE2。
奥のセルほどゆっくり動かす。
人物以外はピントを甘く。
各セルのコントラストと明度をランダムに変化させる。
NiVE2のエフェクト「レンズフレア」で炎の光を追加して8秒の動画が完成。

4)カットのつなぎ用に1秒のまばたき動画を作成。
こちらも実はわずか4コマのアニメーションで、前後あわせて20コマ分は静止画。

Blink

以上「ほぼ静止画でもここまでできる」動画でした。

2015年6月12日 (金)

素人ムービーの続編は視聴者数が半分になる

マッドマックス30年ぶりの新作が話題です。
まだ情報が少ないころは「マッドマックス4」と呼ばれてましたが、正式には「マッドマックス 怒りのデス・ロード」、原題も「Mad Max: Fury Road」のようです。
そりゃ「マッドマックス4」だとハードル上がっちゃいますからね。


◆コミックの場合
唐沢なをきの「まんが家総進撃」によると、超大ヒット作や固定ファンが強い作品以外は「続巻の部数は2割減」が相場だそうです。
1巻が10,000部だと2巻は8,000部、3巻は6,400部・・・。
作品のタイトルを変えてリセットすることもよくあるとか。


◆素人ムービーの場合
で、素人ムービーの場合ですが、ここにサンプルがあります。
僭越ながら私の3部作ムービー「使徒襲来パート1-2-3」

Ma123_2

再生数が4万回→2万回→1万回・・・
って2割減どころのさわぎではありません。
落ちすぎ。

タイトルを「誕生編」とか「激闘編」にしておけばよかったかも。
つづきものの物語を企画している方の参考になれば何よりです。

Ma123j
▲プレイリストにリンクしています。パート1から3まで続けて見たい奇特な方はどうぞ。10分もありません・・・って長いか。

2015年6月11日 (木)

実写では大変、CGでは比較的簡単「キャンドルライト」

セリフを使わずに見ている人をひきこむ動画を作ろうと試行錯誤しています。
「映像表現の教科書」という本を熟読中。ここにはセリフを使わないで映像を説明する技法が100とおり掲載されています。


◆影のないライティング
これは影を作らないように設定したライティングです。
前述の教科書では「TVライティング」と説明されています。
感情が見えにくくなるフラットなライティングです。

Tv_lighting01
▲クリックで拡大表示

この2人はたぶんTVショッピングの司会か何かをしています。
死んだ目で「でもお高いんでしょう?」なんてやりながら、心の中はサッパリ見えません。


◆キャンドルライト
これに対して情感たっぷり、つまりロマンチックなライティングの代表といえばキャンドルライトでしょう。
上とまったく同じ表情・構図・カメラ位置で照明を変えました。

Candle01a
▲クリックで拡大表示

人物の前に1灯、壁に2灯のキャンドルを配しています。
女性も怪物もずっと感情豊かに見えます。
「美女と野獣」的な恋人同士に見えたり、2人で悪いことをたくらんでるようにも見えます。
果たして2人の関係は?画面の手前には誰がいる?
さまざまな想像をかきたてられます。


◆どっちが難しい?
TVライティングを設定したときに「メリハリがあるものよりも大変だった」と書いたら、「実写でもそうです」とのコメントをいただきました。なるほど勉強になります。

このキャンドルライトの場合、CGは意外に簡単です。
ろうそくの位置に合わせて点光源を置いてるだけ。
さらに便利なことに「光が届く範囲」も数値で設定できるので、前のろうそくの光は壁まで届かないようにしているし(影が映らない)、壁のろうそくの光も人物までは届いてません。

ところが、実写でロウソクの光だけで撮影しようとすると、生きてるのがイヤになるぐらい大変でしょう。素人の私にも容易に想像がつきます。
ろうそくと自然光だけで「バリーリンドン」を撮りきったスタンリーキューブリックの偉業が語りつがれているのも、うなずける話です。

2015年6月10日 (水)

イヤホンのプラグをボールペンのバネで補強してみた

薄着の季節になるとスマホはズボンに入れがち。
するとイヤホンがけっこう断線します。
ウォーキングをするようになってからイヤホンをいくつもダメにしてきました。
最近はもっぱら100円イヤホンばかり使っています。
だいたい1ヶ月に1個のペースでダメになります。

以前見た「スマホケーブルをボールペンのバネで補強」という記事を思い出して、マネしてみました。

Earphonespring

もうちょい根元まで巻こうとしたけど、プラグの構造的にちょっと無理でした。
でも断線するのはいつもケーブルとプラグのつなぎ目なので、これでよしとします。

本日6月10日から使用スタート。
1ヶ月以上保つかどうか楽しみ。

2015年6月 9日 (火)

わざとフラットにする照明テクニック「TVライティング」

セリフを使わずに見ている人をひきこむ動画を作ろうと試行錯誤しています。
「映像表現の教科書」という本を熟読中。ここにはセリフを使わないで映像を説明する技法が100とおり掲載されています。


◆TVライティングとは
照明のあて方で人物の性格をあらわすことができます。
物語性をきわだたせることができます。
逆に物語性を排除することもできます。
それがTVライティング。

TVライティング
テレビで使われる照明法。
特にシチュエーションコメディで昔から利用されている照明は、明るく、浅く、影のないものだ。[映像表現の教科書p214]

シチュエーションコメディって、画面外から笑い声が入るアメリカのホームドラマですよね?「ルーシーショー」とか「奥様は魔女」とか・・・たとえが古すぎるか。

マニュアルどおり、明るく影のない照明を設定しました。
壁紙もいい感じに安っぽいものが見つかりました。
シチュエーションコメディというよりはテレビショッピングといった仕上りです。
お姉さんが紹介する商品を見て、タレントのモヒカン野郎がおおげさにリアクションしています。
心の中で「でもお高いんでしょう?」などとつぶやきながらご覧ください。

Tv_lighting01
▲クリックで拡大表示


◆レンブラントライティングと比べてみる
ここで逆にもっとも物語性を感じさせる「レンブラントライティング」と比較してみます。
表情はそれほど大きくは変えておりません。
モヒカン野郎の人格が180度違うように見えます。
照明の威力ってすごい。

Rembrandt_lighting_2
▲クリックで拡大表示

面白いのは一見簡単そうなTVライティングの方が、設定に時間がかかったこと。3DCGソフトがメリハリのあるライティングを前提に設計されてるということかも知れません。


実はネットで「TVライティング(TV-lighting)」を検索してもここに書かれているようなことがヒットしません。「映画表現の教科書」の筆者は「映像をセリフで説明するのは最低」と言いきるほどの堅物ですから、きっとテレビのこともバカにしていると思います。その辺は差し引いて理解した方がいいのかも。

2015年6月 8日 (月)

関東も梅雨入りなので昨日のピーカン写真を貼っておく

ここは木場公園大橋。
地面にはいつくばってローアングルで撮影。
遠くにスカイツリーを入れたつもりが照明にかぶってしまった。
おしい。

Kibapark

2015年6月 7日 (日)

撮影に役立つ!ドラマ性を高めるプロ並みの照明術

セリフを使わなくても見てもらえる動画を作ろうと試行錯誤しています。

◆照明で映像を語る
「映像表現の教科書」という本を熟読中。
ここにはセリフを使わないで映像を説明する技法が100とおり掲載されています。中でも照明は強力な技のひとつで、その中に「レンブラントライティング」なるものがありました。
何やら格調高い名前ですが---

レンブラント・ライティングとは、意識的に明暗のコントラストを作りだす照明法を指す。(中略)
この技法によってドラマ性を高めることや、人生の本質を深くつくことができると言われている。
大抵の場合、善と悪、生と死といった本質的で哲学的な問題提起を描く重要なシーンだけに使われる。
[映像表現の教科書p212]


◆有名なあのシーン
善と悪?生と死?本質的で哲学的な問題提起?
何やら難しい説明ですが、そこに掲載されている使用例を見たらなんとなくわかりました。「地獄の黙示録」でのカーツ大佐登場シーンです。

↓これこれ、覚えてる方も多いでしょう。
Google画像検索「Apocalypse Now kurtz」

主役やラスボスなど重要人物の登場シーンに使う、と覚えればさほど間違いなさそうです。
下は現在私が作っているムービーでキャラクター設定をしているラスボス(仮)です。カーツ大佐のように暗闇からゆっくりと顔を出したら、大物感抜群。このシーンを撮ることを考えると今からワクワクしてきました。

Rembrandt_lighting_2
▲クリックで拡大表示

ちなみに主人公は光あふれるシーンで登場するので、これもいい対比かも。
ワクワク。

Deadforest102mp4_20150606_232539078
▲クリックで拡大表示

レンブラントライトの具体的なノウハウは、こちら↓のページで学びました。「入射角は45度」「反対側の頬にも光が当たるように」「ブロードレンブラントとショートレンブラント」などなど、とても参考になりました。
ありがとうございます。

玉ちゃんのライティング話
第12回 レンブラントライティングで撮るポートレイト

2015年6月 6日 (土)

不条理劇っぽい「50イングリッシュ」

英語が使えるようになりたい。
英語が自在になれば海外のサイトも恐くありません。
私がハマっている3DCGムービーの情報などは、海外サイトが圧倒的に充実しています。
情報交換もさかんに行われています、外人同士で。
オレもその輪の中に入れてくれ~。

9dedea8793b10f2d37b45eb8c956893d_s

◆優先順位は「読む→書く→聴く→話す」
英語を使う頻度は学生時代よりもずっとあがっています。
調べもの、掲示板でのやり取り、動画の閲覧エトセトラ、エトセトラ。
優先順位をもう少し丁寧に書くと---

読む>>>書く>聴く>>>>話す

って感じ。
なので世の中の「これでバッチリ英会話」とか「TOEIC900点」的な本はあまり必要ありません。
「聞き流してたら英語がペラペラ」なんてのも信じられません。
長年英語の曲に親しんできたけど、全然聴き取れるようになっておりません。
いつまでたっても「♪アホな放尿犯~」レベルなのが悲しい。


◆50イングリッシュ
書店で見つけた「50イングリッシュ」。
アオリに「とにかくこの50例文を死ぬ気で覚えろ!」とあります。
そうそう、こういうのが好みなんですよね。
50例文覚えて気がついたらあら不思議、ってやつでしょ?
さっそくトライ。

主人公はジョン。
好青年のテニスプレーヤー。
5つのシーンで10個ずつのできごとが例文になっています。
で、合計50個。
簡単なストーリー仕立てになっているので、比較的覚えやすい。
ただこのストーリーがちょっと・・・


◆好青年?
たとえば例文の41番。
ジョンには放送局に勤めるポールという友人がいます。
好青年のジョンはポールのいないところで彼のうわさ話をします。

It's obvious he failed the exam twice before he became a broadcaster.
あいつ、放送局に入る前に試験に2回落ちたんだぜ、確か。

・・・どこが好青年やねん!

別の場面、例文36番。
暑い夏の日、ジョンは自販機でジュースを買おうとしています。
子供が見ています。
顔見知りの子供なのですが、おごる気配もありません。
ところがコインを入れてもジュースが出てきません。
ジョンは叫びます。

I hate this. This kind of thing makes me really angry.
げげ!マジにムカつく!

・・・大人げないよ、ジョン君。
子供も見てるのに。


◆さらに不条理に
そこに自販機の管理人がやってきます。
例文37番。
この例文はどう訳しても納得できません。

We are very sorry for all the trouble we've caused you, but that's the way it is around here. Take it or leave it.
ご迷惑をおかけしました。でもこれがここのルールです。受け入れるか、立ち去るかはあなたの自由です。

なんなのこれ?
そんなにこの世界では機械が信用できないの?
なんだか「ツインピークス」の1シーンを見ている気分になってくるのです。


・・・こんなことばっかり気にしてるから英語がぜんぜん上達しないんだよね、わかってはいるんですが。

2015年6月 5日 (金)

原子力研究所員の恐怖

「映画をセリフで説明してはいけない」という本を読んだときに、伊丹十三のエッセイを思い出しました。
「あっ!あれは原子力発電所を襲った大怪獣ゲボラだ!」なんて脚本は最低だ、といった内容です。
昔読んだものですが印象に残っており、ブログにも引用しました。
曖昧なままなので多少気が引けました。
この話なんて本に載ってたんだっけ?

B6f59a9fcce6a80a1b6e3d8dca739187_s

◆ネットで探してみる
ネットで「伊丹十三 エッセイ 脚本論」などでさがしても見つかりません。
監督としてブレイクする前に書いたものなので、情報量が少ない。
「女たちよ!」か「再び女たちよ!」のどちらかに収録されてたと思うんだが---


◆大型書店へ
家の本棚には「女たちよ!」も「再び女たちよ!」も見当たらず。
実家のどこかで眠っているのでしょう。
近所の書店にはさすがになかったので、日本橋の丸善へ。

さすがに名エッセイのほまれ高い両書、どちらもありました。
ところが目次にそれらしきものが見当たりません。
人間の頭というのは不思議なもので、書店で立っている間に脳内で答が見つかりました。
これ「女たちよ」よりも古い「ヨーロッパ退屈日記」だ。


◆図書館へ
残念ながら「ヨーロッパ退屈日記」は書店で見つからず。
こうなったら意地です、図書館まで行きました。
見つけたときは嬉しかった。
せっかくなので本書56ページから引用します。

原子力研究所員の恐怖
たとえば原子怪獣ラドン、のような奴が突如出現する。逃げ惑う群衆。その中に原子力研究所の所員がいる。彼のクローズアップになると、彼は恐怖に顔を引きつらせ、わななく指で怪物の方を指し示しながら叫ぶ。
「あっ!あれは、うちの所長を殺したラドンだ!」
(伊丹十三「ヨーロッパ退屈日記」より)

あぁスッキリした。

2015年6月 4日 (木)

詐欺にかかりやすいのはこんな人?

あと1枚でロンギヌスの槍に応募できる。

0527a

パッケージのデザインに惹かれて売り場で手にとってしまったのが運のつき。
普段飲まない野菜ジュースを何本も買いこむハメに。

0527b

・・・期限つきTポイントをもらって嬉々としてYahooショッピングをさまよったり、アニメのプレミアムキャンペーンに簡単に引っかかってしまうわたくし。
先ほどの年金機構からのデータ漏れに関するお詫びの電話は信用しても大丈夫だよね?

2015年6月 3日 (水)

セリフを使わずに映画を作る100の方法

「映画表現の教科書 ─名シーンに学ぶ決定的テクニック100」という本を見つけて狂喜しました。
本書の冒頭にこうあります。

映画では事物を伝える方法は数知れずあるけれど、その中でセリフは最下位に位置すると考えていいだろう。


◆セリフ説明は最下位!
確かに「説明ゼリフを使ってはいけない」とはよく耳にしますが、ここまで断言したものは初めてです。
さまざまな想いが頭をよぎります。

ずっと昔に読んだ伊丹十三のエッセイ。
なんでもセリフで説明しようとするのは最低の脚本である。
「あ、あれは原子力研究所をおそった古代怪獣ギョトスだ!とうとう東京にやってきたのか!(手元に本がないので引用は曖昧)」

たとえば「バックトゥザフューチャー」の冒頭シーンがこんなだったら?
ドク「やあマーティン、手に持っているのはギターかね?今日はどこで演奏するんだ?あんまりデカい音は勘弁してくれよ。今度実験を手伝ってくれ」
マーティン「今度は何を発明したの?ドク」

2011年のアカデミー賞映画「アーティスト」。
映画にセリフを導入することを、無声映画のスターである主人公は拒否します。
「私は芸術を作ってるんだ!(手元に映像がないので引用は曖昧)」

「セリフは最下位」を示す例は枚挙にいとまがありません。

Screen

◆セリフ以外で説明する
構図・レンズの選び方・カメラの動かし方・編集・音響など、あらゆる手を使って観客の心を手玉に取る。
そんなやり方をこの本は100とおり教えてくれるのです。
「神本」と呼んでさしつかえありません、少なくとも私にとって。
なぜなら---


◆私の動画の視聴者の95%は外人
だから日本語で動画を作っても5%の人にしか理解してもらえません。
英語圏(アメリカ、イギリス、カナダ)も全体の30%なので、ない知恵をしぼって英語で動画を作ったとしても3割の人にしか届きません。

なので、どうしても字幕やセリフなしで動画を作らなければならないのです。
この本で技術がマスターできたらいいなぁ。
ワザの数々をブログで紹介できたらいいなぁ。

↓私の動画チャンネル
CG Animations by ghidghid

2015年6月 2日 (火)

1ヶ月毎日ブログをアップしてアクセスがもっとも多かったのは---

5月1日から31日まで、実験的にブログを毎日アップしてみました。
結果、30倍の労力に対してアクセス数は2~3倍にアップ!
なんというエネルギー効率の悪さ!(笑)

0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s

などとなげいてる場合ではありません。
実験の成果を軽く分析してみました。


◆旧コンテンツまだまだ強し
5月以前は月イチ更新とはいえ、何年も続けてるブログなのでコンテンツ数はそこそこ。
中にはプチ炎上(?)したものもあり、少々のアクセスをかせいでました。
やっぱり強いのがITノウハウ系。

iPhoneで返信メールに写真を添付する方法(2011.12.07)
Windows7のiTunesがiPadとiPhoneを認識しない?→解決(2010.08.07)

ひところ力を入れていたYouTube音楽著作権詐欺被害レポート。
もっとも最近は沈静化してきたので、アクセス数も落ちつき気味。

音楽みかじめ料詐欺集団リストを検証(2012.03.17)
YouTubeに巣食う著作権詐欺団体が2013年になって活性化?(2013.01.27)

プチ炎上系(笑)。

「僕はビートルズ」に失笑(2011.06.08)

意外なところで、ブルースブラザース2000をけなしてるエントリも突然ランクイン。
BBキングがらみで検索した人が多いのでしょう。
どんなきっかけで検索されるのかは本当にわからないものです。

ルイジアナゲイターボーイズだけが救いの「ブルースブラザース2000」(2010.09.28)

いずれも旧コンテンツばかりです。


◆期待の新ジャンルは?
この1ヶ月間、思いのままブログを更新してきました。
好きな映画・アニメのこと、映像表現のこと、イベントのご報告などなど。
結局新しいエントリでもっともアクセスをかせいでくれたのは---

ベース弾きならすごさがわかる?「Show by Rock!!」エンディング曲(2015.05.09)

・・・4月から放映されてる子供むけアニメに関するネタでした。
力を込めて書いた映画ノウハウやビデオ紹介よりもずっと上。
やっぱりブログタイトルにアニメ名が入ってたから強かったんだろうか?
なんだか脱力。

この結果にしたがえば、ここは「放映中のアニメの感想を、映像表現で語るブログ」に方針転換すれば、記事は書けそうだしアクセスも伸びそうです。
もっともうっすーいオタク知識で放映中の最新アニメなんて語ると、すぐに炎上して閉鎖に追い込まれそうだが(笑)。

2015年6月 1日 (月)

ブログを1ヶ月続けてわかったこと

5月2日に「まずは三ヶ月毎日書く。話はそれからだ」と決めてから1ヶ月が経ちました。
道半ばですが、いくつかわかったことがあります。
途中経過も兼ねてメモ書き。

Kbd

◆チリも積もれば山となるが・・・

5月は1日から31日まで毎日ブログをアップしました。
行き詰まることもなく、31日間そこそこの長さのものが書けたと思います。
文章を書くスピードは日を追って早くなりました。
テーマを決めずに思いのまま書いたのもよかったのかも知れません。

しかし、アクセスはほとんど伸びず。
4月以前はほぼ月イチ更新だったので文章量は約30倍、なのにアクセスは2~3倍がいいところ。
内容がショボいからなのか、テーマがバラバラだからなのか、労力が報われてない感じです。

チリが積もって山にはなりますが、それは単なるチリの山(笑)。
誰も見にきてくれません。
これではいかん。
1ヶ月目の機会に少々テコ入れしなければ。


◆テーマをしぼってみる(少しだけ)

本来は動画公開用のブログですが、毎日動画をアップできるはずもありません。
とはいえ、多少は映像関係に絞ろうと思います。
5月に書いたもので自分でも納得したのはこの3本。

やっとわかった「モンタージュ」
「めまいショット」をつくる
インチキ「めまいショット」をつくる

この傾向のものの本数を増やすようつとめます。
やや手間がかかるので、すぐに映画ネタに逃げるかもだけど。


◆タイトルを工夫する

今さらですが、ブログアクセスアップの基本中の基本ワザもためします。
たとえば前述の「めまいショットをつくる」ならば・・・

→あなたの動画で観客の不安をつのらせるたった1つの方法

なんて感じ?
無理があるかも(笑)。
もう少し研究の余地アリ。

とにかく6月はこの2点を意識しながらブログアップしていくことにいたします。
くじけたら笑ってやってください。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »